翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

寒い冬。インフルエンザの季節です。ウィルス性のインフルエンザは、例年12月から3月が流行のピーク。一般的な風邪も冬が最もかかりやすい季節です。

インフルエンザに感染する場所といえば学校や幼稚園など、集団行動をとる施設があげられます。旅の場合には、大勢の乗客と長時間密室で過ごすことになる飛行機が気になるところです。せっかくの旅が、咳や発熱でつらいものになってしまっては台無し。

今回は、飛行機の中で風邪やインフルエンザにかからないための方法を7つをご紹介します。

① 事前の対策!窓際の席を選ぶ


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

飛行機の座席、通路側を選ぶ人も多いかと思います。他の乗客に迷惑をかけずに通路に出てトイレに行けるということもあって、長時間のフライトならなおさらです。

でも、通路を歩く乗客の中には、すでにインフルエンザにかかっている人がいるかもしれません。他の乗客たちとの距離はなるべくあけるようにして、接触してしまう乗客数もなるべく少なくしたほうが安全です。窓際の席は、他の人との接触度が低いので、より安全と言えます。

② 空港で!搭乗口近辺では他の乗客から離れる


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

他の乗客との接触をなるべく少なくしたほうがより安全ですから、搭乗を待つロビーでも、なるべく周りに人がいないほうがいいということになります。搭乗口から多少離れていたとしても、他の人が少ないエリアで待機したほうがよさそうです。また、搭乗が開始されても、他の乗客と一緒にわざわざ並ぶのは避けて、列が短くなってから搭乗するようにします。

③ 席に着いたら!除菌シートで拭き掃除。


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

飛行機に乗り込んで席に着いたら、まずは自分の周りをきれいにします。航空機のキャビンは、もちろん業者が掃除をしてくれてはいますが、除菌まではしてくれません。前のフライトで座っていた人が、インフルエンザにかかっていたかもしれないなら、まずは除菌クリーナーを使って拭き掃除をしましょう。

特にテーブル。食べ物を乗せるのですから、除菌して経口感染のリスクを減らしましょう。また、機内エンターテイメントのリモコンも拭いておきたいです。それに、ひじ掛けの先の部分も。周りからは神経質な人だと思われるかもしれませんが、インフルエンザが防げるのですから、ササっときれいにしちゃいましょう。

④ 当たり前ですが、マスクを常用する。


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

自分がインフルエンザにかかっていなくても、マスクをつけておきましょう。他の人が発する細菌が、鼻や咽喉から侵入するのを防ぎます。また、機内はとても乾燥しています。粘膜を乾燥させないことも重要です。

⑤ 免疫力キープ!毛布などで温かく。


これも当たり前ですが、寒いと風邪をひきやすくなりますよね。上空を飛行中の機外の気温は氷点下数十度まで下がりますが、機内はエアコンで快適な温度に調整されています。それでも、寒いか暑いかを感じるのは、人それぞれ。寒いと感じたら、すぐに毛布などで温かくしましょう。免疫力がキープできます。

⑥ 意外?!空気の吹き出し口は開けておく


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

鼻や咽喉を乾燥させないためにも、また温かさをキープするためにも、空気の吹き出し口は閉めておいたほうがいいように思います。でも、開けておいたほうがいいそうです。なるべく空気を滞留させずに流れるようにしておいたほうが、他の人たちからの細菌を寄せ付けない効果があります。マスクや毛布で乾燥や低温を避けて、空気の吹き出し口はちょっと開けておくということですね。

⑦ 十分に水分をとる!


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

通路側の席以外では、トイレに立つときには隣の席の人に声をかけなければならないので、水分をとること自体、気が引けてしまうこともあるかと思います。でも要注意!水分が足りないと、エコノミー症候群にかかるリスクも上がります。水分を十分にとって脱水症状にならないようにしましょう。

というわけで、飛行機の中で風邪やインフルエンザにかからないための方法を7つご紹介しました。最後に、もう一つ。

でも、くしゃみは我慢しちゃだめ!


