翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

◎山陽新幹線?山陽本線/岡山駅

ピンク色の桃型の容器にぎっしりと詰まった山海の幸。郷土料理「ばら寿司」を駅弁に仕立てた「桃太郎の祭ずし」は岡山を代表する駅弁のロングセラーだ。酢飯と具材で構成されたシンプルさの中に地元名物が凝縮されているのが人気の理由。

祭りのような賑やかさで、旅の楽しさをいっそう盛り立てる。

ユニークな容器で味わう、海の幸と里山の恵みの競演。

倹約令から生まれた名物料理

温暖な瀬戸内海に面し、背後に中国山地を控える岡山県は、海の幸?山の幸に恵まれ、豊富な食材を使った郷土料理が数多く伝わっている。祭りには欠かせない料理として、古くから愛される「ばら寿司」もその一つ。新鮮な魚介や四季折々の野菜を酢飯に盛り合わせ、祝いの席や来客へのもてなしなど、ハレの日の食として親しまれてきた。

「ばら寿司」の誕生は、江戸時代の初期に遡る。備前岡山の初代藩主 池田光政は、厳しい藩の財政から自らも質素倹約を心掛け、「食膳は一汁一菜」というお触れを出して庶民たちの贅沢を戒めた。これに反発した庶民は、たくさんの魚や野菜を混ぜ込んだ寿司飯を作って「一菜」としたのが由来。倹約令をかいくぐるための工夫から生まれたといわれている。江戸時代の半ば頃になると、家々で工夫を凝らした寿司が祭礼時に振る舞われるようになり、一升の寿司を作るのに一両もの大金を掛ける商人も現れ、「鮨一升、金一両」といわれるほど豪華になっていったそうだ。

酢飯に具材を混ぜ込み、一つひとつ味付けした山海の幸をさらに飾る手の込んだ寿司は、現在も岡山の名物料理だ。ご飯の上にバラバラと具をのせることから、地元では「ばら寿司」と呼ぶ郷土の味は、やがて関西方面へと広がり、今や全国で食べられている「ちらし寿司」のルーツになったと伝わっている。

時代を超えて、旅の思い出に寄り添う

「桃太郎の祭ずし」は、そんな岡山が誇るご当地寿司を駅弁に仕立てたものだ。製造しているのは、市内に弁当工房を持つ三好野本店。岡山駅をはじめ、新大阪と博多を結ぶ山陽新幹線の車内などで駅弁を販売し、旅や出張の食を支えている。

三好野本店の歴史は古く、前身は1781(天明元)年創業の米問屋という。当時は津山藩松平家に仕え、藩米を取り扱う蔵元を務めていたそうだ。明治時代には高級旅館「三好野」を営み、1891(明治24)年の岡山駅の開業と同時に、構内に支度所という飲食を伴う待合所を開店した。そこで、奈良漬を添えたにぎり飯を売り出したのが駅弁を始めるきっかけに。以来、120年以上もの伝統を誇る駅弁の老舗だ。

数々の旅の弁当を手掛ける中で、ご当地色を出すために目をつけたのが郷土料理の「ばら寿司」。家庭では酢飯に干ぴょうやしいたけなどの具を混ぜ込むが、これでは劣化が早くなってしまう。そこで酢飯の上に具材を並べるようにし、本来の「ばら寿司」とは差別化するため、「祭ずし」の名で販売を開始した。その後、岡山らしさを追求し、桃太郎の伝説に因んだ桃型の容器を開発。名前も「桃太郎の祭ずし」に変えて今に至る。観光客はもとより、地元の人にも愛される「桃太郎の祭ずし」は、岡山駅構内では1日300個が売れる看板商品。1963(昭和38)年の販売から、50年以上もロングセラーを続けている。

【目にもおいしい具材たち】

酢飯を飾るのは、①鰆の酢漬け②たこの酢漬け③酢れんこん④も貝煮⑤ままかりの酢漬け⑥海老煮⑦錦糸玉子⑧紅生姜⑨菜の花醤油漬け⑩しいたけ煮?たけのこ煮?小鯛の甘酢漬け?穴子煮の計13種具材のラインナップは、味のバランスや彩りはもちろん、お客様の声も参考にしながら数年ごとに見直すそうだ。酢締めの具材が多いが、甘めの酢飯との相性は絶妙の味わい。寿司酢の配合は、発売当初から受け継がれている三好野オリジナルという。
〔価格:1,000円(税込)〕

食べ比べも楽しい、地元の特産品をふんだんに盛り込んだ人気駅弁

千屋牛と松茸のわっぱめし
県北部の自然豊かな環境で育てられる伝統の黒毛和種「千屋牛」。岡山が誇る最高級の牛肉と松茸や栗の甘露煮など、山の幸を贅沢に盛り合わせた逸品。
〔価格:1,480円(税込)〕

山陽新幹線40年旅物語せとうち日和
「晴れの国」岡山の魅力を多彩な郷土料理で表現した山陽新幹線全線開業40周年の記念弁当。県産豚の唐揚げ、あなご飯や赤米のおにぎりなど、昔ながらの地元の味が楽しめる。
〔価格:1,000円(税込)〕
山阳新干线·山阳本线/冈山站



