翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

日本の観光地によく使われる「小京都」や「小江戸」というキャッチコピー。多くの観光地が謳うこの2つのワードですが、 無料メルマガ『繁盛戦略企画塾?『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんは、観光地としては「小江戸」に軍配があがるとしています。その根拠はどこにあるのでしょうか

「小京都」VS「小江戸」。集客力が高いのはどっち?

全国京都会議」という組織をご存知ですか。全国各地の小京都が集まり、「小京都」としてのあり方などを話し合う会合です。年会費も納める正式な組織です。

秋田県湯沢市、栃木県佐野市、岐阜県郡上市、兵庫県豊岡市など、全国で45以上の都市が加盟しています。「以上」という曖昧な表現をしているのは、加盟や脱退による増減が繰り返されているからです。

この組織に加盟するには、条件があります。

京都に似た自然景観?町並み?佇まい京都と歴史的な繋がりがある伝統的な産業?芸能がある

この3つの内、どれか1つに合致しており、年1回の総会で承認された都市だけが、加盟を許されるのです。

加盟しなければ、「小京都」を名乗れないというわけではありませんが、一応の“お墨つきのようなものです。堂々と「小京都」を名乗り、「小京都」連合でPRすることもできます。承認制や年会費を取るあたりに、やや権威主義を感じますが、それでも「小京都」を名乗ることに集客力があると見込んで、加盟するのでしょう。女性は「京都」が好きです。

「小京都」と同じような表現で「小江戸」があります。ご存知のように、江戸に似た町並みに風情がある観光地に使われる名称です。

埼玉県川越市が代表的であり、栃木県栃木市、千葉県香取市、神奈川県厚木市、滋賀県彦根市などがあります。「江戸との関わりが深い町」であったり、「江戸の風情を残す古い町並み」が、「小江戸」と呼ばれています。この「小江戸」たちに、正式な組織はないものの、「小江戸サミット」という会議を開き、PR方法などを話し合っています。

「小京都」と「小江戸」。どちらも観光地としてのPR活動にその名称を用いていますが、はたして、その効果はあるのでしょうか。

「小京都」と呼ばれるところが、いま現在賑わっているのかというと、疑問です。数十年前なら、若い女性が憧れを抱き、たくさん訪れているニュースも流れていました。しかし、最近はほとんど聞かなくなりました

いまだ賑わっているところもありますが、それは独自の観光資源を開発したことが功を奏しているだけで、「小京都」という名称は表に出ていません。「小京都という存在がもう古くさくなってしまったのではないでしょうか。

遠い京都に行くのが大変だった時代の代替地でしかないのです。交通機関の発達で、本家の京都が近くなり、すぐにでも行けるのです。「小京都」は、不要な存在になってしまったのでは?

一方、「小江戸」はどうでしょうか。いま、江戸時代の生活が注目され町並みや食文化に興味を持つ人が増えています。しかし、本家の江戸は消滅しています。よって、「小江戸」に足を運ぶ人が増えているのです。江戸を体験するには、「小江戸」に行くしかないのです。この集客力は大きいのではないでしょうか。今後ますます、観光地としての人気は高まるでしょう。

存在意義を失った「小京都」。本家のいない代替地「小江戸」。この勝負は、圧倒的な差をつけ、「小江戸の勝ちだと思います。


“小京都”和“小江户”是日本观光地经常使用的宣传标语。许多旅游城市大力宣传这两个词。当被问到“小江户”和“小京都”哪一方的人气更高时,繁盛战略(不知该如何翻译)顾问兼免费电子杂志《繁盛戦略企画塾 のマーケティング講座》(不知该如何翻译)作者佐藤きよあき先生谈了自己的看法,他认为冠以“小江户”名号的旅游城市最终会获胜。究竟为何?让我们一探究竟。

 

“小京都”VS“小江户”哪一方更受游客们的青睐?

 

您知道名为“全国京都会议”的组织吗?该组织是日本全国各地冠以“小京都”名号的诸多旅游城市的“大本营”。在这里各城市负责人可以共同商讨有关事宜,另外组织会对加盟城市收取年费,是一个正规的官方组织。

 

秋田县汤泽市、栃木县佐野市、岐阜县郡上市、兵库县丰岡市均加入了该组织。据统计日本全国上下已有超过45个城市加入了“全国京都会议”组织。笔者之所以用“超过”一词是因为有城市加入同时也有城市退出,数量上有增有减。

 

申请进入该组织的城市须符合一定条件

 

须具备与京都相似的自然景观、街道及氛围

须与京都有历史渊源

须拥有传统工业及传统技艺

 

只有符合此3项中的1项且获得一年一度的大会批准才允许该城市加入组织。

 

虽说并非不入会就无法使用“小京都”的名号,但入会就好比得到了权威人士的保证。入会的城市不仅可以光明正大的使用“小京都”的名号,还可以得到“小京都”联盟的推荐。虽然准入制度及收取年费的制度稍微给人以权威主义的感觉,但各城市十分看好“小京都”这一名号招揽游客的能力,纷纷选择加入。各地都想要抓住女性喜欢“京都”氛围的卖点。

 

“小江户”这一名号的命名与“小京都”类似,使用该名号的旅游城市须具备与江户时期风格相似的街道。

 

以埼玉县川越市为代表的栃木县枥木市、千叶县香取市、神奈川县厚木市、兹贺县彦根市等均加入了“小江户”联盟。允许冠以“小江户”名号的旅游城市同样须符合一定的条件,即“与江户有深厚历史渊源”或“保有江户风情的古朴式街道”。诸如此类的“小江户”旅游城市虽无官方正式组织,但也会定期召开“小江户峰会”商讨宣传方式等问题。

 

虽然各大旅游城市均以“小京都”和“小江户”作为宣传标语,但究竟游客们是否买账呢?

 

笔者心中有一个疑问。虽说有些旅游城市被称作“小京都”,但现如今这些城市是否还如以往那般热闹繁华,游人如织呢?如果放在几十年前,经常能看到《年轻女性对小京都抱有憧憬,纷纷到访》的新闻报道。但现在基本上已经看不到类似的新闻了。

 

虽然现在仍有一些“小京都”热闹繁华,兴盛繁荣,但也只是归功于当地自主开发的特色自然景区,“小京都”的名号已经不如过去那般响亮。“小京都”或许已沦为落伍的代名词。

 

“小京都”只是交通不发达时期京都的“替代品”。现如今,交通发达,出行便捷,真正的京都也已近在咫尺,很快便能到达。“小京都”已失去了存在价值。

 

反观“小江户”的前景如何呢?现今,江户时期的生活为人们所关注,对江户街景及江户时期饮食文化感兴趣的人在日益增多。但是正宗的江户早已不复存在。因此,亲身前往“小江户”体验江户风情的人也越来越多。游客想体验江户时期的生活唯有前往“小江户”。可见“小江户”旅游城市拥有十分巨大的揽客潜力,今后的人气也将越来越高。

 

笔者认为失去存在价值的“小京都”与欲重现江户时期风采的“小江户”二者之间的胜负已不言自明,无疑“小江户”更受游客们的青睐。

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计