翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
原文译文对照
原文译文对照

返回译文

戦乱の歴史の生き証人である古橋と
若者たちが力漕するボートとの
対比が鮮やかに

日本最大の湖である琵琶湖には119本もの河川が注ぎ込んでいるが、琵琶湖から流れ出ている河川は、瀬田川だけである。その瀬田川には古来より一本の橋が架かっており、「瀬田橋」「大橋」「長橋」などと称されていた。

京都と東域を陸路で結ぶ交通の要衝だったこの橋は、672(天武元)年の「壬申(じんしん)の乱」以降、何度も歴史的な合戦の舞台となり、「瀬田橋を制する者は天下を制する」とまで言われた。まさに京都防衛上の、最重要地だったのだ。

その瀬田橋が「唐橋(からはし)」の名で親しまれるようになったのは、鎌倉時代のこと。瀬田橋が新たに唐様(中国風)の橋に架け変えられたことから、いつしかそう呼ばれるようになった。

以後も、「承久(じょうきゅう)の乱」や「建武(けんむ)の戦い」など、数々の戦火にみまわれ続けた唐橋は、織田信長の命を受けた山岡景隆(かげたか)(瀬田城主)によって、1575(天正3)年に現在地に移された。それ以前は現在地よりも少し上流に架かっていたことが、調査で確認されている。

だがその7年後に、明智光秀による「本能寺の変」が発生。光秀の安土攻めを阻止しようとした山岡景隆は、ただちに唐橋と瀬田城を焼き払ったものの、光秀軍はすぐにそれを修復して、信長の居城であった安土城へと侵攻。しかし「山崎の合戦」で秀吉軍に完敗した光秀は、「三日天下」で生涯を閉じた。

こうした長く凄まじい戦乱の歴史を経て、唐橋にようやく平和が訪れたのは、江戸時代になってからのこと。かつては生々しい戦場であり戦跡であった「瀬田の唐橋」は、やがて風光明媚(めいび)な景勝地として人気を博するようになり、近江(おうみ)国(現在の滋賀県)の優れた景観を選定した「近江八景」でも、「瀬田の夕照(せきしょう)」として讃(たた)えられるようになる。

さらに、歌川広重が描いた浮世絵や、「五月雨に隠れぬものや瀬田の橋」「橋桁の忍は月の名残り哉(かな)」といった松尾芭蕉の句などにより、唐橋の名は広く全国に知れ渡った。

ちなみに、「瀬田」という地名は古来より、「勢多」「勢田」「世多」等々、様々な表記が用いられてきた。それを行政が「瀬田」に統一したのは、1889(明治22)年のことである。

実は私は20年ほど前に、「琵琶湖」はどこから「瀬田川」になるのかを、現地を歩いて調べたことがある。その結果、琵琶湖と瀬田川の境界は、滋賀県立琵琶湖漕艇場(そうていじょう)のすぐ下流(大津市玉野浦字高砂2179番地2地先)であることがわかった。そこには、河川管理境界を示す、大きな標識が建てられている。

その琵琶湖漕艇場では毎年、日本で最も参加クルー数の多い朝日レガッタや様々な競技大会が開催され、関西ボート界の一大拠点となっている。 周囲の河畔には多くの大学や企業の艇庫が並んでおり、ボート部員たちは琵琶湖漕艇場から瀬田川洗堰(あらいぜき)間を主な練習区域として、日々の鍛錬に余念がない。

私はその練習風景をぼんやりと眺めているのが、大好きだ。日本有数の古橋として、戦乱のたびに若者たちの血で塗られたであろう瀬田の唐橋を、現代の若者たちが力漕するボートがくぐり抜けてゆく様は、ただそれだけで、時代の平和を想わせてくれる。

【原译文】

战乱历史活生生之证人的古桥
与年轻人奋力划行的赛艇形成的鲜明对比


日本最大的湖泊琵琶湖有119条河川交汇流入,但从琵琶湖流出的河川却仅有濑田川一条。而这条濑田川上自古就架设着一座被称为“濑田桥”、“大桥”、“长桥”等的桥梁。


此桥作为京都与东部地区陆路连接的交通要冲,自公元672(天武元)年的“壬申之乱”以来,数度成为历史性战役的舞台,甚至有言道“得濑田桥者得天下”。可见此桥的确是京都防御中最重要的地方。


镰仓时代,这座濑田桥以“唐桥”之名深受人们的喜爱。由于濑田桥重建改成全新的唐朝样式(中国式)桥梁,不知不觉就出现了这样的称谓。


此后,屡次遭受“承久之乱”、“建武之战”等战火侵袭的唐桥,由山冈景隆(濑田城主)受织田信长之命,于1575(天正3)年移建至如今的所在地。通过调查确认,此前该桥架设在距离如今所在地不远的上游之处。


然而,移建7年之后,明智光秀发动“本能寺之变”。山冈景隆为了阻止明智光秀攻打安土,立即烧毁了唐桥与濑田城,但是,光秀军马上将桥修复,向信长的居城安土城发起进攻。不过,明智光秀在“山崎之战”中被丰臣秀吉的军队完败,结束了“三日天下”的人生。


