翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

国内最大級の「木床板人道吊り橋(もうしょうばんじんどうつりばし)」から、
黄金色に輝く圧巻の紅葉シーンを満喫する。




前もっての知識がなければ読みこなせない難しい地名のことを、「難読地名」と言う。「難読地名の宝庫」として知られる大阪には、放出(はなてん)?立売堀(いたちぼり)?杭全(くまた)?道修町(どしょうまち)?出灰(いずりは)?蕎原(そぶら)など、初見では絶対に読めないような地名が数多く存在するが、交野(かたの)市の「私市(きさいち)」という地名も、そのひとつだろう。

私市一帯は飛鳥時代に物部守屋(もののべのもりや)が支配していたが、豊御食炊屋姫(とよみけかしきやひめ)(後の推古(すいこ)天皇)が皇后になった際に献上されて「后(きさき)の私領=私部(きさいべ)」となり、そこに市が置かれたことから「私部市(きさいべいち)」と呼ばれ、やがて略されて「私市(きさいち)」となった。

この私市には、弘法大師にまつわる降星伝説が残されている。京阪電車の私市駅(もしくは河内森駅)から住宅地を抜けて交野山(こうのさん)に分け入ると、半時間ほどで獅子窟寺(ししくつじ)に至るが、弘仁年間(810~824年)にこの寺に逗留(とうりゅう)した弘法大師が、獅子の宝窟で秘法を唱えたところ、天から「七曜(ひちよう)の星(北斗七星)」が3つに分かれて降ってきたというのだ。

降星落下の地は、星の森?光林寺(こうりんじ)?星田妙見宮(ほしだみょうけんぐう)の3カ所で、この3点を結ぶエリアがいつしか三宅庄星田村と呼ばれるようになり、それが現在の「交野市星田」へと発展した。

そんな降星伝説の地である星田には、多くの人が訪れる人気スポットがある。それは、「府民の森?ほしだ園地」だ。

大阪府が府政100年を記念し、自然公園施設として府内9カ所に整備した「府民の森」の中で、他の追随を許さぬ断トツの人気を誇っているのが、「ほしだ園地」なのだ。

105ha(甲子園球場の約28倍)の広さを誇る「ほしだ園地」には、コナラ、クヌギ、シイ、カシ、ヤマザクラなど、四季の変化に富んだ落葉樹の林が広がっている。入園してすぐに木製の歩道橋が200mほど続いた後は、適度な起伏や地形の変化があるので、各々が自分に見合ったコースを選んで、気軽なハイキングを楽しむことができる。

そして、何よりも決定的な呼び物となっているのが、園内の谷に架かる、「星のブランコ」という名の巨大な吊り橋だ。

最大地点で地上から約50mの高さに浮かぶこの吊り橋は、全長が約280mもあり、路面を木製で仕上げた「木床板人道吊り橋」としては、国内最大級のものである。

この吊り橋を初めて見たとき、私はまず、形状の優美さに感動した。壮大な規模にもかかわらず、構造的重力を微塵(みじん)も意識させない軽やかさで、見事な均衡を保っている。日本の吊り橋の多くが、機能性か景観性の一方に偏する傾向が強い中、星のブランコの造形性の高さは、特筆に値する。

大阪の都心からわずか1時間ほどの場所に、これほど見事な吊り橋が存在すること自体が驚きだが、さらに想像を超えて素晴らしいのが、橋の中ほどから見渡す360度の光景だ。

とくに紅葉の時期に、ヤケドしそうに燃え立つ黄金色の木々が、分厚い絨毯(じゅうたん)を敷き詰めたかのように眼下に広がる様は、圧巻そのもの。

あまり揺れない橋なので、さほどの恐怖感もなく、吊り橋ならではの浮遊感や開放感も満喫できる。

星のブランコから15分ほど登った展望スポットからは、京都の市街地を含む大阪北東部のパノラマ景観を眺望できるし、最頂部の「やまびこ広場」では、のんびりと昼食を摂(と)ることもできる。これで入園が無料なのも、嬉(うれ)しいことだ。
在日本国内最大的木地板人行吊桥上
享受红叶季节金色辉耀的压轴之美

没有事先了解知识就难以读出的地名,被称为“难读地名”。在作为“难读地名的宝库”而闻名的大阪,存在着很多诸如放出(日语读作:Hanaten)、立売堀(日语读作:Itachibori)、杭全(日语读作:Kunata)、道修町(日语读作:Dojyoumachi)、出灰(日语读作:Izuriha)、荞原(日语读作:Sobura)等初次见到绝对让人读不出来的地名,而交野(日语读作:Katano)市的私市(日语读作:Kisaichi)这一地名也是其中之一。

私市一带在飞鸟时期由物部守屋统治,在丰御食炊屋姬(后来的推古天皇)成为皇后时敬献给皇室成为“后私领=私部),因为在此设立城市,因而被称为“私部市”,最终缩略为“私市”。

私市流传着与弘法大师相关的降星传说。从京阪电车的私市站(或河内森站)进入没有住家的交野山,约半个小时可以到达狮子窟寺,据说弘仁年间(公元810-824年)在该寺逗留的弘法大师在狮子的宝窟念诵秘法时,天上的“七曜之星(北斗七星)”一分为三降落至人间。

星辰飞落在星之森、光林寺、星田妙见宫这3处地方,连接这三地围成的区域不知从何时开始被称为三宅庄星田村,并逐渐发展成现在的“交野市星田”。

在流传着降星传说的星田,有一个游人如织的人气景点。那就是“府民之森——星田园地”。

为纪念大阪府建立府政100周年而在府内9个地方建造作为自然公园的“府民之森”的工程中,“星田园地”拥有其他各处无法比拟的绝对超高人气。

在以105公顷(约为甲子园球场的28倍)的广阔占地面积为傲的“星田园地”内,分布着栎树、橡树、椎树、槲树和山樱等一年四季富于变化的落叶林。入园后立刻沿着木制的天桥前行200米左右之后,由于地势存在变化及不同的高低起伏,可以选择适合自己的路线,享受轻松的徒步之旅。

然而,比起其他景观最终要的就是架设与园内山谷上名为“星之秋千”的巨大吊桥。

这座最高点距离地面约50米的吊桥,全长约280米,是日本国内规模最大的桥面由木头制成的“木地板人行吊桥”。

第一次见到这座吊桥时,我首先被它优美的造型所感动。尽管该桥规模宏大,但却拥有让人丝毫感受不到其结构重力的轻盈之感,完美地保留了平衡。日本的大多数吊桥,都具有偏重功能性或景观性两者之一的强烈倾向,但是星之秋千的高度造型之美特别值得一提。

在仅距大阪市中心1小时左右车程的地方,存在这样一座如此精美的吊桥其本身就令人惊异,而在桥中央360度俯瞰美景更是一种让人超乎想象的美好体验。

特别是在红叶季节,仿佛烈火燃烧般金黄灿烂的树木,如铺设于山间的厚重绒毯在眼前伸展蔓延的样子,正是秋日的压轴之美。

由于该桥不太摇晃,因此不会让人觉得非常恐怖,也能感受吊桥特有的飘浮感与开放感。

从距离星之秋千往上约15分钟的展望景点,可以眺望包括京都市街在内的大阪东北部的全景,在最高处的“回声广场”,也可以悠闲地享用午餐。而入园免费也是件令人高兴的事。


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计