翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

多くの文豪が愛した! 癒しの湯、伊香保温泉

寒い冬がやってきた。頭から足先まで、日々身体の冷えを感じている人も多いのではないだろうか。ゆっくり温まりたい……。そう思う人におすすめしたいスポットが、伊香保温泉! 戦国時代、武田軍の兵士が療養したことからはじまった温泉地は、時代を経て、多くの文化人が訪れるようになった。後世に残された彼らの作品の原動力となったのは、心と身体を芯から癒やしたこの地の「黄金の湯」に違いない!

文人墨客に愛される伊香保温泉

榛名山中腹の標高約700m付近に位置する温泉地、伊香保温泉。この地には現在、茶褐色の「黄金の湯」と無色透明の「白銀の湯」が湧き出る。黄金の湯は、伊香保温泉を代表する湯で、肌当たりが柔らかく、多くの来訪者を癒してきた。明治から昭和初期にかけては、夏目漱石、土屋文明、与謝野晶子など多くの文人墨客が訪れている。また、情緒ある温泉場として小説や映画の場面によく登場し、中でも徳富蘆花と竹久夢二は伊香保を最も愛した人物として知られる。徳富蘆花は、『不如帰』の舞台に伊香保を選び、文中に、「湯良し、宿良し、眺望よし。私はすっかり伊香保に惚れた」と書いている。さまざまな文化人から愛された伊香保温泉は、芸術文化にも、大きく影響を与えた場所だといえる。

愛された理由は、黄金の湯(こがねのゆ)にあり

伊香保温泉を代表する湯、それが「黄金の湯」。伊香保に古くから湧出していた湯で、独特の茶褐色が特徴だ。源泉の温度は約42℃。湯は温泉引湯口の小間口を通り、各宿に届けられている。効能は神経痛や筋肉痛、傷の治りをよくするといわれている。湯はトロッとしていて刺激が少なく、肌当たりが柔らかで、関節痛や神経痛に効果的なので、療養や静養のために多くの人を癒してきた。身体を芯から温め、血行を促す効果もあるので、冷え症の人にもぜひおすすめしたい。

伊香保温泉のいまと昔

傷病者の療養所として生まれた伊香保が現在のかたちになるまで、どのような変遷をたどったのだろうか……。伊香保が有名な温泉地となっていったのには、戦国時代の動乱が大きく影響している。長篠の戦いでの敗戦により、大量の負傷者を出してしまった武田勝頼が、兵士の傷を癒すため、真田昌幸に命じて温泉療養施設をつくらせたのがはじまりだという。つまり、現代でいう病院でもあったのだ! その後、江戸時代から現代に至るまで、相次ぐ火災に見舞われながらも、温泉街として数多くの人々に愛されてきた。

名立たる文人墨客の常宿「塚越屋七兵衛」

温泉の小間口を与えられた12軒の大家は、温泉宿をはじめ、負傷した兵士の身体を癒した。そのうちのひとつ「塚越屋七兵衛」は、1863(文久3)年に石段街にて創業、その後1963(昭和38)年に現在の場所に移動してきたのだが、随所に歴史の重みが感じられるつくりになっている。館内は、歴史を感じられる意匠が多く残されており、石段街で営業していた当時の資料も残されている。湯は、もちろん「黄金の湯」の源泉かけ流し。源泉の管理に抜かりがないため、100%天然の黄金の湯を提供している。この新鮮な湯で、心と身体を大きく解放したい!

自然に抱かれながら夜には明かりが灯り雰囲気が増す檜露天風呂。庭園大浴場「ほととぎすの湯」に設置されている。伊香保でも数少ない源泉のかけ流しで、大浴場では奥が熱めの湯で手前がぬるめと、温度の異なる湯が用意されている。のぼせ過ぎないようにまずはぬるめの湯から浸かるのがおすすめ!

設えの行き届いた客室からは、晴れた日なら谷川岳や日光連山も望むことができる。

すき焼き
贅沢に上州牛を使用したすき焼き。甘めの割下で煮込んだお肉を、濃厚な温泉卵につけていただく。

【Data】
●塚越屋七兵衛
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保175-1
電話:0279-72-3311
客室数:46室
料金:1万円~
www.tsukagoshiya.jp

多くの文豪が愛した名湯、伊香保温泉。彼らがこの地を愛してやまなかった理由は、身体と心を芯から癒やしてくれる柔らかな湯と、情緒溢れる伊香保の街並みに魅せられたからだろう。夏目漱石や徳冨蘆花、竹久夢二など、日本を代表する著名人が勧める温泉とは一体どんな所なのか、実際に訪れて、その醍醐味を味わってみたい!



