翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

2012~13年頃から日本ではまたまた大々的なコーヒー熱がカムバック。かつてのベルギーワッフルやシュークリームなど、スパークしてはすぐに廃れる多くの食べ物ブームをよそに、昨今では第三波とされるブルーボトルコーヒーまで上陸し、日本人のコーヒーに対する意識はいよいよ高まりそうな気配です。


そんなコーヒーブームに沸く日本ですが、古くからカフェ文化の発達したヨーロッパから見れば、ちょっぴり不思議な日本独自のコーヒー事情が。


■1.缶コーヒーの存在
日本ではあらゆる場所で目にする缶コーヒー。しかしヨーロッパでは、コーヒーとは常にフレッシュな淹れたてを飲むものなので、いつ作られたのかも不明な缶詰コーヒーは終ぞ見かけたことがありません。特にオーストリアやドイツなどは、市民レベル?国家レベルでエコ意識が高いため、飲料の自動販売機も空港?病院?その他の大型施設などに必要最小限しか設置されていないことも挙げられるでしょう。


■2.ドリップ式コーヒーが主流である
セブンイレブンの100円コーヒーやサードウェーブのブルーボトルコーヒーなどで人気を博すドリップ式コーヒー。


ところが、私の住むウィーンには約40種もの異なるウィンナーコーヒーが存在するのですが、そのほとんどがエスプレッソベース。その他にもイタリア、フランス、スペインなど、カフェ文化の発達した国ではいずれもコーヒーといえばエスプレッソを指します。一例を挙げると、ウィーンにあるハプスブルク皇室御用達であったカフェ?デメルでは、ドリップ式コーヒーは12種類中1種類のみで、残りはすべてエスプレッソを元にアレンジを加えたウィンナーコーヒーとなっています。


また家庭においても、上の世代では蒸気圧で抽出する直火式のエスプレッソメーカーがいまだに愛用されていますし、若い世代はエスプレッソマシーンを持っているケースが殆ど。もちろんドリップ式コーヒーも存在しますが、少数派です。

■3.シアトル系カフェの人気
日本には90年代後半にスターバックスが巷を席巻してからというもの、世間にはシアトル系カフェチェーン店がすっかり定着しました。


但しこれらシアトル系のコーヒーはお値段が意外と高く、また甘いスイーツ感覚のコーヒーが話題商品であるため、長いカフェ文化を誇るヨーロッパではあまり人気がありません。例えばウィーンでは、スターバックスのコーヒー1杯のお値段で、ホテルザッハーをはじめとする老舗カフェの絶品コーヒーが、宮廷のような煌びやかな店内で頂けますし、テイクアウトならばベーカリーなどが提供する安価なコーヒーでも十分味わい深いもの。


またイタリアでは、至る街角にあるバルの立ち飲みエスプレッソの方がはるかに美味で、お値段も1杯1ユーロ程度と非常に良心的。加えて、ヨーロッパでは素材の自然な美味しさを楽しむ習慣があるため、人工的なカラメルシロップやチョコレートソースがたっぷりと入ったスイーツ系コーヒーを飲むのは、こちらでは観光客か外国人留学生といったところです。


■4.アイスコーヒー
日本では夏の風物詩でもあるアイスコーヒー。


ところが、ウィーンをはじめとするオーストリアやドイツで“アイスカフェ”と頼むと、冷やしたコーヒーにこんもりと盛られたホイップクリームとワッフル、それにヴァニラアイスクリームがもれなくトッピングされて登場します。ドイツ語でアイスとはアイスクリームの意で、このパフェのようなアイスカフェ以外に冷たいコーヒーは存在しません。


イタリアやスペインには冷たいコーヒーとしてカフェ?シェケラートとカフェ?コン?イエロが挙げられますが、これはシェーカーにエスプレッソと氷、お砂糖を入れて振ったものであったり、氷入りのグラスに熱いエスプレッソを注いだもの。普通のコーヒーをつめたく冷やしてガムシロップを加える、いわゆる日本の“アイスコーヒー”はヨーロッパではほとんど見かけないのが実情です。


こうして見ると、コーヒーひとつをとっても国や地域ごとに日本とはまったく事情が異なるようです。外国へ旅行する際には、事前にその国のコーヒー文化を調べておくと良いかも知れませんね。

2012-2013年前后开始日本再次迎来了咖啡热潮。人们漠视曾经如昙花一现般的比利时华夫饼和泡芙等美食热潮,反而越来越多的关注起咖啡来,而这一切始于以Blue Bottle Coffee(美国知名咖啡品牌)为代表的“第三次咖啡浪潮”登陆日本以后。

 

