翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!
首页 » 外译中 » 思想 » 年々石炭供給不足の真因とは

标题:年々石炭供給不足の真因とは

  • 向日葵 奔跑者
  • 加入时间:2009-09-12 积分:510

本文于 2011-01-03 13:35 提交 | 评分:10 | 已有 1036 人浏览

  • 文章标签:
発電用の石炭が毎年不足となり、今年も例外ではない。国家電網(公司)の専門家が全国において実質的な「電力パニック」になっていないとは強調してきたが、石炭の供給不足による局部的な「電力パニック」は紛れなく事実である。そして、天気が急に寒くなると、いくつかの省が風邪を引いてしまうということは既にここ1、2年間のことではない。

「電力パニック」は湖北省から勢い始めたという。冬になり、水枯れの時期に入ると、湖北省の火力発電所は薄氷を踏むようになる。湖北省の石炭は98%が外の省からきたので、雪天気や電力負荷の急上昇の場合、必ず「電力パニック」の状態になる。

湖北省電力公司の紹介によると、今工業に対して電力制限が実施されているが、湖北省全体にわたり電力不足はまだ200万キロワットあまりにも達している。つまり、毎日6000万度(1度=1キロワット/1時間) もの電力が不足となっている。また、今のところ電力パニックにより制限を余儀なくされる企業は千軒もあるという。

正月からというもの、気温が下がるにつれて、電力負荷が昇る一方である。華中、華北、華東地域では石炭不足問題が深刻になり、湖南、湖北、江西、浙江、重慶、河南等省でも次々と石炭不足の警鐘を鳴らす。その一部の地域ではもはや電力制限の対処策をとり、住民の電力使用にも影響をもたらした。

石炭産地である山東省でも石炭不足による電力不足に悩んでいる。山東省経済及び情報化委員会経済運行局局長である邱青森の紹介によると、今在庫の石炭量では九日間続けるのも精一杯であり、そして、ここ40日間ずっとそういう状態であった。また在庫の石炭が五日間しか続いていけない発電所もある。山東電力集団公司の情報によると、正月から山東省は厳しい冷気に見舞われているが、省全体にわたり電力負荷が高くなり、各発電所では在庫の石炭が少なく、質もよくないと問題になっている。

華電滕州新源熱電有限公司副社長である葛林法は大変困った顔で記者にこのように言ったのである。発電所の石炭は60%が山東省内からのだが、5000キロカロリの石炭が640元/トンという価格ではもはや受け入れかねるのである。ところが、石炭の価格が高くなる一方で、7000キロカロリの標準石炭の価格が900元/ントにも達した。この状況だと、発電所は1月1000万元の損となる見込みである。

「電力パニック」の波が山東に波及する度に、国全体の電力供給は厳しい境地に陥る。国家電網公司の統計によると、1月6日まで、華北、東北、華東、華中、西北5大電網の各省市にある発電所では在庫石炭の使用日数が8日しか続けず、その以外の発電所も警戒線の近くにある。その中では、在庫量に関し、京津唐と浙江省は5日、遼寧省は6日、河南省と内モンゴルの東部と河北省はそれぞれ7日となり、1日しか続けない発電所も多くある。

連日の低温により、石炭不足問題が更に厳しくなってくる。「天気と石炭の質から影響を受け、石炭凍結が深刻になっている。そのため、貨車一台の石炭を卸すには多くとも10数時間もかかる。現在、会社の在庫の石炭は7日しか持続できない状態であり、在庫量を増やすのも非常に困難である。発電所の損失を考慮に入れて、会社は既に休業するつもりである。」と葛林法は言った。

中文原文

【本文 由向日葵 独家授权给翰文网使用, 未经许可禁止转载。 商业或非商业使用请联系翰文网

(123)

评论

您还没有 登录 请点击登录

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583