翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

 2017年6月、(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所長に阿辻哲次京都大学名誉教授が就任しました。そこで、「あつじ所長の漢字漫談」と題して、身近な漢字や言葉についてのコラムを連載していきます。それでは、記念すべき第1回のコラムをお楽しみください。



 よく知られているように、漢字の熟語の読み方に、「重箱読み」と「湯桶(ゆとう)読み」 があります。「台所」とか「番組」のように、最初の漢字を音読みで、次を訓読みで読むのが「重箱読み」で、逆に「株券」とか「夕刊」のように訓読み音読み の順に読む読み方を「湯桶読み」といいますね。

 「重箱」とはおせち料理が入っているおなじみの道具ですが、ここに出てくる「湯桶」を、私はずっと入浴に使う風呂桶だと思っていました。でもそれはまちがいで、「湯桶」とは湯や酒を入れる漆塗り容器のこと、よく知られているものではそば屋さんで「そば湯」を入れて出てくるあの木製容器が「湯桶」です。重箱と湯桶は、どちらも食卓で使われる漆塗りの道具に由来する名称だったのです。

 さて、もともと漢字熟語は音読みで読むのが正しいあり方でした。だからほとんどの学術用語は、「技術」「機械」「数学」「文法」というように、音読みで読まれます。しかし音読みは耳で聞いただけではわからない、という特徴があります。たとえば「海」を「カイ」と、「紙」を「シ」と音読みで読まれても、耳で聞いただけではなんのことかわかりませんでしょう?

 漢字は訓読みにしてはじめて意味がわかるので、重箱読みと湯桶読みは、漢字の熟語を耳で聞いたときに少しでもわかりやすくするための変則的な読み方として発生したものでした。

 たとえば、事故や災害などで交通網が混乱した時に走る「代替バス」は、音読みでは「だいたいバス」であるはずですが、現実には重箱読みで「だいがえばす」と発音されます。また「化学」を「ばけがく」と、「甘食」を「あましょく」と 湯桶読みするのも、「科学」と「化学」、「甘食」と「間食」の同音異義語を読み方によって区別するための工夫でした。

 しかし中にはよくわからない読み方もあり、私は特に「車幅」を重箱読みで「しゃはば」と読むことに強く違和感を感じます。

 「幅」の音読みはフクですから、音読みで「シャフク」が正しいと思うのです が、自動車教習所の教科書でも、自動車メーカーのCMでも、そして交通関係の警察でも、これはどうやら「しゃはば」と読むことに統一されているようです。わが愛用のパソコンに搭載されている日本語変換辞書でも「しゃふく」では「車幅」に変換されず、「しゃはば」と入力しなければ漢字になりません。

 しかし同じ漢字を使う「幅員」は、音読みで「フクイン」と読まれます。

 「広さ」という意味で使われる「幅員」は、実は中国最古の詩集である『詩経』 の商頌?長発という詩(成立はだいたい紀元前1000年前後)に見える、非常に古いことばで、原文には「幅隕」とあるのが、やがて「幅員」と書かれるようになりました。 

 その『詩経』に加えられた注釈によれば、「幅」は左右の長さ、「員」は周囲の長さのこととされますが、やがて日本語ではもっぱら道路や橋などの「はば」 の意味に使われるようになりました。

 そこまではなんの問題もないのですが、さて、わが家の近所の国道で工事がおこなわれていて、そこに「巾員狭少につきご注意ください」という看板が出ていました(写真参照)。
216fuku.jpg

 「幅員」はだれでも「フクイン」と読みますが、しかし「車幅」は「幅」を 「はば」と読むものですから、同じく「はば」と読む「巾」と「幅」のちがいがわからなくなった人がいたようですね。この看板はおそらく「幅員狭小」と書くつもりだったのを書きまちがったものにちがいありません。しかし「巾」の音読みは、布巾?雑巾というように「キン」ですから、この看板は「キンインキョウショウ」と読まねばならないことになります。

 「車幅」が重箱読みで「しゃはば」と読まれるようになったのがいつからなのかはわかりませんが、その慣用的な読みが社会に定着した結果、「巾員」という珍妙な表記が生まれました。

 こうして日本語は乱れていくのです。

20176月,京都大学名誉教授阿辻哲次就任(公益财团法人)日本汉字能力检定协会汉字文化研究所的所长一职。为此阿辻教授以阿辻所长的汉字漫谈”为题,就我们身边的汉字与词汇做了专栏连载。接下来请大家享受这值得纪念的第一期专栏吧!

