翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

目的よりも手続き重視、常に現状維持をモットーとし、チャレンジに対しては否定的に捉える…、そんな風土が引き起こす組織疲労にメスを入れるのは、長く人材育成に携わってきた石丸智信さん。石丸さんは自身の無料メルマガ『起業教育のススメ~子供たちに起業スピリッツを!』で今回、現状をブレークスルーする3つの観点を紹介しています。

将来を見据えて現状を打破する考え方

以前、聴講した研修の中で、組織文化、組織風土をテーマにした講義がありました。その中で、職場を疲弊させる組織文化に関するテーマがあり、いくつか項目が挙げられていました。その項目の中で、3つの項目を以下に挙げます。

「できる方法」よりも「できない理由」を優先する「これから」よりも「いままで」を重視する「まだ○年ある」よりも「もうあと○年」を強調する

この項目を聴いた時に、項目の「 」部分を反対にすると組織が活性化するだけではなく、一個人としても、将来を見据えて現状を打破するような人財へと成長する上で大切なことではないかと思いました。本号では、この3つの項目について考察してみたいと思います。

1.「できない理由」よりも「できる方法」を優先する

「できない理由」を言い換えると、何らかの言い訳と捉えることもできるのではないでしょうか。できない理由をいっぱい並べたとしても、そこから前に進むための答え、対策にはなりにくいように思います。

例えば、できない理由(言い訳)の典型として「時間がない」という理由が思い浮かびます。私自身もついつい言ってしまいがちです。24時間すべての時間が、スケジュールで埋まっている人は、稀ではないでしょうか。「時間がない、時間がない」と言う人ほど、意外と、5分10分といった細切れ時間を有効に使えていないということがあります。

「やりたくないなぁ~」と思って、先送りしている物事を、「時間がないというできない理由で正当化しているのかもしれませんね。

「できる方法」を考える時には、いったん現状を離れて何の制約もないという仮定の中でできる方法を考えてみることも必要だと言えます。まず、制約のない中で、できる方法をたくさん出していき、その後で、今できる方法に落とし込んでいくと、はじめから制約のある状態で考えるできる方法よりも、幅の広いできる方法が出てくるのではないでしょうか。

2.「いままで」よりも「これから」を重視する

現在の環境や状況姿は過去の結果ではあると言われますが、その過去の時間そのものを取り戻そうとするには、『ドラえもん』に出てくるようなタイムマシーンにでも乗らない限り、難しいでしょうね。

今までの経験の中で、成功したこと、うまくいったことなどを、自分自身の将来、未来の糧として、活かしていくことは大切なことだと思います。ですが、そのことにあまりにも縛られてしまうと、周りの環境変化に気づいたり適応することが難しくなる一面もあります。

「いままで」の経験などについての振り返り方にも2通りあるでしょう。1つ目の捉え方は、今までのことを振り返って、「いままでもこうだったんだから、これからもこのままだ」と「いままでの延長線上にこれからを捉えてしまうことです。

2つ目の捉え方は、「いままでこうだったのは、○○だったからだ。○○を直せば、これからはもっと喜ばれる、お役に立つことができる」と捉えることができます。また、「いままではこうだったこれからはこうなりたいじゃこれからはこうしよう」と捉えることもできます。

まさに、過去のことを振り返りそこから学ぶとともにこれからのありたい姿理想像)」を描いて未来へとつなげていく捉え方と言えます。

3.「もうあと○年」よりも「まだ○年ある」を強調する

「もう」「まだ」の考え方の例として良く言われるのが、コップの中に半分の水が入っている場合の捉え方です。「もう、半分しか入っていないと捉えるのか逆に、「まだ半分も入っていると捉えるのかによって、その後の対応の仕方、取り組み方も変わってくるでしょうね。

「コップの中に水が半分入っている」という事象は1つですが、解釈は2通りあります。事象として現れていることが1つでも、解釈が複数あることが多くあるのではないでしょうか。

