翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

漫画「孤独のグルメ」をご存じだろうか。主人公?井之頭五郎が仕事で訪れた先の街々で、商談前後に昼食で立ち寄る飲食店での食事風景を描いた異色の漫画だ。2012年にはドラマ化され、五郎を演じる俳優?松重豊のはまり役ぶりも相まって、こちらも人気を博した。

ドラマでは毎回、五郎が仕事中の合い間に?腹が減った」と情けない顔で立ちすくむ。そして街の美食に舌鼓を打ち、独特の言い回しでおいしさを表現する。たとえば、重工業地帯にある焼き肉屋では、「うおォン、俺はまるで人間火力発電所だ!」と、もうもうと焼き肉の煙のなかで汗をかきかきしながら、肉をほう張り言う名せりふがある(シーズン1第8話「神奈川県川崎市八丁畷の一人焼肉」)。

ちなみに、同せりふはマンガ本にも記載されているがマンガとドラマと登場するお店は異なる。これは作者がマンガと同じお店だと読者が期待し過ぎるからだと、ドラマ化で唯一出した条件だという。

すでにシーズン6まで放映されたが、今年の12月31日の夜10時から、瀬戸内出張編と題して大晦日スペシャルが放送される。テレビ東京はいつも大晦日の夜には歌番組やスポーツ番組を放送することが多いが、今年ドラマで勝負するというのは?極めて異例な挑戦?だという。大晦日の夜、五郎が今年最後に食べる1品とは何なのか、「孤独のグルメ」ファンとしては興味がそそられる。

五郎はグルメなのか、食べログで検証

彼は決して食べログなどのネット検索は行わず、事前調べもしない。また、仕事は順調な独身貴族で高級外車に乗っているにもかかわらず、高級店にはいっさい目もくれず、B級感漂う街場の店に吸い寄せられていく。チェーン店を訪れることはまずない。例外は シーズン6 第5話に出てきた東京都世田谷区太子堂の回転寿司だけだ。選ぶお店はほとんどが家族経営で一国一城の主や女将さんがいて、かつ他には類を見ないインパクトのある味を出す店ばかり。

?孤独のグルメ?ファンのなかには?聖地巡礼?と称して、実際にお店を訪問し、主人公と同じメニューを食する人も多い。

実際に、筆者のひいき店が何店か出演したので、その放映後に聞いたところ、?孤独のグルメ?ファンは、すぐにわかるそうだ。なぜならば、彼ら彼女たちはテレビに出てきた同じメニューしか頼まないからだ。しかも、五郎氏が食べた順番に追加注文を行う。また、なるべく井之頭五郎の座っていた同じ席を確保したがる。さらには、席が埋まっていて、そこが空くと移動して座りたがるという。そして聖地巡礼者の再来店はないという。主人公と同じメニューを食べ脳内会話を楽しむことができれば、それで目的を遂げるからだ。

さて、井之頭五郎が訪れた飲食店を食べログのジャンルで確認すると、予想外と思われる結果となった。この1位から3位を当てられる方は、相当な?孤独のグルメ?ファンであろう。

まず、一番通っていたのは、中華料理の14店だ(台湾料理含む)。次に続くのが、居酒屋に割烹?小料理などを足した居酒屋系で13店となる。

彼は下戸であるため注文はウーロン茶だが、バラエティ豊かな酒のあてを楽しんでいるのかもしれない。そして3番目はケーキに和菓子、甘味処などを加えたデザート系の12店。甘いもの好きという設定もあり、多く訪れている。

一方、思い起こすと確かに1店も行っていないのが、フレンチやイタリアンだった。これらの方が本業の輸入雑貨商に近いようにも思えるが、プライベートと仕事は完全に分けるタイプのようだ。

また、サラリーマンの味方である立ち食いそば、うどん、ラーメンは食べている時間が短く番組が成立しないこともあるためか、それぞれ1店ずつでしかない。ただし、韓国料理の食事メニューで、参鶏湯ラーメンを選んでいることはある(シーズン4第2話「中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン」)。

訪れた店の食べログ点数の平均は?

