翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度激励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 人人都可以成为翻译家!
首页 » 外译中 » 思想 » 辺芹:マレーシア航空の行方不明の事件に対する西国メディアと私たち

标题:辺芹:マレーシア航空の行方不明の事件に対する西国メディアと私たち

  • 陆羊 登山者
  • 加入时间:2013-04-15 积分:1140

本文于 2014-04-09 14:08 提交 | 评分:5 | 已有 294 人浏览

私たちは一つの事件に対して、仕事の仕方(能動と受動)や目的(世論の発展方向をコントロールし、発言権や情報伝播をすること)が全然違っているメディアの反応と彼らから出してきた結果を比較したいなら、あらかじめ事件の性質を判明しなければならない。事件の性質はただ中国のメディアの仕事量を変え、基本的な仕事の仕方に大きく変化をもたらすのに対して、この性質は西国のメディアに仕事の仕方を徹底的に影響を与えられる。どれはどうしてだろうか。

 

私はすでに出版された『誰が世界を監督している』や『転覆される文明』という二つの文集で、西国メディアの仕事の目的や仕方を深く検討したのである。それらの文章を綿密に読まば、普通に西国メディアはある事件についての仕事の仕方タイプ(事件の性質にしたがって大きく変化をもたらすこと)から事件の性質をひっくり返して導き出すことができるが、西国の干渉あるいは陰謀も逆に論証できる。

 

マレーシア航空の旅客機が行方不明した後、私はフランスメディアの報道に細心の注意を払った。そして何か月のウクライナ政局についてのニュースを比較したら、著しい境界線があるように:ウクライナに対して世論が事件の起きた前に載せられたが、すなわちメディアは事件を導き、ニュースを作った。これによって、重要なメディアを通じて情報を手に入れたフランス人はウクライナで起きた事件がほとんど知らなかった。何か月から天地を覆い隠すように彼らの頭の中に注いだものは、「腐敗」や「独裁者」であるヤヌコビチ(彼の政府は民選政権であったことがおおっぴらに消したことができる)が西国のことを熱望しているウクライナ人民の利益を裏切り、「邪悪的」な「暴君」というプーチンの陣営に回って、人民の反対を招いてきた。人民は「西国の民主」がほしく、「ロシアの専制」(民選かしないかにとどまらず、専制を名づけるにもしょうがない)を捨て、平和で合法な抗議を通じ、「独裁者」というヤヌコビチ(民選で、ただ一回任期も終わらなかった独裁者はどこで探し出せるのか)を追い払い、「民主政権」を創設し、西国の「民主自由」へ走って行った。これはフランスメディアの何か月以来、ウクライナについてのニュースの要点であったが、マークを付ける言葉が、私から作り出したものではなく、西国のメディアのつなぎとめた「リレー」言葉であった。彼らは先に事件の性質を確定し、解釈権を独占したのであった(民衆に何の自分の判断を失わせた)。

 

ウクライナの報道に対し、マレーシア航空の旅客機の行方不明についての報道は「受動」と形容されてもよかった。受動は一貫して西国メディアの仕事の仕方ではないが、ここで言った「受動」もただ彼らの「能動」に対していうものであった。すなわち完全に事件を導くことから事件を追跡することまでに変化したが、事件の発展方向を計画することではなかった。この点はある大きな国際事件が「世界統治グループ」から直接に計画することか、偶然に発生することかの鍵である。「直接計画」の典型的な特徴は西国のメディアが先頭に立ち、メディアの指導から完成される。もちろん、「直接計画」である世の中に知らせたくないこともある。その時、「軍団」の口が一切に堅くなる。「直接計画」と「偶然突発」の間、「中性事件」ということもある。たとえば「昆明3·1恐怖の暴力事件」は、「直接計画」ではなかったが、完全に「偶然突発」でもなかったが、実は長期的に「世界統治グループ」から闇に励まし、推進したことから発生した事件であった。こんな事件に対し、西国メディアの仕事の仕方はここで述べた二つ種類の事件についての報道方式に大きく区別をつけて、低調する気が読める(2008年チベット3·14恐怖の暴力事件の大げさには直接に計画したからであった)が、解釈権をしっかりとコントロールしていた(西国の重要なメディアは恐怖の暴力事件の定性ということを一切に避けた)。西国メディアが「世界統治グループ」の中でどんな役割を演じたことを分かっていない人は、「メディアが西国の各政府が恐怖の暴力事件を激しく責めたということに跡を従わなかったことをメディアの『独立的』な表しと思うが、『グループ』の権力リストで、民選内閣がメディア直系に比較できず。民選政客が交代できるけど、メディアが絶対に独占的である。それとも、核心人物は終身的、さらに世襲という身分を持っている」ということを分からない。