「もうあと○年」といった「もう○○」と考えてしまうと、前に進むことよりも、現状を甘んじて肯定したり、前に進むことを諦める気持ちが強くなってしまいます。反対に、「まだ○年ある」といったまだ○○あるなどと考えるとこれからの可能性を感じることができますしこれからのことを考える余地があるように感じます。また、前に進んでいこうとする意欲を高めていくことにつながっていくように思います。

組織を活性化していく個人として自らを成長させていく上でも、この3つの捉え方考え方、視点は、これからも重要になるのではないでしょうか。

你属于“已经”、“还未”哪个派别?个人与组织成长的思考法

比目的重视程序,常常以维持现状作为座右铭,否认挑战……,针对这种状态的组织疲劳进行解剖手术,长期从事人才培养的石丸智信。石丸通过自己的免费电子杂志《创业教育的推荐~给孩子们一杯创业烈酒》,在此介绍缓冲现状的三个观点。

看准将来打破现状的想法

以前在研修讲座中,曾听过以组织文化、组织风貌为主题的讲义。其中有个关于使职场疲惫的组织文化主题,列举出了几个项目。下面,列举出其中的三个项目。

“不能做的理由”优先于“能做的方法”,“至今”重视于“今后”,“之后还有年”更强调“还有年”。

 听到此项目时,我认为重要的是,反对项目“”部分时,不仅组织氛围活跃,而且作为个人,也能成长为看准将来打破现状的人才。本期刊,我想研究这三个项目。

1,“能做的方法”优先于“不能做的理由”

“不能做的理由”换言之,或许在找某种借口吧。即使列出很多很多不能做的理由,这些都不能成为前进的答案、对策。

例如,脑海中浮现了典型的不能做的理由“没有时间”。我自身也不知不觉容易说出口。124小时所有时间,排满行程的人是罕见的。越是经常说“没有时间、没有时间的人,越是没能有效使用5分钟、10分钟这些碎片化时间。

或许心里想着“不想做~”,将推后的事物通过“没有时间”这种不能做的理由正当化了吧。

考虑“能做的方法”时,可以说需要一旦脱离现状在没有任何制约的假定中,思考能做的方法。首先,在没有制约中思考出大量的能做的方法。之后,主攻当下能做的方法。大范围比从一开始在受制约状态下更能考虑出更多处理方法。

2,“今后”重视于“至今”

现在的环境、状况以及样子通常是过去的结果。但是,若要回到曾经过去的时间里,恐怕只能乘坐《哆啦A梦》中时光机,否则难以实现。

至今经验中,将取得的成功、一帆风顺等,作为自己自身的将来、未来的精神粮食灵活发挥是关键。但若过于受此束缚,则会受周围环境变化的牵制,从而难以适应。

“至今”经验等的回顾方法也有两种方法。第一种认识方法是,回首至今发生的事情,“至今为止是这样,因此之后还是这样”在“至今”的延长线上捉住“之后”。

第二种认识方法是,可以这样认知“至今是这样,是因为○○。若调整○○,今后会更好、更有用”。或者这样认知“至今是这样,以后想这样,那么今后就这样吧”

还可以说,重温过去,从中学习的同时,描绘今后的理想姿态,与未来紧密相连。

3,“之后还有,更强调“还有年”

“已经”“还没”的思维方法为例,常常被认知为水杯中注入半杯水一样。

“已经,倒入了一半”是这样认知呢?还是相反“还没,倒了一半”这样认知呢?根据认知的不同,之后的对应方法、解决方法也会随之变化。

“水杯中倒入了半杯水”这是一种现象,解释有两种方式。作为现象表现出来也是一种,解释通常多为复数。

“之后还有年”等等偏向考虑“已经○○”,肯定、忍受现状,放弃往前进展的心境更加强烈。相反,“还有○○年”偏向考虑“还有○○”,能考虑今后的可能性,感觉有考虑今后的余地。提高向前进展的欲望息息相关。

使组织氛围活跃,从中促进个人自我成长。此三个认知方法、思维方法、观点今后也尤为重要。


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计