【感染予防】あれは我慢しちゃダメ!飛行機で風邪をもらわないための7つの方法。

他の乗客のことを気にかけて、くしゃみを無理に抑える方もいるかもしれません。鼻をつまんで口をつぐんで、くしゃみを外に出さないようにすると、耳の器官や肺にダメージを与える恐れがあります。ひどい例では、脳の血管に損傷を与えることもあるそうです。当たり前のマナーですが、くしゃみをするならマスクやハンカチ、ティッシュで顔を押さえて、細菌が広がるのを防ぎましょう。

寒冷的冬季是流感高发的季节。往年的12月至下一年的3月是病毒性感冒高发的时期。冬季也易患普通感冒。

 

提到感染流感的场所首先会想到学校,幼儿园等人员活动密集的场所。旅行时乘飞机由于大量乘客长时间处于封闭环境下,因此飞机也是令人担心的地方。难得的旅行最终演变成咳嗽、发烧等痛苦不堪的经历,搞砸了一切。

 

此次,将为大家介绍7个在飞机上不被传染上感冒及流感的方法。

 

1. 事先想好对策!选择靠窗的座位

 

在选择飞机座位时多数人会选择靠近通道一侧的座位。可能是因为怕影响其他乘客上厕所的缘故,长途飞行更甚。

 

但是,经过通道的乘客当中可能已有人患上了流感。较安全的方法是尽量与其他乘客保持距离,尽可能少的与人接触。靠窗的座位由于与他人接触频率低,所以相对来说比较安全。

 

2. 在机场!远离等候在登机口附近的乘客

 

由于比较安全的方法是尽量少的与其他乘客接触,所以在候机大厅也请尽可能待在人少的地方。即使稍微远离了登机口,但还是待在人少的区域比较好。另外,即使开始登机也请避免刻意排长队,等其他人都登机以后再准备登机。

 

3. 找到座位之后用消毒湿巾擦拭干净

 

登上飞机找到座位后首先将自己的四周打扫干净。固然机舱内有清洁人员做扫除,但不会消毒。上一航班坐过此座位的人可能已患上流感,所以首先请用消毒清洁剂擦拭干净。

 

尤其是座位上的小桌板。由于飞机上允许带食物,因此消毒后可减少经口感染的风险。另外,希望您也能将飞机内的娱乐遥控器擦拭干净。除此之外,扶手顶端也要消毒。虽然这有可能被周围的人认为有些神经质,但为了预防流感请快速将其打扫干净吧!

 

4. 虽有些老生常谈,但希望您能经常使用口罩

 

即使自己没患上流感也请事先戴上口罩吧。防止他人身上的流感病菌通过鼻咽喉传染给自己。另外,机舱内空气十分干燥。保持黏膜湿润同样很重要。

 

5. 维持免疫力!盖上毛毯取暖

 

这也看似老生常谈,但寒凉的确容易患上感冒。虽然在高空中飞行的飞机舱外温度会降至零下几十度,但在机舱内使用空调可以调节到适宜的温度。尽管如此,但对于冷热的界定因人而异。感到冷时立刻盖上毛毯取暖吧!能够维持免疫力。

 

6. 意想不到?!事先打开通风口

 

笔者认为事先关闭通风口可防止鼻咽喉干燥还可保暖。但是,听说事先打开通风口反而比较好。尽可能地使空气流通,能够防止接触到他人身上携带的流感病菌。记住以下几点:戴口罩,盖毛毯以避免鼻咽喉干燥及低温,事先稍稍打开通风口。

 

7. 补充充足的水分

 

上厕所时除了坐在靠近通道一侧的座位以外都不得不打扰身边的人,因此会不好意思喝水。但需要引起注意的是缺水易患座席昏迷综合症。请补充充足的水分以避免脱水。

 

以上为大家介绍了7个防止在飞机上感冒传染的方法。最后还要再补充一项。

 

但是,打喷嚏不忍耐可不行

 

或许有些朋友顾及其他的乘客,强迫自己忍着不打喷嚏。可是为了不打喷嚏而捏住鼻子,闭紧嘴巴恐会损伤耳部器官及肺部。严重的会损伤脑血管。虽是众所周知的礼仪,但打喷嚏时请用口罩,手绢,湿纸巾遮住面部,防止细菌传播。



翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计