翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

1.日本へのコーヒーの伝来(江戸時代-明治初頭)

はじめて日本にコーヒーが伝わったのは、江戸時代初頭の長崎出島で、人々に受け入れられるようになったのは、明治時代になってからです。

最初、その味と香りになじめなかった日本人

西欧諸国ではコーヒーハウスが次々とオープンして、コーヒー文化と呼べる文学や芸術が開花していたころ、日本は江戸時代で、厳しい鎖国政策の真っ只中にありました。

当時最先端だった飲み物のコーヒーは、長崎出島のオランダ商館設立(1641年?寛永18年)以降オランダ屋敷に持ち込まれただろうと推測されます。

しかし外国人に接触できたのは、役人、商人、通訳、遊女などの限られた日本人のみ、1776年(安永5年)に記された「ツンベルグ日本紀行」(山田珠樹訳?雄松堂書店刊)には、「二、三の通訳のみがようやくコーヒーの味を知るのみである」とあります。

せっかく出島に入ってきた西洋文化の象徴「コーヒー」も、江戸時代の日本では普及しませんでした。

本格的な普及は、明治も半ばを過ぎてからになります。

2.ようやく人々に受け入れられ始める(明治時代)

伝来当初はコーヒーに対して拒否反応を示した日本人でしたが、開国して明治時代に入ると、西洋文化の象徴であるコーヒーを積極的に受け入れようとする姿勢が見えてきます。これは西洋文化を取り入れ、西洋人と積極的に付き合おうという日本人の文明開化への憧れでもありました。

そして長崎、神戸、横浜、函館などに次々に外国人居留地が作られて、そこで外国人から接待を受けたり、欧米諸国への使節や視察や留学などで洋風の食事を経験したり、横浜などに外国人相手のホテルが作られたりと、日本人が洋食やコーヒーを口にする機会はどんどん増えていきました。

それでも最初は、ほんの一握りの上流階級の人々の口にする、ハイカラな高級飲料の域を出ることはありませんでした。

日本で最初の本格的コーヒー店は、日本人の鄭永慶が東京上野の西黒門町に開いた「可否茶館」という店でした。

1888年(明治21年)の春のこと、アメリカに留学し、帰国後に官吏や教育者を経てこの店を開いた鄭永慶は、文学者や芸術家達が集うフランスの文学カフェをイメージしていました。しかし時期尚早で、残念ながら数年の後には閉店せざるをえませんでした。

コーヒーの輸入量を見ても明治10年にはじめて18トンが輸入され、明治21年ごろに60トン程度に増え、明治40年代になって80トン程度にはなりましたが、まだまだ多いとはいえず、とても一般の人々に普及する量ではありませんでした。

喫茶店がいくつも開店し、ハイカラ好きの人々や文化人、芸術化がそこに集い、コーヒー文化と呼べるものが日本に根付き始めたのは、明治に終わりに近くなった頃でした。

3.ようやく大正時代にて拡大、近年のグルメ志向(大正時代-現代)

日本でのコーヒー文化の先駆けは、「パンの会」(コーヒー愛好家の会)です。森鴎外が指導して1909年(明治42年)に創刊された文芸雑誌『スバル』のメンバーである北原白秋、石川啄木、高村光太郎、佐藤春夫、永井荷風などが日本橋小網町の「メイゾン鴻の巣」を利用して毎月会合をもっていたのです。

その店は本格的なフランス料理と洋酒を飲ませ、コーヒーも本格的なフランス式の深煎りコーヒーを出していました。メイゾン鴻の巣はさながら文士の社交場だったのです。

明治時代から大正時代にかけて、このような文化サロンの役割を果たすカフェがいくつかできて、日本にもやっとカフェ文化の風が入ってきました。 しかし、いずれもまだまだ一般の人には敷居の高い店ばかりでした。

そんなところに出来た、『カフェ パウリスタ』は、最初こそ文士や文学青年たちの社交場でしたが、一般の人達が気軽に立ち寄れる値段と雰囲気で、あっという間に大繁盛して、大正時代の最盛期には全国に20余りの支店を数えるほどになりました。では、なぜそれほどパウリスタは一般の人々に人気を呼んだのでしょうか。

それは、高級西洋料理店プランタンのコーヒーが当時15銭だった時に、パリやニューヨークのカフェを模しながら、しかもコーヒーの普及とサービスに徹したパウリスタでは、5銭で飲むことが出来たのです。

三分の一の値段で本格的な香り高いブラジルコーヒーを味わうことが出来たので、全国に散らばったパウリスタの店で始めてコーヒーの味を知った日本人の数は数え切れません。パウリスタはコーヒーの大衆化に拍車をかけた店として大きな足跡を残しました。

そして大正時代には確実にコーヒー愛好家が増え、昭和に入ってますます需要を伸ばしますが、第二次世界大戦でコーヒーは『敵国飲料』として輸入停止になります。日本人の生活から一時期コーヒーは姿を消してしまいます。

その後、戦後では昭和25年から輸入が始まり、珈琲は「平和の使者」とばかりに、人々を感激させました。

現在の日本では様々な形でコーヒーが飲まれています。喫茶店と家庭、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒー、ホームコーヒーとオフィスコーヒーサービス、各種の缶コーヒー、そしてグルメコーヒー、フレーバーコーヒーという具合です。

