翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

「脳が疲れたときには、糖分を補給するといい」

こんな言葉を耳にしたことはありませんか? ただ、この言葉を信じすぎ、「仕事で疲れたら甘いもので気分転換」も、行きすぎると危険なことに。

『がんばらなくても20歳若返るナチュラルホルモン療法』(講談社エディトリアル刊)の著者である藤森徹也さんによれば、甘いものの食べすぎには、肥満や糖尿などよく知られているリスクだけでなく、さらにおそるべきリスクが潜んでおり、そこにはあるホルモンが大いに関係しているといいます。

そのリスクとは一体何なのか、お話をうかがってきました。

■閉経後に、高血圧や動脈硬化のリスクがぐんと高まる理由

――そもそも「ホルモン」とは、体内でどのような働きをするものなのでしょうか。

藤森:ホルモンとは、体内で作られる、ごく微量ながらも身体に特殊な影響をおよぼす物質です。

体内の代謝を司ったり、細胞や組織の成長を促したり、女性であれば生理周期をコントロールしたり、男性であれば精子をつくったりといった様々な機能を担います。

またホルモンは「若いころには潤沢に分泌されるが、加齢とともに分泌されにくくなる」ものでもあり、睡眠や食欲、気持ちのあり方など、「若さ」を保つ上で重要な機能にはたいてい関わっているため、不足すると?老い?が進んでしまうのです。

しかし、だからこそ、不足しがちなホルモンを補うことで「老い」を食い止めるという発想も出てくる。私どもが行なっているナチュラルホルモン療法は、まさにそのような観点からのアプローチといえます。

――?ホルモン?と聞くと「美容」に関連する話題を思い浮かべる方が多いようにも思いますが、「老い」全般に関わってくるものでもあるのですね。

藤森:もう少し正確にいうと、ホルモンバランスは、「健康な状態から外れていく」という意味での老化に大いに関わっているといえます。心臓病や癌など、いろいろな病気になりやすくなるということですね。

たとえば、日本人女性の閉経の平均年齢は50歳といわれていますが、閉経するとエストロゲンという女性ホルモンが分泌されなくなります。

エストロゲンは血管を広げてくれる機能を持つホルモンなので、閉経後の女性は血管が狭く、硬くなりやすい。そのため50代の女性には、高血圧や動脈硬化を患う方が少なくありません。

――エストロゲンの分泌量は、多ければ多いほどよいのですか。

藤森:いえ、話はそう単純ではありません。エストロゲンの分泌量が増えすぎるのも好ましくないんです。

エストロゲンは細胞増殖を促す機能を持つため、癌細胞のなかにあるエストロゲン受容体と結びつくと、癌細胞の増殖を促してしまうケースがあるからです。

さらにいえば、現代人の食生活にはエストロゲンを増やしてしまう「罠」が多く潜んでいる。ホルモンバランスを崩さないためにも、食生活には注意したほうがよいでしょう。

――食生活における罠とは、具体的にどのようなものなのですか。

藤森:たとえば「ストレス解消のために!」などといって、甘いものを食べすぎるのは危険です。

必要以上に身体に入った糖類?糖質は使い切られることがないため、脂肪細胞において脂肪として蓄積されます。

脂肪細胞はエストロゲンを分泌するため、脂肪細胞が増えるほどに体内のエストロゲン量が増えてしまいます。またこれは、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスを崩してしまうのです。

プロゲステロンにはエストロゲンの作用を抑える機能があるので、これらのホルモンバランスが崩れることは、身体にとってかなりマイナスの影響をおよぼすんです。

――甘いものの摂りすぎが、最終的に癌のリスクを高めることにつながるというのは驚きです。

藤森:そうですよね。癌まで行かずとも、女性がヒステリックな感情に囚われてしまうのも、実はエストロゲン過多が大きく関わっています。

こうして見てくると、ホルモンバランスが日常のちょっとした不調から、生死にかかわる病気まで、かなり幅広く影響を与えるものなのだということが分かっていただけるのではないでしょうか。

だからこそ、飲み薬やクリームといった形でホルモンバランスを整えることが必要になってくるんです。

【原译文】

“大脑疲劳时可以吃些甜食”

大家有没有听过这句话呢?但是,“工作累了来些甜食换换心情”你要是过分相信这句话也会发生危险的事情。

《不用努力也能让你年轻二十岁的自然激素疗法》(讲谈社edit real刊)的作者藤森徹也表示,摄取甜食过多不仅会增加肥胖,糖尿病这些常见病的患病风险,还隐藏着让人害怕的其它危险,这些危险与人体激素有很大关系。具体有哪些风险我们详细咨询了一下藤森徹也。

绝经后,会让高血压和动脉硬化的风险一下升高

——我们常说的“激素”,在体内是如何发挥作用的?

藤森:激素是在体内形成,以极少的量给身体带来特殊的影响。

激素可以调节体内的新陈代谢,促进细胞及组织的生成,可以影响到女性的生理周期和男性的精子产生等诸多方面。

激素“在年轻的时候分泌旺盛,随着年龄增长就会渐渐不再分泌”,它会影响到我们的睡眠、食欲及心情状态,具有保持“年轻”的重要作用,所以若是激素分泌不足就会加速我们衰老。

正因为如此,有人提出通过补充容易缺失的激素从而阻止“衰老”的进程。我和我的团队进行的自然激素疗法正是从这种观点中发展出来的。

——大家一听到“激素”这个词,有很多人都会联想起与“美容”相关的话题。激素的确是与“衰老”有很大的关系吧?

