翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

できない人ほど自信があり、できる人ほど慎重

あなたの周りにはいないだろうか? 実力がないのに、自分はできると過信していたり、問題の難しさ、やっかいさを考えずに安請け合いする人が。

一方、仕事ができる人、ものごとがわかっている人は、見込みについて案外慎重である。完成したプロジェクトの質についても、手放しでは褒めないことが多い。

できない人ほど自信があり、できる人ほど慎重である。

このような私たちの日常における直観をきちんと科学的なデータで裏付けた研究がある。論文を書いたアメリカのコーネル大学の研究者の名前をとって「ダニング=クルーガー効果」と呼ばれているこの現象は、社会で起こっているさまざまな出来事を理解するうえで役に立つ。

ダニングとクルーガーは、大学の学生の成績と、自己評価の関係を調べた。その結果、成績が悪い人ほど、自分が全体の中で占める位置を過大評価していること、一方優秀な人は自分のレベルを控えめに評価していることを示したのである。ダニングとクルーガーのこの論文は多くの研究者によって引用され、イグノーベル賞も受けた。

客観的に観察する能力「メタ認知」

ダニング=クルーガー効果が最近になって注目されているのは、「できない人ほど自分のことを過大評価する」傾向が、社会の中で目立つようになってきたからだろう。特に、ツイッターやフェイスブックなどのSNS上で、不思議なほどに自信を持つ「困った人」が人々の目に留まるようになってきた。

経営者や政治家など、社会のリーダーになるべき人の中にも、ダニング=クルーガー効果の言う「自信過剰な人」が目立つようになってきた印象がある。真実が何なのか簡単にはわからない「ポスト?トゥルース」の時代になって、自らのレベルをわきまえない困った人たちが増えてきたのかもしれない。

他人はともかく、どうしたら自分自身が困った人にならないようにできるのか。ダニング=クルーガー効果の論文では、興味深い実験が報告されている。成績が悪く、自分を過大評価しがちな人たちも、論理的な思考と、自分自身の客観的な評価についての簡単なトレーニングを受けるだけで、自己評価の正確性が向上したのである。

自分自身を客観的に観察する能力を「メタ認知」と呼ぶ。メタ認知がなければ、自分の欠点もわからないし、目指すべき目標もつかめない。ダニング=クルーガー効果が浮き彫りにする困った人にならないためには、自分の状況を客観的に見る訓練が必要となる。

自分の英語力を過大評価していないか

例えば、世界的な比較で言えば、日本人の多くは自分の英語力を過大評価している可能性がある。英語の検定テストや、受験の成績が良かったからと油断していると、グローバルな競争でもっと上を目指すために必要な冷静な評価ができない。

ネット上でボキャブラリー数を評価する簡単なテストを受けるだけで、自分の英語力の至らなさを客観視できる。ネーティブのボキャブラリーは2万5000から3万5000と言われているが、日本人の多くは大学入試の数千から少し積み上げたくらいだろう。自分の英語力がいかに不足しているかを認識することが、さらなる学びのきっかけになる。

あなたは自分にダメ出しできるだろうか? できる人ほど、自分のことを冷静に見ている。この事実の意味するところを肝に銘じてほしい。

【原译文】

越是没本事的人越喜欢吹嘘自己

没本事的人有自信,有能力的人反而慎重

 

你身边有这样的人吗?明明没什么能力,却自认为自己很能干,不考虑问题的困难程度和复杂性就轻易允诺。

而另一方面,工作能干的人,对事物了然于心的人,对事情的预估却格外慎重。他们完成的项目质量,大多可圈可点。

没本事的人有自信,有能力的人反而慎重

 

有一项研究将如上我们日常生活中的直观想法充分地与科学数据结合起来了。有关论文的作者是来自美国康奈尔大学的研究者,根据作者的名字,该现象被命名为“邓宁克鲁格效应”,该现象对理解社会上发生的种种事情有一定的帮助。

 

邓宁克鲁格效应调查了大学生的成绩和自我评价的关系。结果显示,越是成绩差的人,越容易过大评价自己在集体中的地位;而优秀的人会保守评价自己的水平。邓宁克鲁格效应的这篇论文被很多研究者引用,还获得了搞笑诺贝尔奖。

 

客观观察的能力“自我认知”

邓宁克鲁格效应最近受到人们关注的是,“越是没能力的人越容易夸大对自己的评价”这种倾向,在社会上变得似乎很引人注目。尤其是在推特和脸谱网等社交网站上,出现了很多过分自信的“麻烦人群”,让人觉得不可思议。