 

众所周知汉语词的读法分为“前音后训”与“前训后音”。像“台所”、“番組”之类的词,前一个汉字音读,后一个汉字训读的读法称为“前音后训”。与其相反,像“株券”、“夕刊”之类的词,按照先训读再音读的顺序的读法称为“前训后音”。

 

所谓“重箱”是指大家所熟知的盛年夜饭用的容器,而这里出现的“湯桶”一词笔者一直认为是洗澡时使用的加注热水的小木桶。但此处笔者明显搞错了。所谓“湯桶”一般指倒酒或加热水时使用的上了漆的容器,最为大家所熟知的就是荞麦面馆盛荞麦面汤用的木制容器。无论是“重箱”还是“湯桶”其名称都是源于餐桌上使用着的上了漆的容器。

 

原本汉语词只有读作音读才正确。因此大部分的学术用语,如技術”、“機械”、“数学”、“文法”这些词都读作音读。可是,音读有个特点就是仅凭耳朵听根本不明白意思。例如即使把“”读作“カイ”,把“”读作“”,仅凭耳朵听也根本不明白是什么意思吧?

 

因为汉字只有读作训读才能理解其意思,所以为了听汉语词时能稍微容易理解些在前音后训与前训后音的读法当中出现了例外的读法。

 

例如,在突发事故或灾害,交通网络瘫痪时运行的代替バス(代行巴士)”,音读理应读作“だいたいバス”,而现实生活中却发“だいがえばす”的音。另外,为了区分同音异义词“科学”与“化学”,“甘食”与“間食”也想出了将“化学”与“甘食”这两个词使用前训后音的读法分别读作“ばけがく”与“あましょく”的办法。

 

但是其中也有难以理解的读法,笔者尤其对将車幅”这个词用前音后训的读法读作“しゃはば”感到十分别扭。

 

因为”的音读是“フク”,所以觉得正确的读法是音读读作“シャフク”。但无论是汽车驾校的教材也好,汽车制造商的广告也好,乃至交警,大家好像都把这个词统一读作“しゃはば”。甚至连笔者平时爱用的个人电脑里内置的日语转换辞典也无法将“しゃふく”转换成汉字“車幅”,必须输入“しゃはば”才能转换成汉字。

 

然而,使用同一个汉字“幅”的“幅員”这个汉语词却采用音读的读法读作“フクイン

 

幅員”这个词一般指广阔的意思。实际上这个词出自于在中国最早的诗集《诗经》中的《商颂?长发》一诗,是非常古老的汉语词,原文写作“幅陨”,不久就写成了“幅员”。

 

据《诗经》注释记载,“幅”指左右的长度,“员”指周围的长度。而在日语中专门用于表示道路和桥的宽度。

 

到此为止虽然没有什么问题,但在我家附近的国道施工工地上立着这么一块施工现场安全警示牌,上面写着:“巾狭少につきご注意ください(施工道路狭窄请您注意安全”!

 

幅員”这个词不管谁都会读作“フクイン”。可是,好像有人因把“車幅”的“幅”读作“はば”,而搞不清楚同读作“はば”的“巾”字与“幅”字的区别。这块警示牌肯定是写错了。恐怕是打算写“幅員狭小”。可是,因为“巾”的音读形式是“布巾”、“”(中文均指抹布)的“キン”的音,所以这块警示牌必须读作“キンインキョウショウ

 

車幅”前音后训读作“しゃはば”是从何时开始的无从知晓,但那想必已是社会默许的惯用读法,因此才出现了“巾”这种莫名其妙的书写方式。

 

如此下去日语将愈加混乱。


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583