 

これによって、何年の観察を加えて、西国メディアの是非を転倒する程度、能動と受動の程度、高調的あるいは低調的な態度ということからある国際事件は何の性質をもつことを大体に判断できる。西国メディアは是非を転倒することがけし、事件が偶然突発であれば、確実に事件を定性できる。そこで、マレーシア航空の旅客機が行方不明の報道から見れば、この事件も後ろの可能性に分類される。

 

西国メディアが国際事件を報道しているニュースから、私たちもただこの部分から大体に客観的な情報を手にいれ、事件の真相をわざと行動と目的が一致しないということを見通せない。この前の文章も私が書いたが、「組織的なリレーが言語の動きをコントロールできて、情報の源が自分が把握できるのを確実し、事件の解釈権をしっかりとコントロールしていることが思想をコントロールできる。このような二つのことから、発言権をしっかりと手に入れていることができてくる。そのために意識形態における義勇軍は組織が構成的で紀律を守って秘密的に力を合わせる(公開的に協力してから信用力が失っていく可能性がある)必要がある。これによって普段『独立的な』メディアは(非伝達性を持つ情報にとって)違っている目的を持ちそれぞれ自分のことをしているが、戦時中(伝達の必要がある情報にとって)口をそろえて同じことを言っていく。」このような高度的に西国メディアの仕事の目的と仕方から見れば、マレーシア航空の旅客機が行方不明についての報道は非「戦時」的な「普段」の仕事であって、ニュースの性質も「非伝達性を持つ情報」を名づける。「非伝達性を持つ情報」と言ったら、あとを追跡して報道することや大げさに宣伝することではなく、口をそろえて情報を伝達する必要がないことで、普通に報道者の自由度が高く、自分の才能を存分に発揮できるということである。しかし、報道の方式に制限していることがあるから、乗り物(飛行機、列車、船舶など)がどの国に所属し、旅客の構成によって、報道方式は著しいあるいは微妙な違うことを持っている。

 

西国メディアを「軍団」と例えた理由は、このような内的な、技法を知らない傍観者の見えない組織性と紀律性からである。たとえば飛行機に乗っている旅客が大体中国人であるから、西国メディアは先に低調的、人道主義の視点を避けて報道方式を取れ、西国メディアが個人的な運命を注目したことが見えなかったうえで、テレビでもキャンドル、生花などの画面が映らなかった。中国旅客家族の気持ちが傷つけできたことを分かったことから数十日をさかのぼって、重要なメディアは中国旅客家族への大写しが少ないが、大写しがあっても事件の起きた当日気持ちがコントロールできなかった人々やマレーシアの開いた記者会見で騒いでいた人々を写るしかなかった。これは中国人に悲しい雰囲気を作って上げることを避けたためであったが、この150の旅客がアメリカ人であり、テロ攻撃の名もつけられば、報道方式はひっくり返して作られ、きっと全世界の人々に涙を流せてきたように宣伝した。私たちは前の文章に書かれたが、ただ相手を妖怪化するときに悲しい雰囲気を作り、事件の被害者の個体運命を拡大する必要がある。2009年フランス航空の墜落事件が、西国自分の航空会社である上、特にエアバスやボーイングを妖怪化できないから、事件の起きた後墜落した飛行機と起きた原因にメディアの報道は注意をつけた。飛行機に乗ったフランス人の旅客が名前も名字も知らなかった全体が画面に映され、個体運命がこの状況で大げさに宣伝されなかった。もしそれはテロ事件だったら、報道の方式は全然違った。

 