粉色桃型容器中满满地装着各种山珍海味。由乡土料理“散寿司”制作而成的车站便当“桃太郎的庆典寿司”是冈山县最具代表性的长期畅销车站便当。醋饭与配菜的简单搭配中浓缩着当地的各种特产是其深受人们喜爱的原因。

宛如庆典般的丰盛内容,为旅行增添了更多的乐趣。

使用独特的容器品尝,感受海中珍味与山野佳肴的美味之争。

节约令下诞生的著名料理

面朝温暖的濑户内海,背靠中国山地(注)的冈山县拥有富饶的海产品与山间野味,流传着众多使用丰富食材制作而成的乡土料理。自古以来深受人们喜爱的“散寿司”就是其中之一,是节日庆典中不可或缺的料理。将各种新鲜的海产与时令蔬菜一起放在醋饭上,用于喜庆宴席及款待来客等,作为节日庆典和各类活动的餐食而为人所爱。



“散寿司”的诞生可以追溯到江户时代的初期。当时备前冈山的第一代藩主池田光政,因藩内严峻的财务状况从自身做起开始俭朴节约的生活,他贴出“一餐只能一汤一菜”的布告,禁止百姓们奢华铺张。对此感到不满的百姓们,将使用大量的鱼及蔬菜混合制作的寿司饭作为“一菜”,这就是“散寿司”的由来。可以说这是为了钻节约令的空子而开动脑筋创造出的料理。据说到了江户时代的中期,各家各户将费尽心思制作的寿司用作祭祀庆典时的款待,还出现了花费一两重金制作一升寿司的商人,已经发展到“寿司一升,黄金一两”这般的豪华程度。

在醋饭中混入配料,再将每一种调过味的山珍海味装饰其上精心制作的寿司,如今依然是冈山县的著名料理。因将配料随意放置在米饭上,而在当地称为“散寿司(Bara-zushi)”的乡土之味,迅速向关西地区传播,,据说是如今能在日本全国各地品尝到的“散寿司(Chirashi Zushi)”的根源。

跨越时代,重温旅行回忆

“桃太郎的庆典寿司”就是用那种冈山引以为傲的当地寿司制作而成的车站便当。生产这款寿司的是在冈山市内开设便当工房的三好野本店。该车站便当主要在冈山站、连接新大阪与博多的山阳新干线车内销售,是旅行与出差的餐食佳选。

三好野本店的历史悠久,据说其前身是一家创业于1781(天明元)年的大米批发店。当时侍奉于津山藩的松平家,担任处理藩米的仓库管理员。明治时代开始经营高级旅馆“三好野”,1891(明治24)年冈山站投入运营的同时,在站内开设名为“准备所”的附带饮食的等候所。而出售添加腌菜的饭团是该店开始制作车站便当的契机。至此以来,该店成为了拥有120多年传统的车站便当老字号。

制作了无数的旅行便当后,该店为了体现当地特色将目光投向乡土料理“散寿司”。家中制作散寿司时会在醋饭中混入葫芦干和香菇等配料,这样会加速便当变质。因此改将配料铺设在醋饭上,为了与原本的“散寿司”进行区别,以“庆典寿司”之名开始销售。此后,为了追求冈山独有的特色,根据桃太郎的传说开发出桃型容器。同时更名为“桃太郎的庆典寿司”并沿用至今。不仅深受游客欢迎,也为当地人喜爱的“桃太郎的庆典寿司”,是冈山站内日售300份的招牌产品。从1963(昭和38)年开售以来,已经持续销售了50多年。

【看起来无比美味的配料】



装点在醋饭上的有:①醋渍马鲛鱼②醋渍章鱼③醋藕④煮毛蚶⑤醋渍青花鱼⑥水煮虾⑦锦丝鸡蛋⑧红姜片⑨酱油渍芥菜花⑩煮香菇?煮笋?甜醋渍鲷鱼?煮海鳗,共计13种配料,不仅注重味道的平衡与色彩的搭配,据说还会参考顾客的反馈每过几年进行调整。虽然用醋调味的配菜较多,但是与甘甜的醋饭搭配味道非常美妙。据说所用寿司醋的配方,是三好野的原创,从开售之初一直传承至今。

〔价格:1,000日元(含税)〕

比较着吃也非常有趣,加入大量当地特色产品的人气车站便当

千屋牛与松茸的圆型便当

“千屋牛”是在冈山县北部丰饶的自然环境中饲养长大的传统黑毛和牛品种。冈山最优质的牛肉与松茸及甘煮栗子等,是将丰富的山野美味汇集一体的珍品。

〔价格:1,480日元(含税)〕

山阳新干线40周年旅行物语濑户内好天气

使用多彩的乡土料理展现“晴天之国”冈山魅力所在的山阳新干线全线开通40周年纪念便当。内含油炸冈山县产猪肉、星鳗饭及红米饭团等,可以享受昔日的当地风味。

〔价格:1,000日元(含税)〕

注:中国山地就是从兵库县西北部到山口县为止,在日本中国地区(本州西部的冈山、广岛、山口、鸟取、岛根5县所在的地方)延绵的山地。

翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作


关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计