翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度激励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 人人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

他の動物よりも社会性が豊かであるから

シニア犬や個体差によって散歩嫌いなワンちゃんもいますが、多くのワンちゃんは散歩がとても好きです。
『お散歩に行こうか』と誘うと、尻尾フリフリで玄関ドアーの前で待っていたり、自分でリードを咥えて持って来たりするワンちゃんもいます。
『犬はどうしてそんなに散歩が好きなのだろう?』
こんな疑問を持った事はありませんか?

犬が散歩を好むのには理由があります。
犬は猫や他のペットと異なり『社会性がとても豊かな動物』です。
家族の一員になってからは家族という群れの中で行動しますが、散歩によって地域社会の色々な人や沢山の犬と出会ったりする事を楽しんでいます。
犬は散歩によって活き活きとする特徴を持った動物なのです。

散歩

また、飼い主さんにリードを持ってもらい一緒に出かける事で、絆と信頼関係が深まるのも犬にとっては何より嬉しいもと感じています。
そのため犬の散歩は1日の中で最大の楽しみとなっています。

健康維持と社会化のために散歩は必要

犬と生活している以上、1日に1~2回の散歩は欠かせません。
それは『運動不足』『社会化不足』『刺激不足』の3不足にさせないためです。
どの項目が欠けても問題が生じる事は間違いありません。
このことからも散歩の重要性をしっかり考えなければなりませんね。

<運動不足>

小型犬は沢山の運動量は必要ではありませんが、適度に歩いたり走ったりして筋肉をつけさせなければなりません。
運動不足になると筋肉が衰え関節に負担がかかります。
特に関節の弱い小型犬には、適度な散歩は必要です。
また、大型犬も散歩しないと運動不足は勿論の事、確実にストレスが溜まります。

ストレスが溜まると精神的に病んでしまい、問題犬になってしまうケースが多々あります。
そして運動不足になると筋肉量が低下して老化を早めてしまいます。
大型犬は小型犬に比べて老化が早いと言われていますので、毎日の散歩は余程の理由がない限り必要不可欠となります。

<社会化不足>

散歩によって犬は様々な刺激に触れる事ができ、それが社会化に繋がります
沢山の刺激を経験している犬は問題行動が出難くなります。
逆に散歩をしない犬は、そう言った刺激に慣れる機会が無くなりますので、警戒心が強くなったり臆病になったりします。
それにより無駄吠えしたり攻撃性が強くなったりすることで、問題行動を起こす原因となる場合が多い様です。

<刺激不足>

脳に刺激を与えないと、シニア期に入って認知症を発症するリスクが高まります。
犬は目,耳,鼻で沢山の刺激を感じます。
それが脳を働かせる事になりますので、シニア犬になっても適度な散歩をさせる様にして下さい。

また、歩行が困難なワンちゃんはキャリーバッグやバギー,カートに乗せてあげても良いでしょう。
たとえ自分の足で歩けなくとも、外の空気に触れたり他の犬や人に触れることが刺激となって大変喜びます。

バギーに乗る犬

犬にとっての散歩は良い事ばかり

散歩は愛犬にとって心身ともに健康になれる『playfield』なのです。
飼い主さんにしても愛犬と散歩する事で健康になれるのですから、これはもう一石二鳥ではないでしょうか!
また、散歩をする事で期待できる効果も沢山あります。

ではその効果をいくつかご紹介します。

飼い主さんと愛犬とのコミュニケーションの場となる太陽の光に当たる事でビタミン?が合成されカルシウムの吸収を促進するニオイ嗅ぎをする事により周囲の情報が得られてストレスの解消になる犬同士のニオイ嗅ぎで会話をしながら、お互いの体調や環境の情報交換が出来る季節を感じる事が出来るので換毛を促す外の環境に触れる事で人間社会で上手に生活するための経験となる適度な運動が出来る事で新陳代謝を促し、健康な体が作れて美しい被毛を保つ

まとめ

ここまでは散歩について良い事ばかり述べて来ました。
しかし注意しなければならない事もあります。
やはり一番注意しないといけないのは交通事故でしょう。
『うちの子は大人しいから大丈夫』と思っていても細心の注意が必要です。

散歩中の犬は何らかの要因で突然走り出したりする事はよくあります。
ですので『マテ』『ヨシ』のコマンド(英語でも良い)は覚えさせ、更には【呼び戻し】が出来るように躾けておきましょう。

マテ

愛犬を守るためには油断をしない事が最も大切です。

また、犬は暑さに弱い動物ですので、夏になると熱中症に気を付けてあげなければいけません。
犬は身体中を被毛に覆われていますので、例えるならコートを一枚羽織った状態だと言えます。
なので暑い時期の散歩は涼しいうちの早朝か夕方にした方が良いでしょう。