しかし私が、西国メディアははじめに控えめな論調から大げさになったことは、事件の非常的な性質を現し、ただ中国人が百人以上死んだ飛行機事故ではないが(西国以外の世界で百人ぐらい死んだ事故は、西国メディアから見れば、世論を作って何の政治的な目的を果たさないなら、話にならないことである)、航空の歴史上で出たことがなかった不思議な事件となってから、西国メディアが発言権を失うことができなかったということを気づいた。このような拡大し続けてきたグローバル話題に対して、解釈権を「世界下層部」に捨て渡すわけがあるのか。西国メディアは受動から能動に変わったら、情報の動きの核心が直ちに自分の手につかんだ。彼らは情報の源をコントロールしたこと、解釈権を捕獲したことという能力や政策を持っていた。さらに西国メディアは中国旅客家族の数人がクアラルンプールの記者会見で騒いだことから、事件に小細工を仕掛けられた隙を見つけて、使命感がいっそうに上昇していき、日ごとに中国旅客の家族の悲しさを事件の中心に進めていった。これは西国メディアが事件をある方向へ発展させていくと利用価値が出ることに気づき、世論を作り始め、事件を主導的に働いたことになった。中国とマレーシアの関係を悪くなっていかせることが宣伝できたら、さらに中国政府を人民の恨む対象となさせることができるなら、どうしてもっともっとがんばらなかったのか。実に彼らは注意深くて鋭くてこんな行動を行った。そしてこのような職業を選んで、ただ生活の手段としている人が少ないが、使命を身にしているからである。計略が心に存在し、自分の図りを隠し、画面を支配し、言葉を選択する方法をよく知っていて、偶然にもらすことがほとんどない。これは中国人の中で外国語すら話せる方々も迷わせて、話の中身をわからない理由であった。

 

事件の偶然的な性質を基本的に確実する基で、私たちはマレーシア航空の旅客機が行方不明事件について西国メディアと中国メディアの報道を相対的に公平で比較できる。ただ偶然的な事件に対して、西国メディアと中国メディアはある目的に合致してそれぞれ真相を追跡できるからである。どうしてすべての点ではなくただある点に合致しているのか。それは真相を求めることが西国メディアの主な役目ではないが、もっと重要な役目をになっている:世論の方向を主導し、発言権を独占することである。そのために、情報の源を一貫して把握し、解釈権もしっかりとコントロールしている。この二つの要点こそ、西国メディアの存在理由である。論理的な推理をしたら、あるメディアの仕事目的がただ情報を伝達していく(あるいは知る権利を保障する)のなら、「情報の源を把握し、解釈権をコントロールしている」というような高いレベルを持つ存在理由はちょっと専制気味であるが、ただ最高統治権にとってこれが生きていく理由となろう。このような能力と意識の必要があれば、一群れの書生らが情報を伝え、事件の真相を掘り出すことにとって、形を変えただけの専制を身につけさせるのか。これこそ、西国メディアと中国メディアを比較するときわからなければならないもっとも重要な境界線であって:西国メディアは統治権そのもの(重要な部分)であるが、中国メディアは統治権と民衆の間で存在し、権力が強ければ権力へ近寄って、権力が弱ければ、民衆へ近寄るのである。昔から中国人の書生たちはこんな役割を演じ、最高権力そのものとして西国の宣教師の持っている性質とは全然違っている。中国メディアはこの数十年、知らないうちに西国のスピーカーとなり続いてきた。だが、中国メディアの本質は西国のと違っているために、中性的な力として、最高権力の動きに従って移動し、拠点を変わっていく。これは本能のような自然なことである。

 

マレーシア航空の旅客機の行方不明の事件についのメディア競争を再び発言権を奪い合った戦争を比較すれば、西国メディアの腕前は優位に立ったことが決まっていた。発言権を奪い取った意識もほとんどなく、「情報の源の把握と解釈権のコントロール」をさらに存在理由とみなさない中国メディアは、人材の選抜も仕事の目的と仕方も西国メディアのライバルにならなかったが、スピーカーの役割を演じなかったことには幸運であった。これは客観的から見れば勝ちがたいことがあったが、自分の弱点も制限されていたからのであった。

 

まず、発言の勝利が実力の勝利である。私たちがメディアの力の強さからわかってきたことは、正直といえば「世界の上層部社会」とそちらの決めた「世界の下層部社会」の境界線であった。マレーシア航空の旅客機の行方不明の報道から中国メディアと西国メディアの力を比較すると、最も啓示されたことは中国メディアがどのように相手に敗北したことではなかったが、世界の内部がどこにあったのかと外部にあった私たちがどこにいるのかということであった。この数年間中国経済が速やかに発展するとともに、人々はGDPで世界を観察することを騙され、世界の二位をとったことを得意になりすぎた。今回のマレーシア航空の旅客機の行方不明の事件で、中国メディアと西国メディアは前線で競い合ったときから、普通に気に留めていないことが表面化してきた:

