翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
首页 » 外译中 » 社会 » 『舌先の中国』への思考

标题:『舌先の中国』への思考

  • 刘婷 登山者
  • 加入时间:2009-08-21 积分:2430

本文于 2012-07-03 11:25 提交 | 评分:20 | 已有 1578 人浏览

『舌先の中国』への思考
自然の贈り物は誰の食欲をかきたてているのか


 『舌先の中国』(英文名:『A Bite of China』)は5月12日からCCTVチャンネル1にて放送開始されて大ヒットした国産ドキュメンタリー。放送後、社会で大きなブームを巻き起こした。

 「中国は世界中で最も豊かかつ多様な自然景観(高原、山林、湖、海岸線)を持っている。こういう地理と気候の特徴は食物の形成と保存に一役買っている。中国ほどこんなにたくさんの潜在の食材を持っている国はない。人たちが採集したり、拾ったり、掘ったり、漁獲したりするのはこの自然の贈り物を手に入れるためである。」

『舌先の中国』は上記の精錬なナレーションから始まり、瞬間に面積960万平方キロの中国を俯瞰できる高空に視聴者をつれていって、一人一人にこの華やかな美食及び文化の旅立ちに期待を持たせる。

 1988年に放送された大型ドキュメンタリーの『河殤』以降、社会にこんなに大きな震撼をもたらしたドキュメンタリーがずっとなかった。今年の『舌先の中国』が近年来、中国で最も成功を収めたドキュメンタリーとなることは間違いない。『舌先の中国』は自然の贈り物ような、天地のエッセンスを集めて作られた美食によって、一人一人の視聴者の食欲を掻き立てている。人たちに視覚の楽しみを与えると同時に、真実で暖かい感情を表現して視聴者の心を暖めている。

『舌先の中国』について、あまり目立った宣伝が行われていない。それに、放送スタートの当日、監督の陳暁卿さえは「もし皆さんも今晩やることがないなら見てもいい。みっともないものじゃないから」と控えめにミニブログに書いただけ。放送時間もテレビ番組のゴールデン時間帯ではないし、スターの出演もないので、視聴率を獲得できる「武器」と「勝ち取る有効な方法」を何も持っていない。それなのに、どうして一夜にして知れ渡るようになってすぐ熱い話題になったのか。視聴者は一体何の力で背中を押しされて、夜中まで苦しみながらこのドキュメンタリーを見るのか。その原因は何だろうか。

 まずは、テーマから見れば、中国国産の美食関係のドキュメンタリーはわりと少ない。現在では、人たちの生活レベルがどんどん向上すると伴い、世間の話題も「基本生存」からより高い品質の生活状態に変わってきた。そのため、人々は食品への関心もますます深くなる。『舌先の中国』はこういう状況から生まれた産物で、視聴者に「食を天とする(天:世の中で最も大切なもの)」盛大な視覚宴会を演出してくれた。特に海外の視聴者に、中国の日常飲食の変化、それぞれ違う飲食習慣や独特な味覚への審美、そして東洋の生活価値観まで見せることによって、飲食文化の側面を通じて伝統の中国と、変化しつつある中国を知って理解してもらうことができた。

 そして、番組の構成から見れば、『舌先の中国』は国際と同じような叙述式の撮影方法を使った。伝統的なドキュメンタリーでは、常に修飾に凝らず簡明直截に説明する内容が多く、ドキュメンタリーとしての基本の「真実性」を守る一方、視聴者につまらない思い出をもたらした。『舌先の中国』は全ての料理を紹介しながら、地元の居民による採集から運輸、加工、完成品までの全過程と結び合わせて、実際の人物を軸にして、複雑な工芸を生き生きとしたストーリーに転化してしっかりと視聴者の目を引いた。

 また、制作技術の面では、『舌先の中国』はマクロレンズによる撮影といった先進的な技術を沢山使っている。中国国内では初めてのHD設備で撮影した大型美食関係のドキュメンタリーとなる。ロケ地は香港、マカオ、台湾を含んで60箇所に達して全方位で中国の広くて深い美食文化を表現してくれた。
   
 観賞した視聴者は、中に出てきた美食に食欲を掻き立てられるだけではなく、素朴な労働者に感動して、中国の格別に美しい文明に震撼されてしまう。

 私たちは既に各種の華やかな飲食番組にはいささかも心を動かされない。食物の「満腹させる」と「美食」という二つの役割では何か要素が足りないことにだんだん気づいてきた。今、私たちの目に入ってきた、きれいな食材の背後に労働者の辛労と強靭さが潜んでいる。「食物への敬意と感情を持ちながらこのドキュメンタリーを撮影してきた」という陳監督の言葉どおり、感動の気持ちや労働者への敬意を持ちながら、美食を楽しむことこそ、美食を楽しむ完全な過程である。

 そのため、『舌先の中国』は視聴者の舌先の味覚芽を捉まえたというより、むしろ静かに視聴者の心の中に潜んだ文化への熱情を喚起しつつある。

 同じようなこともある。今年、『江城』という本は常に各本屋で売上げ一位の座に輝いている。同本はアメリカ人の支援教育ボランティアから見た90年代の中国●(は三水辺「倍」の右側)陵(地名で重慶市に所属される)を描写している。執筆者は素朴な日常生活を述べながら、異郷の人として神秘的な、小さな都市における生活環境や文化や風習を丁寧に描いてみせた。

 文化の体制改革が徐々に進んでいる今では、『舌先の中国』や『江城』といった作品の成功は、実際に我々に民族文化を広げるための新しいシルクロードを開いてくれた。文化は巨額の金や時間をかけた大型かつ華やかな作品で表現するとは限らないが、暖かくて繊細な角度から正直に説明し、広々とした文化を静かなせせらぎにし、心の底から考えれば、人々の心を潤せる。(編集者:張潔)

 

 

 


【本文 由刘婷 独家授权给翰文网使用, 未经许可禁止转载。 商业或非商业使用请联系翰文网

(232)

评论

您还没有 登录 请点击登录

原文信息

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计