藤森:准确地说,激素平衡与“健康状态逐步恶化”引起的衰老有很大关系。它会导致心脏病与癌症的患病风险。

例如,日本女性的绝经平均年龄为五十岁,绝经之后女性的雌激素慢慢地就不再分泌。

雌激素能扩展血管,绝经之后的女性血管就会变得狭窄,硬化。因此,五十多岁的女性有很多人都会患有高血压和动脉硬化。

——雌激素是分泌的越多越好吗?

藤森:不是,情况并不是这么简单。雌激素分泌过多也有不好的影响。

雌激素可以促进细胞繁殖,若是癌细胞与雌激素相结合就会增加癌细胞的生成。另外,现代人的饮食生活中,潜藏着很多增加雌激素的“陷阱”。为了保持激素平衡,我们应该在饮食生活上也要多加注意。

——饮食生活中潜藏的“陷阱”,具体是指哪些食物呢?

藤森:例如我们常说“为了解压”,过度摄取甜食这一行为就很危险。

身体内若摄取过多的糖分,糖质,不能被身体吸收的部分就在脂肪细胞内被作为脂肪堆积在体内。

脂肪细胞中的芳香化酶会让人体内的雄激素转化为雌激素。所以脂肪细胞越多雌激素也会增多。这就会引起与女性的另一激素黄体酮之间的激素失衡。

黄体酮具有抑制雌激素生成的作用,若是这两个激素之间的失衡被打破,会给身体带来很大的负面影响。

——摄取甜食过多,最终会提高患癌风险,这让我们有些意外。

藤森:的确如此。即便不会发展到癌症这一步,但女性情绪失控事实上与雌激素分泌过多也有很大关系。

如此看来,激素平衡不仅会影响到日常生活的和谐,还会引起生死相关的病症。不知大家有没有体会到它如此强大的影响力。

所以,我们有必要通过喝药及涂抹健康辅助产品等形式来调整我们的激素平衡。


【校对后译文】


“大脑疲劳时可以吃些甜食”

大家听过这句话吗?但是,你要是过分相信“工作累了来些甜食换换心情”这句话,也会发生危险的事情。

《让你轻轻松松年轻二十岁的天然激素疗法》(讲谈社社论刊)的作者藤森徹也表示,摄取甜食过多不仅会增加肥胖、糖尿病这些常见病的患病风险,还隐藏着让人害怕的其它危险,这些危险与人体激素有很大关系。具体有哪些风险呢?就此,我们进行了详细的咨询。

1.为何绝经后,高血压和动脉硬化的风险会骤然升高?

—— 究竟“激素”在体内是如何发挥作用的?

藤森:激素是在体内形成,极其微量却能给身体带来特殊影响的物质。

激素可以调节体内的新陈代谢,促进细胞及组织的生成,可以影响女性的生理周期和男性的精子产生等诸多方面。

激素“在年轻的时候分泌旺盛,随着年龄增长就会渐渐不再分泌”,它会影响到我们的睡眠、食欲及心情状态,具有保持“年轻”的重要作用,所以若是激素分泌不足就会加速我们衰老。

正因为如此,有人提出通过补充容易缺失的激素从而阻止“衰老”的进程。我和我的团队进行的天然激素疗法正是从这种观点发展而来。

——大家一听到“激素”这个词,有很多人都会联想起与“美容”相关的话题。激素的确是与“衰老”有很大的关系吧?

藤森:准确地说,激素平衡与“健康状态逐步恶化”引起的衰老有很大关系。它会导致心脏病与癌症的患病风险。

例如,日本女性的绝经平均年龄为五十岁,绝经之后女性的雌激素慢慢地就不再分泌。

雌激素能扩展血管,绝经之后的女性血管容易变得狭窄,硬化。因此,五十多岁的女性有不少患高血压和动脉硬化。

——雌激素是分泌的越多越好吗?

藤森:不是,情况并不是这么简单。雌激素分泌过多也有不好的影响。

雌激素可以促进细胞繁殖,若是癌细胞与雌激素相结合就会增加癌细胞的生成。另外,现代人的饮食生活中,潜藏着很多增加雌激素的“陷阱”。为了保持激素平衡,我们应该在饮食生活上也要多加注意。

——饮食生活中潜藏的“陷阱”,具体是指哪些食物呢?

藤森:例如,“为解压”而过度摄取甜食这一行为就很危险。

身体内若摄取过多的糖分,糖质,不能被身体吸收的部分就在脂肪细胞内被作为脂肪堆积在体内。

脂肪细胞中的芳香化酶会让人体内的雄激素转化为雌激素。所以脂肪细胞越多雌激素也会增多。这就会引起与女性的另一激素黄体酮之间的激素失衡。

黄体酮具有抑制雌激素生成的作用,若是这两个激素之间的失衡被打破,会给身体带来很大的负面影响。

——摄取甜食过多,最终会提高患癌风险,这让我们有些意外。

藤森:的确如此。即便不会发展到癌症这一步,但女性情绪失控事实上与雌激素分泌过多也有很大关系。

如此看来,激素平衡不仅会影响到日常生活的和谐,还会引发关系到生死的疾病。不知大家有没有体会到它如此强大的影响力。

所以,我们有必要通过服药或涂抹药膏等方式来调整我们的激素平衡。



翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583