 

先頭に立つことというと、工業化し続いてきたこの世界は多くの核心技術が西国グループが独占しているが、飛行機のエンジンがその例である。技術を独占するなら、お金の流れをコントロールすることがやさしく、工業化の先進か遅れかが決められる上、世界の核心が世界の外部のことを完全にコントロールできるという意味を持っている。これは抜け目がない監視とコントロールであるが、上部構造における政治、経済、文化は手術台に置かれた(メディアをスピーカーとなることがコントロールされる特徴の一つ)から、毎エンジンがどのように運転しているまで、最初のデータも彼らの手に掴まれていた。このような力を比較してみれば、如来と彼が見下ろす世界のような意味を持っていた。外部は核心に向いて、なにも秘密もないが、全面的な監視が受けられる。これはマレーシアの飛行機が行方不明した後、最初の資料を手に入れた国が当事国ではなく、イギリスやアメリカ(前宗主国とその後継者)である原因であった。もし今回の墜落事件の経緯がこれまでにない複雑に入り組まなければ、このような力は深く明らかにされたことができなかった。これこそ、今の世界で最も目立っている真相である。これに対して、西国の文学映画のように繰り返して旧ソ連や東ドイツの秘密警察を見せる能力は、差がありすぎるともいえるが、この能力は全世界を対処する働きを持っている。これらのことに基づいて、私たちは中国メディアと西国メディアを比較すれば、なにもわからないような冗談になる。「外部」のメディアと「核心」のメディアがもともと同じスタートラインに立たないが、「核心」にいれば、中枢から離れたのも同じくこのような「能力」を持てない。

 

また、各「国際組織」というと、さらに国際連合に所属しているいくつかの「国際組織」の主人は、実は西国グループである。そうではなければ、「国際組織」という名をとることもできない。これも相変わらず核心主導、外部従属という関係を反応してきた。前世紀に植民帝国が終わったと共に世界秩序の本質を「独立」に覆われたようだが、今回のマレーシア航空の旅客機の行方不明の事件で放水して河床を見せるように現れた。今回は中国の記者ではなく、米英の記者が次から次へと内幕情報を得たことから証明されてきた。情報の世界には何らかの大同的な希望が存在していることと思う人々には、水をさせただけではなかったが、発言戦争の強い軍隊と弱い軍隊をやむを得ず見せた。これにとどまらず、力によって既に差別のある世界ランクを現してきた。十九世紀後、私たちが受け入れてきたこの現代的な概念をもつ「世界」は、根拠もなく作られてきたことでもないが、いくつかの強国の軍靴によって踏まれてきたことでもなく、さらに私たちの頭の中に地図で描かれた地理的な概念ということでもない。この世界は厳密的な組織者とリーダーがいて、各肝心なところで情報を把握し、規則を設定し、方向の動きを画策していく「世界」である。このような統治と被統治の秩序で、多くの平均的な情報配りもない。もちろん、スピーカーとなるのに決められること、少なくともスピーカーとなるのを避けること、そしてスピーカーとならないことの間で、融通を利かす余地でも存在しているが、すべて弱い側の意識に決まっている。

 

その三、この世界で表面的に関係がいい隣国がたくさんあるが、正直といえば、中国は孤独で頼る国が一つもない。この本質的な孤独は中国が人に喜ばれないからではないが、世の中が困難で危険だからである。先に言った「世界」に、次から次へと独立して安定してきた国々は、本当な独立性質をもつ上部構造がなくて、怪しい墜落事件でマレーシアのような中級的な発展国が、少なくとも前宗主国と大英帝国の後継者米国に振り回されている(上部構造の操縦を通じる)ことを明らかにあらわした。これはこの英国植民地から独立した国が自立した後、ほとんど動乱や流血したことがなくて、金持ちになって、西国メディアの攻撃を避けたという前提条件となった。私たちは西国メディアのわざと迷惑をかけないという手がかりから「帝国」その見えなくても洋々たる境界線をほとんど逆に推定できる。これによって、中国と確実な友たちをできた空間がなんとせまくなる。それにしても、私たちに頼る決意を持っている国があれば、私たちも自分に危険を差すことを心配する。事件が起きた後、マレーシア側はアジアの友好的な隣国で、事件の最も損害を受けた中国とはなく、米英と調査の内幕を分かち合った。人々から見れば、これが非論理的で非義理的である。しかし、私たちは、マレーシアはもし事件後先に中国と調査の内幕を分かち合えば、この政権が安定できるのか。西国によく「民主」「人権」というしっぽをつかまれているのか。分かち合った前に、この政権はカラーや花の革命に何回転覆されたということを知るべきであった。中国のこどりぼっちのさまは中国メディアが給力にならなかった言い訳とならないが、部分的に彼らから逃れられた。

