翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
首页 » 外译中 » 生活 » 翻訳:成し遂げかねる任務

标题:翻訳:成し遂げかねる任務

  • 张小二 散步者
  • 加入时间:2013-04-29 积分:30

本文于 2013-05-11 11:20 提交 | 评分:10 | 已有 725 人浏览

翻訳:成し遂げかねる任務

 

核心提示翻訳はこんなに複雑な作業になっているのは、さまざまな目的に応じているからである。

いろんな小説の初め部分をいつも忘れていない。トルストイ<アンナ カレーニナ>の、あの経典的な切り出しはともかく、マルクスの<百年の孤独>の冒頭が後の世の作家達にもたらした巨大な影響も別にして、先日フアン?ルルフォの<ペドロ?パラモ>(訳林出版社 200710月版)を読んだとたんに、生したあの奇妙な感覚だけを述べたい。「僕はコマラに来たのは、父であるペドロ?パラモという人が個々に居ると教えられたからなんだ。母が教えたんである。誓ってあげたことあるけれども、彼女がなくなったら、彼を探しに出発する。しっかりと彼女の手を握って、必ずそうやろうと承諾した。彼女が死のうとしている時、何でも僕は承諾してあげる。

 

読みつづけるまでもなく(読みつづけないわけにはいけないけど)、マジック付けのような文に対する直覚を通してだけで、なんと偉い作品だろうなあということが分かった。勿論、ルルフの作品を読むことは初めてではない。けれども、この前他人からのコメントと紹介を通して、この小説に久しぶりの好感と景仰が積み重ねたに過ぎない。

 

まさか偉い作品さえあれば、そんなに簡潔な切り出しが必要なのだろうか?勿論、そうとは限らない。しかし、いつも偉い作品は、誘惑力のある特質が平淡な行間に隠されていて、真面目な読者によって熱心に探すことを待っている。このような特質は初めの部分に表すのはいいけど、終わりの部分に感知されることもある。作品全体さえに満たすこともある。

 

このように経典的な文を談論するには、翻訳が免れない。良い文でも、出色な翻訳者に訳されないと、そのソールはおい隠される恐れがある。出色な翻訳者は経典の作品のソールが出ろうとさせることができる。けれども、翻訳というのは、決して出色な翻訳者とよい作品との、簡単な組合ではない。ある意味で、どんな翻訳であろうと、隠蔽であり、どんな翻訳であろうと、喪失であり、どんな翻訳であろうと、いつまでも成し遂げかねる任務である。特に、詩人と詩歌に対する翻訳である。詩人の伝記は述べにくい理由がそこにおけるかもしれない。統一の基準でその人の詩歌を翻訳することも、コメントすることも難しいからである。

 

もし、翻訳そのものはまだ言い争われていれば、コメントの部分は避難されるのも自然になる。特に、ポール ツェラーンのようなドイツ語の詩人である。彼の詩歌そのものは翻訳と解読を拒絶するらしく、後期の作品はもっと玄奥で理解しにくい。しかし、大陸でツェラーンの第一冊の伝記として、<ポール ツェラーン記:アウシュビッツを負い、エルサレムを探す詩人>(江蘇人民出版社 20097月版)の出版されたことはなおも普通ではない意義がある。この前、詩人である北島は<収穫>という雑誌で<ツェラーン:石は花が咲く時間なんだ>(後は<時間の玫瑰>に収録された)という文章を発表することによって、ツェラーンの詩歌に対して解説を行った。そして、国内におけるツェラーンの詩歌の翻訳者、特に詩人である王家新の訳文を批判して、王家新の反駁を引いてしまった。それは著名の詩歌争論になった。

 

心底いえば、このような争論が多くなると望んでいる。他人の不幸を願うのではなく、詩歌を翻訳することそのものは「成し遂げかねる任務」に近いと思うから。訳者は直訳し、詩人が創作する時のもとの言語環境を尊敬するのもよい、最創作を行ない、訳者の体験と語感を交ぜるのもよい、または、作品を同化させ、訳者がいる言語環境に近づかせるのもよい。

 

これらの基準は申し分ない。ある意味で、どの翻訳基準を堅持しても、北島も、王家新も、ある精神文化の伝達者になる。評価する共同の基準があれば、訳者はどの基準を採用し、堅持することをコメントする代わりに、誠実に、慎重に、思索深く、器用にやるかどうかと、自分のキャリアに全心身的に責任を負う、そして打ち込むかどうかということをコメントすべきである。

