翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
首页 » 外译中 » 社会 » 200年后大国意识回归 在其背后是“祈求和平”吗?

标题:200年后大国意识回归 在其背后是“祈求和平”吗?

  • 王珊 登山者
  • 加入时间:2009-09-19 积分:2705

本文于 2012-10-08 21:31 提交 | 评分:20 | 已有 1324 人浏览

  • 文章标签:

[翻译]夹心田田

2009年10月29日,新加坡华文联合早报刊登了“中国崛起背后的大国意识”为题的报道。以下是该报道的内容。2号在环球时报转载。

中国通过仅仅30年的努力恢复了丧失近200年的大国地位。近年,中国在朝鲜核问题和温室气体排放,以及维护国际和平安全活动等方面起到积极作用。在追究由美国引发的世界经济危机的责任方面的发言权也日益增强。这些都充分证明中国的大国意识回归。

中国建国60周年的国庆阅兵令很多国家担忧。西方各国防范“沉睡雄狮的觉醒”给世界带来威胁。然而,历经数千年战争与和平交织的中国深感“和平来之不易”。中国国力再怎样强大也不会给世界带来威胁。中国阅兵显示的是强大的经济实力和稳固的政权。显示军事实力是为了回避与周边地区发生摩擦。

不认为中国在迅速崛起的部分国家强行发动对中国制造业的贸易救济措施,点燃中国民族主义的怒火。这么一来,理解中国的大众声音和大国意识及读解基于国情的民族主义成为解决摩擦的根本方法。这样,才能避免点燃中国民族主义的导火线。


<原文>

200年ぶりに取り戻した大国意識、背後にあるのは「平和への祈り」か
 
2009年10月29日、シンガポールの華字紙聯合早報は「中国台頭の背後にある大国意識」と題した記事を掲載した。以下はその内容。で環球時報が伝えた。

中国はわずか30年の努力で200年近く失っていた大国の座を取り戻した。近年、北朝鮮の核問題や温室効果ガスの排出、国連平和維持活動など多方面で積極的な役割を果たし、米国に対して世界的な経済危機の責任を追及するなど日増しに発言力を強めている。これらはすべて大国意識が戻って来た証拠だ。

中国の建国60周年を祝う軍事パレードは一部の国々に懸念を与えた。西側諸国は「眠れる獅子の目覚め」は世界に脅威を与えると警戒する。だが、数千年にわたる戦争と平和の繰り返しは中国に「平和の尊さ」を痛感させた。中国はどんなに国力を増大させても決して世界の脅威にはならない。中国が軍事パレードで誇示したのは強大な経済力と政権の信頼性。軍事力の誇示は周辺諸国との摩擦を回避するためのものだ。

中国の台頭を快く思わない一部の国々は中国製品に対する貿易救済措置を発動させるなどして、中国人のナショナリズムに火をつけた。こうした摩擦の根本的な解決方法は、中国の本音と大国意識を理解し、国情に基づいたナショナリズムを読み解くことだ。そうすることで、中国の導火線に火がつくのを避けることができるだろう。

原文出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091104-00000025-rcdc-cn

【本文 由王珊 独家授权给翰文网使用, 未经许可禁止转载。 商业或非商业使用请联系翰文网

(69)

评论

您还没有 登录 请点击登录

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583