さて、本題に移ろう。主人公、井之頭五郎はグルメなのか。いままで、訪れた全133店*の食べログ点数を平均化すると、3.42点のお店となる。

(*注:病院での入院食の回があるので、正確には133箇所。掲載保留?休業?閉店(休業期間が未確定) 等、14店の点数は含まない)

 

シーズン1から3まで食べログ点数の低下傾向が見られ、シーズン4ではニッチだが知る人ぞ知るお店に来訪、平均点は上昇に転じている。

また、放送後すぐのデータを見ると、軒並み点数が上がる傾向があった。聖地巡礼効果で放送後に平均点が上昇した店が多いものとみられ、撮影時に食べログが推奨する3.50点以上ではなかったお店の割合は6割を下回るだろう。ただ、五郎は何のリサーチもなしに店を選んでいるという設定のため、半分も3.50点以上であれば、上出来ではないだろうか。彼の食に関する匂いをかぎ分けるセンサーは、優秀であるといってよい。

それぞれの?グルメ?の定義

もっとも、?グルメ?の定義も、五郎と食べログでは異なるのだ。

番組最初のナレーションで「時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気をつかわずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に平等に与えられた、最高の癒やしと言えるのである」と五郎は断っている。一方、食べログは万人の万人による万人のためのグルメだ。

言わずもがな、五郎にとって大切なのは食事と向き合う自分であり、そこに他人は関係ないのだ。今回、主演の松重豊も大晦日スペシャルについてこんなコメントを寄せている。「もし大晦日のその時間に、この番組を見てお腹が空いても、開いている店はほぼありませんからね。悪しからず」。

听说过漫画《孤独的美食家》吗?这是一部风格迥异的漫画,主要描绘了主人公井之头五郎因工作走访各地,在商谈工作前后顺路到当地餐馆吃午饭的情景。2012年时电视剧化,由于饰演五郎的演员松重丰非常适合这个角色,因此也博得了极高的人气。

剧中,五郎每次都会在工作的间隙说“肚子好饿啊”,露出可怜的表情呆立不动。然后咂着嘴品尝当地的美食,用独特的措辞表达食物的美味。例如,“哦,我简直就是一个人体火力发电厂啊!”这是他在某重工业区的一家烤肉店内,一边在烤肉的蒙蒙烟雾中挥汗如雨,一边大口进食时说的著名台词(第1季第8集《神奈川县川崎市八丁畷的一人烤肉》)。

顺便一提,虽然同样的台词在漫画中也出现过,但漫画和电视剧中出场的餐馆却有所不同。据悉这是作者在电视剧化时提出的唯一条件,因为他认为如果使用与漫画相同的餐馆读者就会期望过高。

电视剧已经播放至了第6季,而今年的12月31日晚上10点开始,将播放名为濑户内海出差篇的除夕特别节目。东京电视台通常都会在除夕的晚上播放唱歌节目或体育节目,今年用电视剧来决胜负可谓是“极不寻常的挑战”。大年夜的晚上,五郎今年品尝的最后一道菜将是什么呢?作为《孤独的美食家》的粉丝,真的非常期待。

五郎是美食家吗?用Tabelog验证一下

五郎决不会用Tabelog等进行网络搜索,也不会提前做调查。此外,他虽然是一名事业有成的单身贵族,开着进口高级轿车,却对高档餐厅不屑一顾,而常常会被街边散发着二流气息的餐馆所吸引。当然也不会去连锁餐馆。唯一的例外是第6季第5集中出现的东京都世田谷区太子堂的回转寿司。五郎所选的餐馆大多是家庭经营,有着一国一城之主或老板娘,而且都能做出令人惊艳且独一无二的味道。

