翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

有名な観光地に行くよりも
教養を深めて自分を磨きたい

以前書いたこちらの記事(『中国人観光客「成熟層」はここまでマニアックに日本を楽しんでいる』)でも少し取り上げたが、密かな人気となっているのが、東京?日比谷公園内にある老舗レストラン『松本楼』だ。

 明治36年に建てられ、日本人の間でも人気がある老舗の洋食レストランだが、ここにもなぜか、数年前から富裕層の中国人が訪ねてくるようになった。中国の辛亥革命を起こした孫文が、かつて足繁く通っていた場所だからだ。

「孫文夫人の宋慶齢(そう?けいれい)さんがよく弾いていたピアノが大事に展示?保存されていると聞きました。日本では、孫文に関連する図書もいろいろ出版されていて、ゆかりが深いのですね。普通の観光ではまず行かないところでしょうが、普通の観光をやり尽くした我々としては、何か少しでも自分の“学び”につながるところ、周囲の人にも勧められるような穴場に行きたいと思っているんです」

 こう語るのは、1月に同レストランを訪れた筆者の友人であり、杭州在住の30代後半の経営者だ。杭州では自分で複数の店を経営しており、時間的な余裕があるため、日本や東南アジアなどをよく旅行しているというが、以前会ったときにも明治維新の話題を持ち出してくるほどの歴史好きで、日本人であるこちらが答えられないほど深い知識を持っていた。

 来日の際は、有名な観光地に行くよりも、日本に住む中国人の友人たちと将来を語り合ったり、ちょっとおもしろいところを訪ねて刺激を受けたい、という気持ちが大きい。彼は同レストランを訪れたあと、帰国したら、孫文と日本に関する書籍を買って読むのだと話していた。すぐにビジネスヒントにならなくても、文化的なもの、歴史的に価値のあるところなどを訪ね、教養を深めてもっと自分を磨きたいという話を聞き、改めて感心してしまった。

そんな富裕層たちと話していて、よく話題に上るのは、石川県?和倉温泉にある旅館、加賀屋だ。いわずと知れた日本屈指の名旅館だが、明治39年創業の老舗でもある。

 加賀屋といえば、名物女将や、エントランスにずらっと並ぶスタッフのお見送りが印象的だが、そうした話題は中国人富裕層にもSNSで知れ渡っており、すでに何度も訪れた、という人は多い。

 ほかにも、地方の名旅館といわれる大分県の亀の井別荘、中国人に人気の北海道にあるザ?ウインザーホテル洞爺などがあるが、彼らはただそこを訪れてリラックスしたいというだけでなく、建築デザイン、おもてなしの態度、サービスなどをつぶさに観察し、自分たちの仕事に役立てられるものがないだろうか、と考えている。

中国人観光客は多様化
きめ細やかなインバウンド戦略が必要

日本旅行の初心者や若者にとって、東京ディズニーランドや大阪の繁華街は大人気だし、楽しいだろう。そうした人々が、まだ観光客全体としては非常に多く、春節のトピックスに上りやすいのは事実だ。

 だが、一部の富裕層や経営者ともなると、必ずしも、そうしたところに行っているとはいえない。

 最近、中国の検索ランキングでは、日本の小さな美術館や、地方の名旅館が上位に入ってきていると聞くが、 彼らは、知る人ぞ知る地方の老舗旅館や、文化的な施設に興味を持ち、海外旅行といえども、“学び”の姿勢を忘れない。

 読者からは「そんなに立派な人ばかりではないだろう?」という声もあるかもしれないが、その通りだ。

 立派な人もいれば、そうでない人もいる。中国には、日本の10倍以上の人口がいて、実にさまざまな人がいる。

 ただ、日本の報道が大型観光バスで銀座や難波に乗りつける映像に片寄り過ぎているだけだが、今後、日本にもっと誘致していくべきなのは、有名観光地を短時間で回る団体客ではなく、日本文化を深く理解し、お互いにいい関係を築ける一部の富裕層ではないかと思う。

 2017年の訪日中国人観光客は前年比19%増の約735万人と過去最高を記録したが、彼らの行動は一口に「中国人」と括れないほど多様で幅広い。

 日本もそろそろ「中国人観光客は……」と十把ひとからげにせず、きめ細やかなインバウンド戦略を練っていく段階に入ってきたといえるのではないだろうか。

比起去著名观光地更愿意提升自己的修养,磨练自己

 