 

印象中,一些经营者和政治家等,本应该成为社会精英的人当中,邓宁克鲁格效应所说的“过分自信的人”变得引人注目。事实是什么成了无法简单明白的“邮筒现象”,弄不清自己的水平的麻烦人群也许正在增加。

他人暂且不谈,如何使自己不成为麻烦人群?邓宁克鲁格效应的论文报告了一个趣味盎然的试验。成绩差容易过大评价自己的人,仅仅是接受了逻辑思考和对自身客观评价的简单训练,就能提高自我评价的正确性。

我们称客观观察自身的能力为“自我认知”。如果没有自我认知,就不知道自己的缺点,也抓不住应有的目标。为了不成为邓宁克鲁格效应刻画的麻烦人群,有必要进行客观了解自身状况的训练。

你会夸大评价自己的英语能力吗?

 

比如,从整个世界的比较来看,有很多日本人可能会夸大评价自己的英语能力。如果因为英语测试和考试成绩好而缺乏警惕的话,就无法在全球竞争环境中为更上一层的目标做出必要的冷静的评价。

 

仅仅在网上做评价词汇量的简单测试,就能客观地看待自己的英语水平。本土人的词汇量据说在2万5000至3万5000,很多日本人是在大学入学考试的几千词汇量开始慢慢积累起来的。认识到自己的英语能力不足,成为更进一步学习的动力。

你最自己有自我认知吗?越是有自我认知的人,越可以冷静地看待自己。这个事实请铭记于心。


【校对后译文】


越没能力的人越自信,有能力的人反而谨慎

 

你身边有这样的人吗?明明没什么能力,却自认为很能干,不考虑问题的困难程度和复杂性就轻易允诺。

而另一方面,工作能干的人,对事物了然于心的人,对事情的预估却格外慎重。关于已完成项目的质量,他们通常不会大肆称赞。

越没能力的人越自信,有能力的人反而谨慎。 

有一项研究,它的科学数据充分支持我们日常生活中的这种直觉。有关论文的作者是来自美国康奈尔大学的研究者,根据作者的名字,该现象被命名为“邓宁克鲁格效应”,该现象对理解社会上发生的种种事情有一定的帮助。

 

邓宁克鲁格效应调查了大学生的成绩和自我评价的关系。结果显示,越是成绩差的人,越容易过高评价自己在集体中的地位;而优秀的人会保守评价自己的水平。邓宁克鲁格效应的这篇论文被很多研究者引用,还获得了搞笑诺贝尔奖。

 

客观观察的能力“自我认知”

由于“越没能力的人越容易夸大对自己的评价”这种倾向,在社会上似乎越来越引人注目,因此邓宁克鲁格效应最近倍受关注。尤其是在推特和脸书等社交网站上,出现了很多过分自信的“麻烦人群”,让人觉得不可思议。

 

印象中,经营者和政治家等,本应成为社会精英的人当中,如邓宁克鲁格效应所说的“过分自信的人”能够脱颖而出。在无法轻易了解事实的“后真相”时代,对判别自身水平感到困扰的人也许正变得越来越多。


他人暂且不论,如何避免使自己成为麻烦人群?邓宁克鲁格效应的论文提到了一个有趣的试验。成绩差、容易过高评价自己的人,只要接受逻辑思考和对自身客观评价的简单训练,就能提高自我评价的正确性。


我们将客观观察自身的能力称为“自我认知”。如果没有自我认知,就不知道自己的缺点,也抓不住应有的目标。为了避免成为邓宁克鲁格效应所刻画的麻烦人群,有必要进行客观了解自身状况的训练。


你会过高评价自己的英语能力吗?

 

比如,从世界范围内的比较来看,有很多日本人可能会过高评价自己的英语能力。如果因为英语测试和考试成绩优异而缺乏警惕的话,就无法在全球竞争环境中为更上一层的目标做出必要的冷静评价。

 

只要在网上进行词汇量的简单测试,就能客观地看待自身的英语水平。据说母语国家的人的词汇量在2万5000至3万5000,很多日本人是从大学入学考试的几千个词汇量开始慢慢积累起来的。认识到自身英语能力的不足,会成为更进一步学习的契机。


你对自己有自我认知吗?越有自我认知的人,越可以冷静地看待自己。这个事实请铭记于心。



翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583