《孤独的美食家》的粉丝中也有很多人会进行所谓的“圣地巡礼”,即走访主人公去过的各家餐馆,品尝主人公吃过的美食。

事实上,由于笔者经常惠顾的几家店也在剧中出演,因此电视剧播出后向他们打听了一下,据说《孤独的美食家》的粉丝马上就能分辨出来,因为他们只点剧中相同的食物。而且,会按照五郎所吃的顺序进行加单。此外,他们会想方设法坐井之头五郎坐过的那个位子。据说如果该位子已经有人,但之后空出来的话,他们会要求换位子坐过去。另外,圣地巡礼的人不会再次光顾该店。因为若能品尝主人公吃过的相同食物,体会内心OS之趣,他们的目的就达到了。

不过,若在Tabelogo(日本的大众点评网——译注)的分类中查询井之头五郎走访过的餐馆,就会得到令人意想不到的结果。会前往排位第1至第3分类中各家店的人,应该是《孤独的美食家》的忠实粉丝吧。

首先,人气最高的是14家中华料理店(包括台湾料理)。紧接其后的是13家包括割烹(能直接看到厨师料理食物的餐馆——译注)、小料理店在内的居酒屋型餐馆。

虽然五郎不会喝酒每次都点乌龙茶,不过也许他非常喜欢丰富多样的下酒菜。而第三位就是包括蛋糕、日式点心、甜品店等在内的12家甜点类店铺。因为五郎的人物设定也有喜好甜食这一点,因此他经常前往甜点屋。

另一方面,若仔细回想一下就会发现五郎一次也未去过的就是法国餐厅和意大利餐厅。虽然这类餐馆看起来与他的本职工作杂货进口商关系密切,不过他似乎是一个将私生活与工作完全分开的人。

此外,诸如立食荞麦面、乌冬面、拉面等工薪阶层的好伙伴可能因为进食所需的时间较短无法制成节目,因此每种仅出现过一次。不过,剧中出现过在韩国料理的食物菜单中选择人参鸡汤拉面的故事(第4季第2集《中央区银座的韩式天妇罗与人参鸡汤拉面》)。

所选餐馆在Tabelogo上的平均分是多少?

那么,让我们言归正传。主人公井之头五郎是美食家吗?迄今为止,他吃过的全部133家店在Tabelogo上所得评分的平均数为3.42分。

(注:因有一集五郎住院吃的是医院伙食,所以正确的应该是133家。因暂缓刊登、歇业、关门(歇业时间未确定)等原因,有14家店的评分未计入其中)

可以看出第1季到第3季出现的店在Tabelogo上的评分较低,第4季的店虽然比较小众但懂行的人都会前往,因此平均分转而开是上升。



此外,若看一下电视剧播放后不久的数据,会发现每家店的评分都有上升的趋势。因圣地巡礼效应大多数的店在电视剧播出后平均分都有所上升,拍摄时Tabelogo上推荐的未满3.50分以上的店的比例不到6成。不过,由于剧中五郎选择时不做任何调查,因此如果一半店铺的评分都在3.50分以上,应该称得上厉害了吧。可以说他探测分辨食物气味的传感器非常优秀。



各自对“美食家”的定义

不过,五郎与Tabelogo对“美食家”的定义有所不同。

电视剧开头的旁白“不被时间与社会束缚,幸福地填饱肚子的那一瞬间他变得随心所欲,重获自由。不被任何人打扰,毫无顾忌地大快朵颐,这种高冷的行为正是现代人被平等赋予的最佳治愈。”就是五郎的写照。而Tabelogo是千千万万的人为了众人而制造出的美食家。

当然,对五郎而言,面对食物的自己是最重要的,与其他人毫无关系。此次,主演松重丰先生就除夕特别篇这样说道“如果在除夕的时候观看这个节目,即使觉得肚子饿,几乎也没有店还在营业,真是抱歉,请大家原谅。”


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计