地面が熱いと肉球が火傷する可能性がありますので、これも注意しなければなりません。
我が家の場合、6月の中旬頃からクールベストを装着して散歩させます。

クールベスト

大切な愛犬を守るためには、やはり準備を怠らない事が大事だと思います。
順次万端整えて、愛犬と楽しく散歩してコミュニケーションを取り、信頼関係と絆を深めて行きましょう。

【原译文】

因为狗比起其他动物有丰富的社会性
成人犬有个体差异,可能有些犬类不喜欢散步,但大多数犬类还是喜欢散步的。
“咱们散步去吧”,这样对爱犬说,他们马上会摇着尾巴等在玄关的门前,甚至会自己叼来遛狗绳。
“为什么狗这么喜欢散步呢?”
你有没有想过这个问题呢?
狗喜欢散步是有理由的。
狗不同于猫等其他宠物,是“社会性非常丰富的动物”。
作为家庭的一员,在家庭这个群体中行动。散步可以接触到地区社会各种各样的人,也能同其他狗伴相聚,是一件令它享受的事情。
狗在散步的时候非常活跃,这是它的特征。

散歩

另外,主人牵着遛狗绳一起外出散步,加深彼此的情感和信赖关系,这对于狗来说也是令它非常愉快的。
为此,每天散步是狗最大的期待。


为了保持健康和社会化,有必要散步
养狗以后就不可避免每天要散步1-2次。
这是为了不让狗陷入“运动不足”“社会化不足”“刺激不足”3不足。
少了哪个项目都毫无疑问会发生问题。
为此,不得不好好考虑散步的重要性。
<运动不足>
小型犬不需要太多的运动量,适当散步和奔跑,让它拥有肌肉。
运动不足会导致肌肉萎缩,从而加重对关节的负担。
特别是关节薄弱的小型犬,适度散步是非常必要的。
另外,如果大型犬不散步当然会导致运动不足,而且还会对它造成一定的压力。
有压力就会患精神疾病,成为不良犬类,这种例子非常多。
而且运动不足,导致肌肉量下降,也会过早老化。
有说法是大型犬比小型犬更快老化,如果没有特别的理由,每天散步还是必不可少的。
<社会化不足>
散步会让爱犬接受各种刺激,这与其社会化紧密相连。
经历过很多刺激的犬类就不容易做出出格的举动。
反过来,不散步的犬类没有机会习惯这种刺激,警戒心强或会抑郁。
由此导致爱犬无故犬吠,变得越来越具有攻击性,从而成为导致其做出出格举动的原因的情况很多。
<刺激不足>
如果不给大脑刺激,到了成人犬阶段发生老年痴呆的风险会很高。
犬类会通过眼睛、耳朵、鼻子感受刺激。
这些都会使大脑活动。爱犬长大后应该适当让它散步。
另外,对于行走困难的爱犬,可以把它们放入拎袋(carry bag)、婴儿车(buggy)或手推车(cart)中比较好吧。
自己虽然腿脚不便无法走路,但能接触到外面的空气,见到其他狗伴,对这种刺激是相当高兴的。

バギーに乗る犬


对狗来说散步是好事
散步,对于爱狗来说是保持身心健康的“室外运动场”(playfield)。
对于主人来说,与爱犬一起散步也能保持健康,可以说这是一石两鸟的好事吧。
另外,散步所带来的效果还有很多。
在这里,介绍几个散步效果:
散步能加强主人与爱犬的交流,在阳光下维生素的合成能促进钙的吸收,闻气味能获得周围的信息,消除压力。犬类在一起通过闻气味交流,感受对方的身体状况,交换环境信息,感受季节变化。接触有助于换毛的外部环境,也为了能在人类社会中更好生活,适当的运动能够促进新陈代谢,能保持健康的身体和漂亮的毛色。


总结
这篇文章阐述了散步的好处。
但也有一些注意事项。
还是一定要注意避免交通事故的发生。
“我家狗很温顺,一定没问题”,话虽如此,但还是细心为好。
在散步的过程中,经常会发生不知何原因,狗会突然跑起来的情况。
所以,让爱犬记住“wait”“good”等指令(用英语比较好),为了更容易“叫回来”做一些训练吧。

マテ

为了保护爱犬,最重要的是不能犹豫。
另外,狗不耐炎热,在夏天要注意不要让爱犬中暑。
狗全身匹毛,可以说就像穿上一件大衣。
所以,天热的时期选择在早晚比较凉爽的时间为好。
地面很热,有可能会烫伤爱犬的肉垫,这个也要注意。
我家的情况是,在6月中旬会为爱犬穿上降温背心(cool vest)去散步。

クールベスト

为了保护爱犬,在做好准备上不能掉以轻心。
做好万全的准备,同爱犬享受散步,进行交流,加深彼此的信赖关系和感情吧。


【校对后译文】


因为狗比起其他动物更加富有社会性

因年龄或个体差异的不同,有些犬类也不喜欢散步,但大多数犬类还是喜欢散步的。

“咱们散步去吧”,这样对爱犬说,他们马上会摇着尾巴等在玄关的门前,甚至会自己叼来遛狗绳。

“狗为何如此喜欢散步呢?”