到了江户时代,经历如此漫长而动荡的战乱历史,唐桥终于迎来了和平时期。不久之后,曾经作为硝烟四起的战场及战后遗迹的“濑田唐桥”,变成了风光明媚的名胜之地赢得了人们的喜爱,在以近江国(现在的滋贺县)的优美风景汇集而成的“近江八景”中,被誉为“濑田夕照”受到人们的称赞。


之后,随着歌川广重所画的浮世绘,以及“梅雨越千里,万物朦胧梦中忆,濑田桥独立”、“桥桁最隐忍,惜别明月思念多,忆昔常错愕”之类松尾芭蕉所作的俳句等,使唐桥之名在日本全国广为人知。


顺便说一句,“濑田”这一地名,自古以来就有“势多”、“势田”、“世多”等各种各样的写法。1889(明治22)年时,政府将其统一成为“濑田”。


事实上,大约在20年前,我曾在当地走访调查“琵琶湖”从哪里开始变成了“濑田川”。结果发现,琵琶湖与濑田川的边界位于滋贺县立琵琶湖赛艇场不远的下游处(大津市玉野浦字高砂2179番地2地附近)。那里为了显示河川管理边界,建造了大型的标识。


琵琶湖赛艇场每年都会举办日本参加队伍数量最多的朝日划艇赛以及各种各样的竞技比赛,正在成为关西赛艇界的一大据点。周围的河畔林立着众多大学和企业的赛艇库,赛艇部的成员们以琵琶湖赛艇场至濑田川堤坝间的区域为主要练习区,每天专心致志地进行训练。


我最喜欢呆呆地盯着看他们练习的样子。只是看着当代的年轻人们划着赛艇穿过作为日本屈指可数的古桥,每次战乱都会沾染上年轻人鲜血的濑田唐桥的情形,就会让我联想到时代的和平。



【校对后译文】


战乱历史的无言活证人——古桥
与年轻人奋力划行的赛艇
对比鲜明

日本最大的湖泊琵琶湖有119条河川交汇流入,但从琵琶湖流出的河川却仅有濑田川一条。而这条濑田川上自古就架设着一座桥梁,它被称为“濑田桥”、“大桥”、“长桥”等,有多种叫法。

此桥作为京都与东部地区陆路连接的交通要冲,自公元672(天武元)年的“壬申之乱”以来,数度成为历史性战役的舞台,甚至有言道“得濑田桥者得天下”。可见此桥的确是京都防御中最重要之地。

镰仓时代,这座濑田桥以“唐桥”之名深受人们的喜爱。由于濑田桥重建改成全新的唐朝样式(中国式)桥梁,不知不觉就出现了这样的称谓。

此后,屡次遭受“承久之乱”、“建武之战”等战火侵袭的唐桥,由山冈景隆(濑田城主)受织田信长之命,于1575(天正3)年移建至如今的所在地。通过调查确认,此前该桥架设在距离如今所在地不远的上游之处。

然而,移建7年之后,明智光秀发动“本能寺之变”。山冈景隆为了阻止明智光秀攻打安土,立即烧毁了唐桥与濑田城,但是,光秀军马上将桥修复,向信长的居城安土城发起进攻。不过,明智光秀在“山崎之战”中被丰臣秀吉的军队完败,结束了“三日天下”的人生。

到了江户时代,经历如此漫长而动荡的战乱历史,唐桥终于迎来了和平时期。不久之后,曾经作为硝烟四起的战场及战后遗迹的“濑田唐桥”,变成了风光明媚的名胜之地赢得了人们的喜爱,在以近江国(现在的滋贺县)的优美风景汇集而成的“近江八景”中,被誉为“濑田夕照”受到人们的称赞。

之后,随着歌川广重所画的浮世绘,以及“梅雨越千里,万物朦胧梦中忆,濑田桥独立”、“桥桁最隐忍,惜别明月思念多,忆昔常错愕”之类松尾芭蕉所作的俳句等,使唐桥之名在日本全国广为人知。

顺便说一句,“濑田”这一地名,自古以来就有“势多”、“势田”、“世多”等各种各样的写法。1889(明治22)年时,政府将其统一成为“濑田”。

事实上,大约在20年前,我曾在当地走访调查“琵琶湖”从哪里开始变成了“濑田川”。结果发现,琵琶湖与濑田川的边界位于滋贺县立琵琶湖赛艇场不远的下游处(大津市玉野浦字高砂2179番地2地附近)。那里为了显示河川管理边界,建造了大型的标识。

琵琶湖赛艇场每年都会举办日本参加队伍数量最多的朝日划艇赛以及各种各样的竞技比赛,正在成为关西赛艇界的一大基地。周围的河畔林立着众多大学和企业的赛艇库,赛艇部的成员们以琵琶湖赛艇场至濑田川堤坝间的区域为主要练习区,每天专心致志地进行训练。

我最喜欢呆呆地盯着看他们练习的样子。只是看着当代的年轻人划着赛艇穿过日本屈指可数的古桥——每次战乱都会沾染上年轻人鲜血的濑田唐桥——的情形,就会让我联想到时代的和平。



翰文网微信公众号每日推荐译者精彩译作

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计