翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

時代劇の有名ロケ地だった木造橋が、
「撤去を含めた幅広い議論」の末に再生

日本列島は南北に細長く、中央を急峻(きゅうしゅん)な山脈が縦断しているため、山地に降った雨は流れの速い川となって、一気に河口へと駆け下る。それゆえ日本の河川は、異常増水や洪水が発生しやすいという宿命を背負っており、それに耐える永久橋を架けるには、莫大な資金が必要となる。
しかし資金不足の場合、最初から「増水時や洪水時には流失する」のを前提とした、簡易な橋が架けられることがある。「流れ橋」と総称されるそれらの橋の多くは、「水の抵抗を受けやすい上部(橋桁?橋板)だけが流出し、橋脚は流されずに残る」という構造になっており、さらに、橋桁や橋板をワイヤーで連結して、流出後に回収?再利用できるようにしておくなど、再建費用を抑える工夫もされている。
日本には大小様々な100基以上の「流れ橋」があり、茨城県の小目沼橋(おめぬまばし)(橋長約100m)、徳島県の浜高房橋(はまたかぼうばし)(約210m、2007年に撤去)、福岡県の船小屋観光橋(約59.5m)などが知られているが、流れ橋の代表格として特に有名なのが、京都府の木津川に架かる「上津屋橋」だ。
八幡市と久御山町を結ぶ「上津屋橋」は、京都府の職員だった技術者の設計で、1953(昭和28)年に完成している。日本の流れ橋の中で最長(約356m)を誇るこの木造橋は、橋桁が橋脚に固定されていないため、水位が上昇すれば橋桁と橋板がそのまま水に浮かんで流される仕組みになっており、これまでに21回におよぶ流出をくり返してきた。
欄干(らんかん)や橋上灯はなく、丸太で組んだ橋脚の上に橋桁を渡しただけの素朴な姿は、まるで数百年前に架設された橋のような印象を与えるため、上津屋橋は時代劇撮影の恰好(かっこう)のロケ地として、絶大な人気を集めてきた。『水戸黄門』『暴れん坊将軍』『桃太郎侍』『必殺仕事人』『座頭市』『銭形平次』等々、数え切れない本数の時代劇がここで撮影され、郷愁感のあるその橋姿が映像を通して全国に知れ渡るにつれ、「上津屋橋」はいつしか、「流れ橋」とだけ呼ばれるようになった。今では、「流れ橋」の正式名称が「上津屋橋」であることを知らない人の方が多いだろう。
私も40年ほど前に初めて渡橋した際には、自分がまるで時代劇中の点景人物と化したような、不思議な錯覚にとらわれた。そして迷うことなく、「私の大好きな日本の橋のベスト10」の一つに、「流れ橋」を加えたのだった。
しかしその「流れ橋」が、流れにくくなった。
近年の気象変化により、2011年以降は豪雨で毎年流失し、特に2014年8月の台風で壊滅的ダメージを受けた流れ橋は、安全性や経済性の面から存廃議論の対象ともなった。それを知った幅広い層から、存続要望の声が寄せられたことから、「流れにくく強化しての存続」が決定したのだ。
こうして本年3月末に再生を果たした「流れ橋」は、橋桁が以前より75cm高くなり、橋脚数がほぼ半減。しかもそれをコンクリート柱で補強するなど、水の抵抗や漂着物の衝突を減らすための、いくつもの改善が加えられている。
その結果、かつての風情が部分的に損なわれたのは否めないが、多くの人に愛されてきた「流れ橋」の基本イメージは、しっかりと温存されている。ホッとしながらも、いささか複雑な思いを禁じえないのは、私ばかりではないだろう。
作为历史剧著名外景地的木结构桥梁
在“拆除等众多意见”的重压下最终重生

日本列岛南北狭长,陡峭的山脉纵贯中央,山区的降雨会变成激流奔腾的河川,一下子涌向河口。因此,日本的河流背负着容易发生洪水泛滥及水位异常上升的宿命,所以建造能够承受这些河流灾害的永久性桥梁需要巨额的资金。

但是,在资金不足的情况下,会建造从最初就以“出现水位上升及洪水泛滥时被冲走”为前提的简易桥梁。被统称为“浮流桥”的这些桥梁,大部分都具有“易受水流阻力影响的上部(桥梁、桥板)被冲走,而桥墩稳固不动”的结构,此外,用线缆连接桥梁与桥板,可在被水冲走后再次回收利用等,在控制重建成本上也下了一番苦工。

日本有大大小小100多座“浮流桥”,大家耳熟能详的有茨城县的小目沼桥(桥长约100m)、德岛县的浜高房桥(约210m,2007年拆除)、福冈县的船小屋观光桥(约59.5m)等,而作为浮流桥的代表最为著名的就是架设在京都府木津川上的“上津屋桥”。

连接八幡市和御山町的“上津屋桥”,由在京都府任公职的技术人员设计,于1953(昭和28)年完工。以日本浮流桥中长度最长的桥(356m)而自傲的这座木结构桥,因桥梁与桥墩没有固定在一起,因此一旦水位上升桥梁与桥板就会整个漂浮在水上顺流冲走,迄今为止已被反复冲走过21次。

由于没有栏杆与桥上路灯,只在圆木组成的桥墩上铺设桥梁的简朴身影,给人一种宛如数百年前建造的桥梁那般的印象,因此上津屋桥作为拍摄历史剧的绝佳外景地,赢得了巨大的人气。《水户黄门》、《暴坊将军》、《武士桃太郎》、《必杀仕事人》、《座头市》、《钱形平次》等数不胜数的历史剧都在此取景,使该桥充满怀旧感的身姿通过影像为日本全国观众所熟悉,不知从何时开始“上津屋桥”都只被大家称为了“浮流桥”。如今,很多人都不知道“浮流桥”的正式名称为“上津屋桥”。

大约40年前,我第一次渡过这座桥时,产生了一种不可思议的错觉,仿佛自己已经化身为历史剧中的点缀人物。然后毫不犹豫地把“浮流桥”纳入了“我最喜欢的日本十大名桥”之列。

但是,这座“浮流桥”却越来越难漂浮流动起来。

随着近年来的气候变化,浮流桥从2011年以来每年因暴雨被冲走,特别是在2014年8月的台风袭击中遭受了毁灭性的损害,出于安全性与经济性方面的考虑它也成为了存废讨论的对象。由于听说这一消息后,社会各界传来了希望继续保留该桥的呼声,因此政府决定“加固桥梁使其不易被冲走后继续保留”。

就这样,今年3月末重建后的“浮流桥”,桥梁比之前高了75cm,桥墩的数量几乎减半。并用钢筋混凝土柱进行加强等,采取了多种改善措施以减少水流阻力与漂流物对桥体的冲击。

不可否认重建有损该桥昔日的风情,但深受众人喜爱的“浮流桥”的基本形象却被较好的保存了下来。虽然松了口气,但心中不禁泛起些许复杂的情绪,想必有此感想的不止我一人。


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583