翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

今年2018年は「明治維新150周年」。
NHKの大河ドラマでは「西郷どん」が放送され、いつになく幕末から明治という時代に注目が集まっている。

ところで、この時代は日本が産業面や経済面で長足の発展を遂げた大成長の時代でもある。『明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった』(集英社刊)は、2015年にユネスコ世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄?製鋼?造船?石炭産業」の歴史的意義を史料価値の高い当時の写真を交えて紐解くことで、幕末から明治の日本の実像に迫る。

今回は著者で経済評論家の岡田晃さんにインタビュー。幕末の日本で始まった近代化について、その一端を語っていただいた。

■今の日本に見える幕末との共通点

――『明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった』は、日本の近代化の夜明けともいうべき幕末にスポットライトを当てて、当時の人々の取り組みと功績を紹介していきます。まずは、なぜ今このテーマで本を書こうと思ったのかについてお聞かせ願えますか?

岡田:私はもともと経済記者で、今も経済をテーマに取材したり、情報発信をしています。その仕事の中で、これからの経済がどうなっていくのかを考えるためにはやはり歴史から学ぶことが重要だと思うようになりました。それで時代を遡って調べていったら、幕末と今の日本との間の共通点に気づいた。

具体的にいえば、バブル崩壊以降長く経済が低迷して、ここ数年ようやく景気が上向いてきたとはいえまだまだがんばらないとこの先大変な未来が待っている、という今の日本は、長い鎖国下で経済が停滞した後の幕末の日本によく似ています。当時は西洋文明との本格的な接触があり、開国ありと、様々な刺激を受けたことで危機感を持った人々の努力によって明治以降の近代国家の基礎ができました。

もちろん、当時のことをそのまま現代日本に当てはめることはできませんが、我々が今何をすべきかということを考えるうえで参考になる部分が多くあります。日本経済がさらに元気になっていくためのヒントがこの時代にはあるのではないかと感じて、幕末日本の近代化の取り組みをまとめました。

――確かに、この本からは日本と日本人へのエールのようにも読めます。

岡田:そうですね。もう一つ、付け加えるなら2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄?製鋼、造船、石炭産業」がユネスコ世界遺産に登録されたことも、この本を書いたきっかけになっています。

今お話ししたような問題意識を持っていた時に、講演で鹿児島に行って地元経済界の方々と交流する機会があったのですが、皆鹿児島の史跡をすごく重要視していて、それを他県の史跡と合わせて世界遺産にできないかという運動を始めていました。

微力ながら、私もその運動を手伝うようになったのですが、念願かなってそれが実現したので、その意義をこの本でまとめたかったというのもあります。

――産業遺産の世界遺産登録ということでいうと、2014年に登録された富岡製糸場が頭に浮かびます。

岡田:富岡製糸場も明治時代の産業遺産で、同じような歴史的価値をもっています。富岡製糸場は軽工業の代表格で、今回の本で取り上げた製鉄?製鋼、造船、石炭産業は重工業ですね。

実はこちらには富岡製糸場のように単独で世界遺産に登録されるような遺産はないのですが、その代わりに全部で23ヶ所の施設をひとまとめにすると、当時の時代背景が見えてくる。そこに意義があると評価されました。

表紙

――長州藩や薩摩藩、佐賀藩、水戸藩など、本書では日本各地での近代化の取り組みが紹介されていますが、どの藩も相当な試行錯誤と苦労を重ねています。鎖国下であった当時の工業技術の水準はどのくらいのものだったのでしょうか。

岡田:工業分野はまだ家内制手工業のレベルで原始的なものでしたが、職人の技術は高度だったようです。

たとえば刀を思い出していただきたいのですが、西洋の「剣」が直線的な形をして「突く」のに便利なように作られているのに対して、日本刀は「斬る」ために作られています。そのために切れ味がいいだけでなく、非常に美しい曲線でそった形です。このような刀を作るためには高い製鉄技術が必要で、その代表格が伝統的な「たたら製鉄」でした。特に南部鉄器で有名な盛岡藩はこのたたら製鉄による製鉄技術が高かった。日本初の洋式高炉がこの地の釜石に作られたというのは、そのことと無関係ではありません。それが官営の釜石製鉄所となり、のちの新日鐵釜石へとつながっていきます。

つまり、明治以降の工業の近代化にしても全てが海外から入ってきたものではなく、それ以前からあった技術的土台の上に築かれた。昔からあった技術を新しく入ってきた西洋の技術と組み合わせることに長けていたことが、日本の近代化が他の国より早く進んだ要因の一つだといえます。
(後編につづく)

今年是明治维新150周年。(1868年~2018年)

随着NHK电视台历史剧《西乡殿》的热播,人们一反常态开始关注日本江户幕府末期至明治之前这段时期。

 

这段时期日本在产业和经济方面取得了长足的进步同时这段时期也是日本产业经济实现高速增长的时期。集英社出版的《日本明治时期工业革命的遗产 武士最后的挑战!以技术为立国之本的日本从此刻开始》(试译)一书通过极具珍贵历史价值的昔日照片解读了2015年被联合国教科文组织列为世界遗产的“日本明治时期工业革命的遗产 炼铁 炼钢 造船 煤炭工业”的历史意义,还原了幕末到明治时期日本的真实面貌。

 

本次笔者采访了本书的作者经济评论家岡田晃先生,请他来为大家讲述日本近代化的开端—江户幕府末期的故事。

 

现今的日本与江户幕府末期时的共同点

—在您的著作《日本明治时期工业革命的遗产 武士最后的挑战!以技术为立国之本的日本从此刻开始》(试译)一书中,把应该称之为日本近代化的黎明曙光的江户幕府末期放在了聚光灯下,讲述了当时的人们为日本近代化所作出的努力以及他们所取得的丰功伟绩。首先,我想问您一个问题。您以此为题写作本书是出于何种考量呢?

