翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

◆中国人に比べてなにかと忖度しすぎの日本人?

少し前まで、日大アメフト選手の悪質タックル問題と、財務省の森友学園文書改ざん問題が、連日報道されていましたよね。

それを見ていて、僕は思うんですよ。私は中国でのビジネス経験が長いのですが、日本と比べると「忖度」の文化はほとんど感じることがありません。日本は「忖度」文化がありますが、これにはプラス面もマイナス面もあると思います。忖度は他人の気持ちをおしはかることを意味し、場の空気を読み、物事が円滑に進むようにするメリットがあります。一方で、具体的な指示やゴールが不明瞭になり、疲弊することになります。また組織内での責任の所在があいまいになり、コンプライアンス上の問題も発生しかねません。

私が接してきた中国人と日本人のコミュニケーションを比較して考えると、結局日本人って、忖度しすぎだと思うんです。上司がこう思ってるだろうから、自分はこう動こうとか。根回しをして、事が大きくならないように上手に済ませようと考えがちなのではないでしょうか。

中国人がそんな風に根回しするかと言ったら、確実にしないですね。彼ら中国人は、嫌なことは嫌だ。良いことは良い。楽しいことは楽しい。どんな事でも自分の感情?感覚を一番にして行動するんです。

ビジネスの世界ならなおさらで、彼らは面と向かって戦うことを辞さないのです。たとえ契約書を交わしていても、状況が違ってきて契約通りに納品できなくなったら「環境が変わったのだからしょうがないでしょ」みたいに言ってきます。

日本人的には、「契約を守れない、どうしよう…」って、ストレスを抱えることでしょう。でも彼らのように、開き直ってしまうと、精神衛生上は絶対いいと思うんですよ。自分自身にはストレスかからないから。

日本人って、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、和を大事にする人が多いので、「嫌われたらどうしよう」「いい人だと思われたい」みたいに考えすぎてしまって、結局は自分が苦しくなっていく。

まず周りを幸せにしようとする日本人、まず自分が幸せになろうとする中国人

日本人の感覚として、まず自分の周りの人たちを幸せにして、次は幸せになった周囲を見た自分が、幸せだと感じる、そんな順番です。

でも中国の人は、まず自分、自分が幸せになる。自分が幸せなんだから、自分の周りにいる人たちも幸せになるだろう。それが当たり前だと考えてます。この “幸せになる順番” の違いが、大きな差だと思うんですよね。

日本人も中国人も、自分も周りも幸せになりたいっていう、頂上は一致しているんです。けれども、山の登り方が違う。

嬉しい時はうれしい。
悲しい時は悲しい。
悔しい時は悔しい。

と、感情を表に出すっていうことが、ストレスを貯めない第一歩だと思うのです。日本人はその感情を押し殺して、組織の体裁やメンツを優先して仕事をするから、ストレスフルになるし、いつまでたっても幸せ感情が生まれてこないということになってしまいがちです。

日本人にも中国人にもそれぞれの考え方があり、どちらが正しいとは断言できませんが、世界にはさまざまな価値観がありますから、視野を広げて、まず自分を大切にして行動すると良いと思うのです。

与中国人相比,日本人在生活的方方面面过度揣测别人的心理?

 

不久前,新闻连日报道了日本大学橄榄球队员恶意犯规事件以及日本财务省篡改森友学园土地转让审批文件事件。

 

就这两起事件来看,日本人的确喜欢揣度他人。与日本相比,在中国几乎感受不到“揣度文化”。笔者长期在中国经商,对此深有感触。笔者认为日本的“揣度文化”既有积极的一面,也有消极的一面。所谓揣度,即揣测别人的心理,其利在于使人懂得察言观色,顺利地开展工作。弊在于易导致指示及目标不明确,消耗人力物力。此外,易导致组织内部分工不明确,出现盲目顺从上级指示的问题。

 

笔者接触过中国人,也接触过日本人,经过对两国人民的沟通方式的比较,结果,笔者发现日本人喜欢过度揣度别人的心理。日本人对上司言听计从。在日本人的思维定式中,为了工作中不出大差错,顺利交差,事前必须做足准备工作。

 

而说到中国人,让他们像日本人那样把准备工作做到事无巨细,确实也不太可能。中国人爱憎分明。他们认为好就是好,坏就是坏,开心时就开心。无论发生什么事,中国人都以自己的好恶和感觉为第一位行事。

 

谈生意时更是如此,中国人会不惜与生意伙伴面对面对峙。即使签订了合同,若情况有变,未按合同规定交货,他们也会理直气壮地说,“情况有变,没办法。”

 

若是日本人的话,恐怕会倍感压力,心想,“没有履行合同义务,该怎么办啊……”但是,像中国人那样,将错就错,心理健康方面肯定不存在问题。因为他们感受不到压力。

 

由于在职场和私下里,大多数日本人都秉持着“以和为贵”的理念,因此,日本人常常思虑过度,时常会想,“被人讨厌了,怎么办?”、“想给人留下好印象”等等,结果,搞得自己很痛苦。

 

日本人首先考虑周围人的幸福;中国人首先考虑自己的幸福

 

日本人眼中幸福的顺序:首先,让自己周围的人幸福,然后,看到周围的人幸福,自己才会感到幸福。

 

而在中国人看来,首先是让自己幸福,自己幸福了,周围的人也就理所当然幸福了。笔者深感两国人民对于“幸福的优先顺序”的认识存在很大的差异。

 

日本人也好,中国人也罢,想要让自己和周围人幸福的最终目标是一致的。只是方式不同。(就好比登山,目标同样是登顶,但登山方式因人而异)

 

笔者认为要使压力不积攒,第一步须学会表达自己的情感,该开心时就开心;该悲伤时就悲伤;该懊悔时就懊悔。日本人因为经常克制自己的情感,工作中须时刻顾及公司的门面,上司的脸面,所以常常容易产生压力,无论经历什么事也完全产生不了幸福感。

 

日本人和中国人都有各自思考问题的方式。笔者无法断言谁对谁错。放眼世界,各国人民有着各式各样看待问题的方式方法(价值观)。笔者认为听取多方建议,先照顾好自己的感受,之后再行动是较明智的做法。


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作


▼长按二维码 关注“飞鸟派”

飞鸟派.jpg

做有品位的知日派 

link1111.jpg

微信号:flyerbirdtour

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计