 

その四、今にとどまらず、予見できてきた未来にまで、西国の記者はほとんど世界すべての国々で直接に政権を握っている政府あるいは在野の反対派を操ることを通じて、その国の上部構造へ直入できる。ここで招請されて記者会見を出席することや、地位高い官僚あるいは有名な人にインタビューしてきたことも、上部構造に入ることと一緒に並べられない。この受動的な近づくことが、ただ情報を伝えるという働きをかけた。ただ一国に影響を与えて内幕を捕獲するのは、上部構造へ入ることと見られる。この意味から見れば、中国メディアは目標に遠く離れ、さらにその意図や願いなどが完全にない。直接あるいは間接に所在国の政治を操って、情報を集めて、所在国の上部構造の思いに影響を与えるのは西国メディアが外国にいるまた特派記者の仕事の本質であることから見れば、中国メディアが調査の内幕を捕獲できなかったことも、なにもわからない冗談であった。これは中国と西国メディアの本質の違うことを表すと共に、先に述べた核心と外部、世界範囲での統治者と被統治者のはっきりした限界を表現してきた。一国の上部構造が西国グループをひそかに操られば、西国の記者は自分の裏庭に入るように、予め作られた門で堂々と入られる。いくつかの国で、これらの記者らはその国々の生きるまた死亡する大きな権利を分かち合っている。そのように差の大きな役割や勢力から、私たちが世界統治権との距離もわが記者と所在国の上部構造の距離でかなりな程度まで決められる。もちろん立派に規律を打ち破ったこともあるが、とても得難いものとみられる。一群れの弱い書生らがひと夜で007になることが確実に実際とかけ離れるが、私たちの実際的な状況はこれよりもっとまずいだろう。中国メディアの最大な問題は中古情報に対する分析と弁別する能力に輝かしいものがない。これこそ許されないが、「尖兵」となれないけど、少なくとも「防火壁」となるからであろう。

 

ことを計画するのは人だが、成功するかどうかは天命であるという諺がある。力の割合で、二つとも備えない方にとって、勝つ可能性がゼロである。実は私たちがほしいのは発言権を独占することではなく、力のバランスによって、侵害を受けないことである。そこで、防衛戦をうまくしたら、成功とみられる。これはことをうまく計画する必要がある。発言戦争は高い知能、固い実力のゲームで、百年のリードと遅れについての問題があるので、追いかける前にどんなものがほしいのをよく知っているから、どんな人を、どんなやり方で追いかけるのを分かってきた。

 

遅れを認めるには弱いところを知っている必要がある。裕福と貧乏はある程度で強さと弱さから決められるが、決定的な梃子の役割を演じない。それなら、サウジアラビアはどうしてこのような世界に駆け回っている「軍団」がないのか。自由かでないかということは、正確な答えを離れさせる人造的な餌である。大勢な金を払い、進言の道を広げ、外国語だけできる人々を募集して外へ派遣することは、スピーカーをもっといくつか設置するのと同じ、劣性を挽回するにはどんな影響も与えられない。これは正しい人々を選抜しなく、使命もぼんやりしているからである。これに比較し、西国メディアが常に当地で通訳を雇いたいと思うが、所在国の言語ができなくても任務が上手な人を派遣していきたい。その理由は先に述べたと思う。

 

今まで、武器を購入して現代的な軍隊を作り上げられるという十九世紀の後半で致命的なミスを犯してはならない。人材やそれらを導く謀略こそ、肝心なところである。

【本文 由陆羊 独家授权给翰文网使用, 未经许可禁止转载。 商业或非商业使用请联系翰文网

(73)

评论

您还没有 登录 请点击登录

原文信息

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583