近年ではグルメ指向の人も増えてきたおり、よりおいしい本格的なものを求めるコーヒーマニアが増えてきています。


1、 咖啡传入日本的历史(江户时代至明治初期)

    咖啡最早传到日本,是在江户时代初期的长崎出岛,而人们开始接受咖啡则是在明治时期之后。

    最初,日本人无法适应咖啡的气味与味道。

    咖啡店在西欧诸国遍地开花,被誉为咖啡文化的文学与艺术盛开的时候,日本正处于江户时代的闭关锁国的严酷政策中。当时最先进的饮品咖啡,据说是在1641年(宽永18年)长崎出岛的荷兰商馆成立之后,才被带进这栋荷兰小屋。

    但是,能够和外国人接触的,只有官员、商人、翻译和游女,在1776年(安永5年)出版的《桑伯格日本纪行》(山田珠树译.熊松堂书店刊)里这么写道“只有二、三个翻译终于尝到了咖啡的味道”。作为西洋文化象征的咖啡好不容易进入出岛,却没能在江户时代的日本普及,真正普及起来,是在明治时期过半后的事了。

2、 日本人终于开始接受咖啡(明治时代)

    虽然咖啡刚刚进入日本的时候,日本人表示出拒绝的态度,但到了明治时代的开国时期,开始有了积极接受咖啡这一代表西洋文化象征的迹象。这是因为积极吸取西洋文化,主动与欧美人交往的日本人,对文明的开化充满了憧憬。

    此后,长崎、神户、横滨、函馆等地依次建造起用于接待外国人的外国人居住地。于是,有些日本人在外国人居住地得到外国人的款待,或是利用前往欧美各国的使节出使、参观、留学这样的机会体验西洋饮食;还有人在横滨等地建造了外国人专用的旅馆,这样一来,日本人吃西餐,喝咖啡的机会也渐渐地增多了。然而最初,也仅仅限于一小部分上流阶级的人享受,咖啡并没有走出时髦的高级饮料领域。

    日本的第一家正宗咖啡店,是日本人郑永庆开在东京上野的西黑门町的“可否茶馆”。那是发生在1888年(明治21年)的春天,从美国留学归来后,担任了官吏和教育家的郑永庆开了这家店,幻想着店里能像法国的文学咖啡馆一样,聚集着许多文学家和艺术家。然而,由于时期尚早,开店后不过数年,就不得不关闭了。

    从咖啡的进口量来看,以明治10年为起点,进口了18吨,到了明治21年左右,增加到60吨,明治40年,则达到了80吨,还不能说数字庞大,因为尚未达到普及至每个人的数量。咖啡店陆续开店,追求时尚的人们、知识分子和艺术家在店里聚集,被称为咖啡文化的东西开始在日本扎根,是明治时期接近结束的时候。

3、 咖啡在大正时期推广,近几年成为吃货所好(大正时期——现代)

    日本咖啡文化的先驱是“面包协会”(咖啡爱好者协会)。由森鸥外指导,创刊于1909年(明治42年)的文艺杂志“subaru”,其会员北原白秋、石川啄木、高村光太郎、佐藤春夫、永井荷风等,经常在日本桥小纲町的“鸿之巢”开每月一次的例会。

    那家店提供正宗的法国料理和洋酒,咖啡也是正宗的法式深烘咖啡。“鸿之巢”成为了许多文人墨客的社交场所。

    从明治时期到大正时期,像这样发挥着文化沙龙作用的咖啡店有许多家,日本也终于步入了咖啡文化。但是,无论是哪家店,对于一般人来说,都太过高级不可攀。

    在这样的背景下,出现了“CAFE PAULISTA”。一开始虽然只是文士和文学青年的社交场所,但有着普通人也可以接受的价格和气氛,所以一时间繁盛起来,大正时期最火爆的时候,全国落地开花开了20余家店。为什么 PAULISTA会在普通人之间这么有人气呢?

    这是因为,高级西洋料理店“Cafe Printemps”模仿了巴黎和纽约的咖啡店,一杯咖啡的价格售至15钱,而 PAULISTA为了普及咖啡,并提供顾客满意的服务,一杯咖啡仅售5钱。

    以三分之一的价格,就能品尝到正宗的美味又高级的巴西咖啡,通过开遍全国的 PAULISTA,让数不尽的日本人初次尝到了咖啡的味道。 PAULISTA推进了咖啡大众化,在历史卷轴上留下了浓墨重彩的一笔。

    大正时期的咖啡爱好者人数确确实实增加了很多,到了昭和时期,咖啡的需要逐渐增多,可惜由于第二次世界大战,咖啡被视为“敌国饮料”而被迫禁止进口。咖啡一时从日本人的生活中消失了。在那之后,战后的昭和25年才恢复咖啡的进口,人们十分感谢咖啡,视它为“和平的使者”。

    现在的日本,咖啡的饮用方式各种各样。在咖啡店和家庭不同场所饮用的咖啡、经典咖啡和速溶咖啡、家庭咖啡和办公室咖啡、各种各样的罐装咖啡、还有花式咖啡和风味咖啡等等。

    近年来,由于美食爱好者的增多,也出现了追求更加好喝正宗咖啡的咖啡控。



翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计