翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

かつては当たり前に使われていた固定電話は、携帯電話の普及によって、その普及率が下がった。

また、携帯電話もスマートフォンになると通話やキャリアメールではなく、LINEやメッセンジャーなどSNSのデバイスとしての利用がメインに。

そのため「若者の通話離れ」とも言われ、通話をする人は以前よりも減少している印象もある。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に「電話で通話することはあるか?」、6段階での意識調査を実施した。

■若者は通話離れしていない!?

全体では「よくする」9.9%、「まあまあする」17.5%、「たまにする」34.9%で、「結構、通話する」という人が過半数の62.3%。

一方、「あまりしない」16.3%、「ほとんどしない」12.5%、「しない」9.0%の「通話はあんまり」派は37.7%でとなった。

?sirabee.com

年代別で見ると40代が最も低く、20代はそれに次いでの数値ではあるが男女共に半数を割り込むことはなく、「若者の通話離れ」と言うほど離れてはいない印象だ。

「結構、通話する」派を性別?年代別で見てみると

?sirabee.com

全ての年代で女性の方が男性よりも「通話する」と回答している。

50代60代といった、通話の習慣が元々あった世代だけでなく、スマホ世代でもある20代も「しない」と回答しているのは15%前後と少数派だ。

■そもそもコミュニケーション苦手も

実際に20代で通話を「よくする」人、「しない」人、双方に話を聞いた。

<よくする>

「LINEやメッセンジャーなど、テキストベースのコミュニケーションツールも使いますが、実際に会うのでなければ、声のトーンや間合いでもいろいろな情報が感じられる通話は好きです。

同年代の友達で電話が苦手っていう人もいるけど、あれこれ文章を考えたり、言い回しに気を遣ったりするよりも、しゃべったほうがすぐに通じるってことも多いし、直接話すことで距離が縮まる面もあるから、仲良くなりたい相手とはできるだけ、おしゃべりしたいですね」(20代?男性)

<しない>

「文字であれば装えるけど、通話だと気持ちが出ちゃうし、ヘンな間とかできたりするので苦手です。たまに着信に気づかないふりして、用件のメッセージが来るのを待つこともあるし、『ごめん。なんだった?』と後からメッセージを送って、文字ベースのやり取りに持ち込むことも…。

元々コミュニケーションが下手な自覚があるせいもありますが、できるだけ通話はしたくありません。友達も気づいているようで、他の人には通話連絡しても、私にはLINEって感じで、ちょっと申し訳なく思う時もありますが、やっぱり億劫なんですよねぇ」(20代?女性)

電話が苦手という人は昔から一定数いたし、会えば饒舌だけど、電話ではぶっきらぼう――というタイプも少なくない。

遠距離でのコミュニケーションツールの選択肢が増えたことで、相対的に通話の必要性が減っていることはあるだろうが、声を聞くことで伝わるもの自体は健在のようだ。

昔日普遍使用的固定电话因为手机的普及,使用率有所下降。

此后,手机发展成智能手机之后,发挥作用的不止通话和运营商邮件功能,LINE和短信等SNS社交软件成为主要功能。

 因此,会有“年轻人已经远离通话”这样的说法, 印象中使用通话功能的人也比以前少了很多。

经编辑部调查,将全国20-60岁的1,375名男女作为关于“是否经常使用手机的通电话功能”的调查对象,分为6个阶段进行调查。

?年轻人并没有离开通话?

  整体上,在“经常使用”占9.9%,“有时使用”占17.5%,“偶尔使用”占34.9%的这些人中“使用通话”的人超过半数,占62.3%

    另一方面,在“不怎么使用”占16.3%,“基本不使用”占12.5%,“不使用”占9.0%的这些人中“不使用通话”占37.7%


    从年龄上的区别来看,40岁左右的人使用通话人数最少,20岁左右的人,数据上紧随其后,无论男女都未跌破半数,并没有到“年轻人已经离开通话”的程度。

  “使用通话”的人中,从性别和年龄上来看,无论什么年龄的人,女性比男性“使用通话”的人多。

50-60岁左右的人们,不仅因为通话是原本的习惯,就连使用智能手机的20岁年轻人的回答中“不使用通话”也只占15%左右的少数派。

说到底是对社交不擅长

   实际上,20岁左右的年轻人中,对于通话功能“经常使用”的人和“不使用”的人,来听听他们双方是怎么说的。

<经常使用>

 “虽然也使用LINE或者短信等基本文本的社交工具进行交流,实际上,在见不到面的情况下,更加喜欢使用可以通过声音的调子或说话的间隔也可以获得很多信息的通话功能。

  虽然年龄相仿的朋友们有不擅长打电话的人,但是与其考虑文字措辞、担心表达方式,不如直接说出来更能表达出想表达的意思,因为直接对话也有缩短距离的一面,所以与想要变得关系亲密的人尽可能的多通话。”(20岁,男性)

<不使用>

  “文字尚可进行装饰,但通话的时候会传达语气,对于尴尬的通话间隙不擅长应对。会有偶尔没在意的来信,也有等回信的时候,一句‘不好意思,刚才怎么了?’的短信发过去,就可以用简单的文字开启对话……本来就自知对于沟通非常不擅长,所以尽可能的减少通话。朋友们大概也注意到了这点,所以跟别人用通话的形式联系,跟我联系则用LINE,虽然觉得这样有些抱歉,但还是懒得通话。”(20岁,女性)

  很久以前就有一些不擅长打电话的人,虽然见面的时候很唠叨,但打电话就非常生硬----这样类型的人也有不少。

  因为增加了远距离社交工具的选项,所以相对通话的必要性减少了,但是通过声音的传达好像就可以确定对方是否健在。


翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计