虽然“第三波咖啡”热潮在日本兴起,但在拥有悠久咖啡文化历史的欧洲看来日本独有的咖啡现状多少有些匪夷所思。

 

1. 罐装咖啡的存在

在日本罐装咖啡随处可见。但是在欧洲由于人们通常只喝现磨现煮的咖啡,因此人们从未见过这种不知何时被发明出来的“罐头”咖啡。尤其在奥地利和德国等国家,因为民间和政府的环保意识都很强,所以政府会将饮料自动售货机的数量控制在最低限度,仅在机场、医院以及其他大型设施、场所等地放置。

 

2. 滴滤式咖啡是主流

在日本最受大众喜爱的滴滤式咖啡要属7-11连锁便利店的“100日元咖啡”和“第三波咖啡浪潮”的代表Blue Bottle Coffee

 

然而,在笔者居住的维也纳这座城市里虽然存在着40多种不同口味的维也纳咖啡,但是基本上都是基于意式浓缩咖啡调制而成。此外,在意大利、法国、西班牙等拥有悠久咖啡文化的国家,意式浓缩咖啡就是咖啡的象征。举例说明,DEMEL咖啡馆是维也纳哈布斯堡皇家御用的咖啡馆,该咖啡馆内拥有12种不同口味的咖啡,其中只有一种是滴滤式咖啡,其余的全部是基于意式浓缩咖啡调制而成的维也纳咖啡。

 

另外,在普通家庭的咖啡饮用习惯方面也是如此,老一辈人现如今仍旧偏爱使用直火式意式浓缩咖啡壶,这是一种利用气压原理萃取咖啡的咖啡器具,而年轻人基本上都爱使用全自动意式浓缩咖啡机。当然也有人喜欢滴滤式咖啡,但毕竟是少数。

 

3. 西雅图咖啡馆(尤指星巴克咖啡)大受追捧

自从20世纪90年代后期星巴克咖啡席卷了日本的大街小巷之后,人们就认准了西雅图连锁咖啡店。

 

但是西雅图咖啡因为价格高得离谱加之其味道令人感觉像在品尝甜点,故而成为话题产品,所以在以悠久咖啡文化为骄傲的欧洲,西雅图咖啡并不受追捧。举例说明,在维也纳以一杯星巴克咖啡的价格就可以品尝到维也纳老字号酒店内的极品咖啡。(其中最具代表性的老字号酒店要属维也纳萨赫酒店。)除此之外您还能够欣赏如宫殿般富丽堂皇的酒店室内装饰。若您打包的话面包房还会提供廉价且味道醇厚的咖啡。

 

另外,在意大利有一种很惬意的品尝咖啡的方式,即在位于街角的咖啡馆内多人围着吧台站着边品尝意式浓缩咖啡边聊天,这种方式相比普通的品尝咖啡的方式要美味得多,其价格方面也很实惠,一杯只需要1欧元。加之欧洲人习惯于把品尝食材天然的味道作为一种享受,因此他们经常会亲自动手制作花式咖啡。方法是向咖啡表面倒入满满的一层焦糖糖浆或巧克力淋酱调制而成。而在日本也只不过是外国游客或留学生才会这样喝咖啡。

 

4. 冰咖啡

在日本冰咖啡是“夏季的风景诗”。

 

然而,在维也纳等奥地利或德国的城市,如果您点上一杯“冰咖啡”,那么店员会给您上这样一杯“冰咖啡”--在冰镇过的咖啡表面倒入满满的一层香草奶油冰淇淋和鲜奶油并点缀一些华夫饼作为装饰。(美味的调味品在此款咖啡中一个不漏悉数登场。)在德语中冰(德语Eis)这个单词同时也含有冰淇淋(德语同为Eis)的意思,因此在上述国家除了这款像是芭菲(法语Parfait音译而来,也有人译作冰淇淋水果冻)一样的“冰咖啡”以外没有其他的冰咖啡。

 

在意大利和西班牙分别有各自的冰咖啡,意大利的冰咖啡叫作caffe chakerato”(意大利语,也有人译为冰摇咖啡),西班牙的冰咖啡叫作“cafe con hielo”,意大利冰咖啡的制作方法是将意式浓缩咖啡和冰块,砂糖一同放进雪克壶中摇匀,充分混合后调制而成,而西班牙冰咖啡的制作方法是向放入冰块的玻璃杯中倒入热的意式浓缩咖啡后调制而成。实际上将普通的咖啡冰镇后加入胶糖蜜后调制而成的所谓“日本冰咖啡”在欧洲几乎是看不到的。

 

这样看来单从咖啡文化上来说世界上每一个国家及地区的情况都与日本完全不同。到国外旅游时,事先对该国的咖啡文化进行一番调查或许对您是有益无害的吧!


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计