笔者曾经写过一篇题为《不再盲目消费的中国游客开始热衷于体验深度日本之旅》的报道,该报道中曾简要的提及过此地,它就是位于东京日比谷公园内的西式餐厅松本楼。该餐厅不声不响地成为了人气老字号。

 

该餐厅于明治36年建成,是日本人非常喜爱的老字号西餐厅,但为何近年来中国的富裕阶层人士开始造访此地了呢?那是因为此地曾经是发动中国辛亥革命的孙文先生经常光顾的餐厅。

 

“听说餐厅内珍藏摆放着孙文的夫人宋庆龄女士曾经经常弹奏的钢琴。在日本关于孙文的书籍比比皆是,由此可见孙文先生与日本有着深厚的情谊。一般来说,去日本旅游首先不会想到这个地方,但是我们已经逛遍了所有大众景点,所以想去一些与自己‘想学习的东西’有关的地方或身边的朋友推荐的不为人所熟知的好去处。”

 

说出此番话的是笔者一位住在杭州的朋友,他是一位30多岁的个体经营者,今年1月曾造访过这家餐厅。他在杭州拥有多家店铺,由于自己支配的时间比较充裕,因此经常去日本和东南亚一带旅行,以前见面时我们经常聊一些关于明治维新的话题,由此得知他是个历史谜,他在日本历史方面的知识储备量甚至超过了我这个日本人。

 

当今中国富裕阶层人士来到日本时更倾向于与住在日本的中国朋友们一起探讨将来,寻访有趣的地方,寻找新鲜刺激之感,而不是去著名景点。造访松本楼之后,他表示回国后准备购买一些有关孙文和日本的书籍阅读。该朋友说:“通过造访这些拥有丰富历史文化价值的景点即便不能立刻发现商机也能够提升自己的修养,更进一步的磨练自己。”笔者听了这一席话后,再次对他敬佩不已。

 

与这些富裕阶层人士聊天,经常会聊到位于石川县和仓温泉的日式旅馆加贺屋。虽然不言自明加贺屋是日本屈指可数的著名日式旅馆,但其也是创建于明治39年(公元1906年)。

 

提到加贺屋让人印象深刻的是有名的女老板以及在酒店门前排列得整齐划一送迎顾客的酒店服务人员。这一话题也已经在中国富裕阶层的朋友圈中传开了,据说有很多人已经多次造访加贺屋。

 

除此之外,日本地方也有一些知名酒店,如大分县的龟之井别墅,地处北海道深受中国人喜爱的洞爷温莎度假酒店,但他们造访的目的不仅仅是想要放松身心,而是抱着学习的态度去观察酒店的建筑设计风格,服务人员接待顾客的态度,日式服务等等,他们考虑的是能否从中发现对自己的工作有所帮助的东西。

 

中国游客的游览目的开始呈现多样化

日本有必要细致地思考方案以吸引中国游客来日旅行

 

对于到日本旅行的中国游客中的新手或年轻人来说,最受欢迎的地方要属东京迪士尼乐园和大阪的繁华闹市吧!事实证明在中国游客当中大部分都属于上述人群,因此中国游客到日本旅游也很容易成为中国春节期间的热门话题。

 

但是,属于少数群体的富裕阶层人士或个体经营者就未必会去那些比较“大众”的地方了。

 

笔者听说最近在中国的网络搜索排行榜上日本的小型美术馆、地方的知名酒店的搜索量排进了前几名,但部分富裕阶层与个体经营者仍对那些不为人所熟知的地方老字号酒店以及文化设施抱有兴趣。虽是到国外旅行他们也没忘记抱着“学习”的态度边游览边学习。

 

或许读者们会说:“不都是那样优秀的人吧?”。笔者对此并不否认。

 

有优秀的人,也有普通人。中国的人口是日本的10倍,的确会有形形色色的人。

 

不过,日本的报道也有失偏颇,电视台仅播放旅游大客车载着游客到达银座或难波下车时的画面。笔者认为今后日本应更多地招揽那些深刻理解日本文化,能够构筑中日两国互邻友好关系的部分富裕阶层而不是那些仅在短时间内游览著名观光景点的跟团游客。

 

2017年访日中国游客数量再创新高,相较前年增加了19%,人数约735万人。虽然访日的游客很多,但是他们的行为多种多样,在新闻报道等中不能以“中国人”一言概之。

 

日本是时候该改改了,别再不分青红皂白批评中国游客了。可以说,现在已经进入该摸索如何细致地思考方案以吸引中国游客的阶段了,这难道不是事实吗?


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计