你有没有想过这个问题呢?

狗喜欢散步是有理由的。

不同于猫等其他宠物,狗是“社会性非常丰富的动物”。

成为家庭的一员后,在家庭这个群体中行动。通过散步可以接触到地区社会各种各样的人,也能同其他狗伴相聚,是一件令它享受的事情。

狗在散步的时候非常活跃,这是它的特征。

另外,主人牵着遛狗绳一起外出散步,能够加深彼此的情感和信赖关系,这对于狗来说也是令它非常愉快的事情。

因此,每天散步是狗最大的期待。

为了保持健康和社会化,狗需要散步

养狗以后就不可避免每天要散步1-2次。

这是为了不让狗陷入“运动不足”“社会化不足”及“刺激不足”等3种不足中。

少了哪一项,毫无疑问都会发生问题。

因此,需要充分地考虑散步的重要性。

<运动不足>

小型犬不需要太多的运动量,但也需要适当的散步和奔跑,来增加它的肌肉量。

运动不足会导致肌肉萎缩,从而加重对关节的负担。

特别是关节薄弱的小型犬,适当散步是非常必要的。

另外,大型犬不散步不仅会导致运动不足,而且还会对它造成一定的压力。

积蓄压力引发精神疾病,成为不良犬类的例子非常多。

而且运动不足,导致肌肉量下降,还会导致加速衰老。

所说大型犬比小型犬的衰老速度更快,如果没有特别的理由,每天散步还是必不可少的。

<社会化不足>

散步会让爱犬接受各种刺激,这与其社会化紧密相连。

经历过很多刺激的犬类就不容易做出出格的举动。

反过来,不散步的犬类没有机会习惯这些刺激,会导致其变得警戒心强或变得胆怯。

由此导致爱犬无故吠叫,变得越来越具攻击性,从而成为致使其做出出格举动的原因的情况很多。

<刺激不足>

如果不刺激狗的大脑,到了成年犬阶段发生老年痴呆的风险会增高。

犬类会通过眼睛、耳朵、鼻子感受刺激。

这些都会使大脑活动。爱犬长大后应该适当让它散步。

另外,对于行走困难的爱犬,最好把它们放入拎袋(carry bag)、婴儿车(buggy)或手推车(cart)中去散步。

自己虽然腿脚不便无法走路,但对于触到外面的空气、见到其他狗伴或人,的产生刺激是非常高兴的。

对狗来说散步是好事

散步,对于爱犬来说是保持身心健康的“室外运动场”(playfield)。

对于主人来说,与爱犬一起散步也能保持健康,可以说这是一举两得的好事吧。

另外,散步所带来的效果还有很多。

在这里,就向大家介绍几种散步效果:

散步能加强主人与爱犬的交流,在阳光下维生素的合成能促进钙的吸收,闻气味能获得周围的信息,消除压力。犬类在一起通过闻气味交流,感受对方的身体状况,交换环境信息,感受季节变化。接触促进换毛的外部环境,也为了能在人类社会中更好生活,适当的运动能够促进新陈代谢,能保持健康的身体和漂亮的毛色。

总结

这篇文章阐述了散步的好处。

但也有一些注意事项。

还是一定要注意避免交通事故的发生。

“我家狗很温顺,一定没问题”,话虽如此,但还是需要细心的注意。

在散步的过程中,经常会出现不知何种原因,狗会突然跑起来的情况。

所以,让爱犬记住“wait”“good”等指令(用英语比较好),为了更容易“叫回来”做一些训练吧。

为了保护爱犬,最重要的是不能犹豫。

另外,狗不耐炎热,在夏天需要注意不要让爱犬中暑。

狗全身被毛,可以说就像穿上一件大衣。

所以,天热时,散步选择在早晚比较凉爽的时间为好。

地面很热,有可能会烫伤爱犬的肉垫,这个也要注意。

我家的情况是,在6月中旬会为爱犬穿上降温背心(cool vest)去散步。

为了保护爱犬,在做好准备上不可掉以轻心。

做好万全的准备,同爱犬享受散步,进行交流,加深彼此的信赖关系和感情吧。




翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583