 

岡田:我的老本行是经济记者。现在也还在做经济题材类的报道等传播经济信息的工作。工作当中我会思考日本今后的经济走向,出于此原因我决定写作本书。我觉得思考这类问题最重要的是以史为鉴。于是,我调查了相关的历史资料发现现今日本的情况与江户幕府末期有着很多相似之处。

 

具体来说,现代的日本自泡沫经济时代以来本国经济一直长期处于低迷状态。虽说近几年有所好转,但若再不努力恐怕日本未来的经济形势将不容乐观。而目前日本的这种情况与闭关锁国状态下经济发展停滞后的江户幕府末期十分相似。到了幕府末期日本才真正开始接受西方文化。建国后一部分危机意识较强的人开始意识到日本在许多方面极度落后,而正是这一点激发了这部分人,也正是由于他们的努力明治维新后日本才建立起了近代国家的基础。

 

当然,彼时的日本与现代的日本不可同日而语。但是从我们现代人所担负的历史使命方面来看其中的确有很多值得我们今天借鉴的东西。我认为从江户幕府末期的历史中可能能够得到一些能让日本的经济蒸蒸日上的启示。于是我着手汇总编撰了幕府末期人们为日本的近代化所作的各项努力。

 

—的确,读了本书感觉您写作本书的目的似乎是为了鼓舞国家和国民。

 

岡田:的确如你所说。我再补充一句,2015日本明治时期工业革命的遗产 炼铁 炼钢 造船 煤炭工业”联合国教科文组织列为世界遗产这件事也是我写作本书的起因之一。

 

当我意识到了刚才谈到的那些问题时,借一次去鹿儿岛县演讲的机会,我得以结识了当地经济界的人士并同他们进行了交流。在交流过程中我发现他们十分重视鹿儿岛的历史古迹。之后他们开始与其他县的相关负责人商讨将各县的历史古迹合并后共同申请注册成为世界遗产的可行性。

 

我本人也有幸参与到了此次活动当中并贡献了自己的微薄之力。因为通过本次活动我完成了毕生的心愿,所以在书中我也介绍了此事对于我所代表的意义。

 

提到注册成为世界遗产的工业遗产,我首先想到的是2014年成功注册的富岡制丝厂。

(注:富岡制丝厂位于日本群马县富岡市)

 

岡田:富岡制丝厂也是明治时期的工业遗产,同时也拥有相当大的历史价值。富岡制丝厂是日本轻工业的代表,而拙著中提到的炼铁、炼钢、造船、煤炭工业等均属于重工业范畴。

 

事实上,这里不存在富岡制丝厂那样单独注册成为世界遗产的工业遗产,但如果我们将全部23所设施归纳为一个整体来看,即可呈现当时的时代背景。我们的做法受到好评,被人们赞为“有重要意义”。

(注:富岡制丝厂是和田岛弥平旧宅、高山社跡以及荒船风穴共同注册成为世界遗产“富岡制丝厂与丝绸轻工业遗产群”)

 

—您的著作中介绍了长州藩、萨摩藩、佐贺藩、水户藩等各地方为当时日本的近代化所作的努力。各藩镇都经历了反复的试错过程及其所带来的痛苦,当时的人们也是在不断摸索中一步一步前进的。我想问您一下,处于当时那种闭关锁国状态下,日本的工业技术水平究竟处于一个什么样的阶段呢?

(注:藩指日本的封建领国单位,在江户时代最盛。)

 

岡田:虽然在当时日本的工业领域里人们还停留在原始的家庭手工业阶段,但是当时工匠们的技术已十分高超。

就拿刀来说吧。西方的“剑”为方便突刺多铸造成直线型。与此相对日本刀是为了“砍”而铸造。因此铸造日本刀时不仅要求刀刃锋利还要求形状上讲究曲线美。铸造这样的刀必须具备高超的炼铁技术,而其代表要属拥有悠久历史的“たたら炼铁法”。尤其是在当时盛产南部铁器的盛岡藩所所使用的就是这种炼铁技术。日本首个西式高炉就是在盛岡藩一个叫做釜石的地方铸造而成的。这座高炉采用的也是“たたら炼铁法”。这项技术后来归国营的釜石炼铁厂所有,再后来成为了新日铁住金釜石炼铁厂的主要技术之一。

 

也就是说,明治维新以后日本工业的近代化技术并非全部依靠海外引进,而是在早先已有的技术基础之上进行融合后构建而成。可以说日本在近代化进程中领先别国的重要原因之一就在于日本人擅长将日本古早的技术与从西方引入的新兴技术进行完美的融合。

(未完待续)


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计