<同時:随筆と演説>(上海訳文出版社 200812月版)に収録された<インドとしての世界>という文章は、スーザン?ソンタグがある文学の翻訳講座での発表である。

 

彼女は言っています。翻訳は「こんなに複雑な作業になるのは、さまざまな目的を応じているからである。」:「まず、文学はコミュニケーションの形式の一つであり、そのものはいろいろな要求が要る。次に、極めて大切なある著作にとって、できるだけ多くの人に読まれるのは大切である。第三に、ある言語を他言語に転換することは難しい。そして、従いを拒絶する文章もある。それは、作品にある固有のものは作者本人の意図と意志と超えて、翻訳されれば、現れる。――この特質は、よりよい単語がないため、一応可訳性と呼ぶ。」

 

そのもの翻訳されたものである著作から、昔から存在し、今でも争論が止まらない、翻訳に関する理論を読むのは、面白いことである。<同時>の作者は黄然であり、大好きな訳者と詩人である。あるいは、彼を詩人翻訳者と呼んでよいかもしれない。彼はソンタグ、カルヴィーノ、ラシュディなどの、好きでたまらなく、読むたびに新しいことを思い出される作品を翻訳した。<同時>の訳後書きでは、然はこの作品が持っている、以前と違う、難渋な性格を説明を行った。なるべくユニークの声であるソンタグの気風を保りたいと言っています。

 

翻訳上、翻訳の真諦が訳者より読者のほうが賢いので、読者を赤ちゃんのように扱ってはいけないと彼は思っている。「異質性のある文を翻訳したら、詩歌読者中、読み取れるのは一人だけであり、その文も彼が書く、あるいは思考することにとっての刺激剤になれば、躊躇わずにその文を保留する。読者の知能と理解力を十級に分ければ、他の九級を諦め、ピラミッドの頂の一級しか目指さない。」これはすでに訳者一人の問題ではなく、読者自身にも関する。これこそ然の翻訳理論における僕が感心するところである。「翻訳は自分に高い基準を立てるでけではなく、読者の朗読力にも要求を提出する。」このようなインタラクティブの翻訳理論は不可能な翻訳を、作者、訳者および読者が一同に努力して、もっと高くなるという精神追求と目標にする。

 

ある程度で、「翻訳の現代性」に対する求めが必要である。どの時代でも、ユニークの特質がある。その特質を時代性と呼ぶこともあれば、歴史性と呼ぶこともある。どんなに呼んでも、時代を超えようとすることの難しさを説明したいからである。

 

だから、時代に適用する翻訳こそもっともよい。そのため、各版の<聖書>、プラトン、アリストテレス及びシェークスピアを読むことができる。この意味で言えば、より翻訳は成し遂げかねる任務で、永遠に止まらない任務で、絶えずに争論を引き起こす任務であると言える。できるだけの訳本を提供し、時代の印のある訳本を選抜し、この成し遂げかねる任務をやり続けるのは翻訳の現代性が提出する要求である。

 

この小文章を首尾一貫で円満にするために、冒頭の<ペドロ?パラモ>を話にする。訳林版と注明しているが、導き部分はソンタグの<ポイント>(上海訳文出版社 20045月版)でフアン?ルルフォについての章からであり、その訳者は媛である。しかし、訳林版の訳者は屠孟超であり、ボルヘス、フエンテス、セルバンテスの<ドンキ?ホーテ>などを翻訳したことがある、とても名がある翻訳家である。

 

しかし、訳林版の<ペドロ?パラモ>の中で、冒頭の部分はこのようである。「コマラに来た理由は、父がここに住んでいると教えられたことである。その人の名前がペドロ?パラモのようである。それは母が教えたのである。僕は彼女に誓った。もし、彼女が登仙したら、僕がすぐその人を訪問に行く。僕は彼女の両手をしっかり握って、必ず承諾を実現するという気持ちを表した。その時、彼女はもう気息奄々になった。」両者の訳文でどれがより確かに原文と会っているかは判断しにくいが、以上で言及した翻訳の現代性から言えば、媛のほうに心を傾きたい。

 

屠孟超の訳文では、「登仙」、「訪問」、「気息奄々」といった語彙を使用することはこの訳文の性格を変にしてしまった。それは古風雅韵のためであるかもしれないが、このようにわざと用語を吟味することは、そもそも性格の「現代的」である訳文が持っていた「現代性」をなくさせてしまった。

【本文 由张小二 独家授权给翰文网使用, 未经许可禁止转载。 商业或非商业使用请联系翰文网

(125)

评论

您还没有 登录 请点击登录

原文信息

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583