寒冷的冬天终于来了。应该也有不少人每天都觉得从头到脚浑身冰冷吧。好想让身体慢慢暖和起来啊……想为拥有如此想法的人推荐一个地方——伊香保温泉!因战国时代武田家的士兵在此疗养而发展起来的这一温泉胜地,历经时代的变迁,成了众多文化名人纷纷造访的热门之地。而此地能够从内而外治愈身心的“黄金之汤”,无疑是他们创作出留存后世之名作的原动力。

备受文人墨客喜爱的伊香保温泉



伊香保温泉是位于榛名山半山腰海拔约700米附近的温泉胜地。如今这里喷涌而出的是棕色的“黄金之汤”与无色透明的“白银之汤”。黄金之汤是伊香保温泉的代表泉汤,其触感柔和,治愈了众多来访的游客。从明治到昭和初期,夏目漱石、土屋文明、与谢野晶子等众多文人墨客都曾造访此地。此外,它也经常作为充满风情的温泉胜地,出现在小说和电影场景中,其中德富芦花和竹久梦二是众所周知最爱伊香保的名人。德富芦花选择伊香保作为其作品《不如归》的舞台,并在文中写道“水好、宿佳、风景美。我完全被伊香保俘获了。”可以说,深受众多文化名人喜爱的伊香保温泉,也是一个对艺术文化产生了巨大影响的地方。

深受喜爱的原因在于黄金之汤



伊香保温泉的代表泉汤,就是“黄金之汤”。作为伊香保自古以来喷涌而出的温泉,特殊的棕褐汤色是其独有的特征。泉源的温度约为42摄氏度。泉汤通过作为温泉引水口的小间口,通往各家温泉旅馆。据说其具有改善神经痛、肌肉痛,帮助伤口愈合的功效。由于该温泉水温和刺激性小,触感柔和,对关节痛及神经痛有显著疗效,因此疗愈了很多来此疗养及静养的人。因为其还具备从内而外暖和身体,促进血液循环的功效,建议患有寒症的人务必尝试一下。

伊香保温泉的今昔



作为伤病者疗养之地而诞生的伊香保,在形成今日的格局之前,究竟经历了怎样的变迁呢?伊香保之所以能够成为著名的温泉胜地,与战国时代的动乱有着巨大的关系。据说因长篠之战战败后出现了大量的伤者,为了治疗士兵的伤病,武田胜赖命令真田昌幸建造温泉疗养设施,这就是伊香保温泉胜地的起源。换言之,伊香保温泉最初也就是现代所说的医院!此后,从江户时代到现代,尽管相继多次遭受火灾的侵害,但是伊香保仍然成为了大多数人喜爱的温泉小镇。

著名文人墨客的常宿之地“塚越屋七兵卫”



获得温泉小间口(引水口)的12家房东,开始创办温泉民宿,疗愈了受伤士兵的身体。其中之一的“塚越屋七兵卫”于1863(文久3)年在伊香保的石段街开业,之后于1963(昭和38)年迁至现址,虽然是新建的馆舍,不过随处可见其历史厚重感。馆舍内保留了众多让人感受到深厚历史的匠心独到之处,也保存了当初在石段街经营时的资料。所用的泉汤,自然是直接来自泉源的天然“黄金之汤”。因为在泉源管理上从不懈怠,因此提供的是100%的天然黄金之汤。希望通过这流动不息的新鲜泉汤,彻底解放身体与心灵!



馆内建有被自然美景环绕,夜晚可点灯营造氛围的桧木露天浴池。也设有名为“子规之汤”的庭园大浴场。所用的都是在伊香保也为数不多的直接来自泉源的天然温泉,大浴场内准备了温度不同的泉汤,浴场内侧是温度较高的泉汤,外侧是温度较低的泉汤。为了避免过热导致胸闷头晕,建议先从温度较低的泉汤开始浸泡!



阳光明媚的时候,也可从设施齐备的客房远眺谷川岳和日光连山。



寿喜烧
使用高级上州牛制作的寿喜烧。请将甘甜佐料汁炖煮的牛肉蘸上味道浓郁的温泉蛋后细细品尝。

【Data】
●塚越屋七兵卫
地址:群马县涉川市伊香保町伊香保175-1
电话:0279-72-3311
客房数:46间
费用:1万日元以上
www.tsukagoshiya.jp

深受众多文豪喜爱的著名温泉——伊香保温泉。他们之所以无法抑制对此地的热爱之情,是因为已被从内而外治愈身心的柔和泉汤及充满风情的伊香保景致深深吸引了。倍受夏目漱石、德富芦花、竹久梦二等日本最具代表性的名人推崇的温泉胜地究竟是一个怎样的地方呢?好想亲自前往,细细品味其绝妙之处!


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计