翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-08-07 06:53
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:健康
「○○が認知症に効果的!」――。突拍子がなくて「バカな」と思う惹句でも、「それ、ホント?」と気になることはないだろうか。社会の高齢化に伴い、多くの人にとって心配事となった認知症。俗説や怪情報に惑わされないよう、その真偽を検証する――。

科学的根拠がある説を見極めよ

「カレーが認知症に効果的」「高速道路の近くに住んでいると認知症リスクが高まる」……そんな本当か嘘かわからない情報がメディアに氾濫している。

その背景として、認知症に対する関心の高まりがあるのだろう。2025年には700万人を超えると予測され、65歳以上の日本人の5人に1人が認知症になる計算で、今や国民病といっても過言ではない。正しい情報を見極め、予防や治療に役立てるにはどうしたらいいのだろうか。長年認知症の予防に関わってきた朝田隆さんは、「効果がありそうな“甘い水”に惹かれるかもしれませんが、信頼性の乏しい新説に飛びついてはいけません」と説明する。

「認知症の予防にもっとも有効とされている有酸素運動は、研究発表から認められるまでに約30年かかりました。一方で医学の世界で常識とされていることが、後に否定されることもあります。長年の研究によって、エビデンス(科学的根拠)が確立された情報を選び、慎重に見極めましょう」

認知症は必ず治るという病気ではないが、予防や対策によって進行を遅らせることは可能だ。以下、世間に流布する多くの俗説を検証したので、正しい予防と対策に活かしてもらいたい。

▼認知症とはどんな病気か?
認知症はひとつの病気ではなく、70以上の病気による一定の症状を表しており、さまざまな種類がある。代表的な「アルツハイマー型」「レビー小体型」などは、脳内に老廃物がたまり、「脳血管性型」は脳卒中が原因で脳細胞が死滅していく。
新しいことが覚えられなくなる「記憶障害」、時間や場所がわからなくなる「見当識障害」、作業を手順どおりに行えなくなる「実行機能障害」などがおもな中核症状。その他、周辺症状として妄想や幻覚、不眠などが起きることもある。
Q.01:10時10分を示す時計が描けないと要注意?
「描けなければ、認知症の疑いがある」

認知症を調べる検査として、アナログ時計の絵を描いてもらう「時計描画テスト」がある。円の中に数字と時計の針を描き込んでもらう。認知症の疑いがある人は、円がいびつになったり、数字を均等に描けないことがあるのだ。

「認知症では普通にものが見えているのに、位置や向きを認識する能力が低下します。そのため図形を描けなくなったり、運転が下手になったりすることも。時計の絵は数字の配列が均等で、なおかつ10時10分や4時40分のように針が対称に描けたら、ひと安心といえるでしょう」(朝田氏?以下同)

Q.02:認知症が血液検査でわかるって本当?
「MCIのリスクがわかるようになってきた」

基本的に認知症は問診や画像検査などで診断される。しかし最近、血液検査で、軽度認知症(MCI)のリスクがわかるようになってきた。

「アルツハイマー病の原因の1つと考えられるのが、アミロイドβペプチドという老廃物。これを排除して毒性の防御をする3種類のたんぱく質の量を測定することで、アミロイドβペプチドがどれだけ蓄積されているかを推定。リスクが4段階で評価されます」

必要な血液はたった約7cc。2~3週後に結果が出る。

Q.03:認知症は手術で治る?
「ごく一部、治せるものもある」

アルツハイマー型やレビー小体型など、脳細胞が死滅していくタイプは、発症すると完治することはない。よって治すことより進行を遅らせることが目的になる。

「しかし脳室(脳内の空間)にたまった脳脊髄液が脳を圧迫することで認知障害が現れる正常圧水頭症は、脳脊髄液を抜けば症状が治まります。硬膜と脳の間に血がたまる慢性硬膜下血腫や、全身の機能が低下する甲状腺機能障害も、病気を治せば症状がなくなる。原因を調べずにあきらめてはいけません」

Q.04:MCIになったら、必ず認知症になる?
「健常に戻るケースも少なくない」

認知機能が低下しているものの、認知症までは至っていないのが、MCIだ。65歳以上の認知症有病者の推定値は15%、MCIは13%という統計がある。MCIからそのまま認知症に進行するのは、1年で約10%、4年以内には約50%と考えられている。

「ただしこれはそのまま放置した場合。生活改善や認知機能を高める訓練をすれば、2年間は進行を食い止めることもできます。5年たって逆に改善が見られ、健常に戻るのが約10~40%という調査もある。早めに診断を受けて対策をとるのが大事です」

Q.05:認知症に効く漢方薬がある?
「周辺症状を軽くするものはある」

認知症の特効薬はまだ開発されていない。現在、治療薬として日本で承認されているのは「ドネペジル」など4剤だ。アルツハイマー病は神経伝達物質のアセチルコリンが減少する。そこでドネペジルはアセチルコリンの分解を防ぎ、認知機能の低下を食い止める。

「認知症そのものを改善はしませんが、漢方薬が用いられることもあります。代表的なのは、7種類の生薬を配合した「抑肝散」。不安や精神の乱れなど、周辺症状を抑えるために処方されます」

Q.06:昼寝していると認知症になりにくい?
「30分程度が効果的」

朝田さんが研究した結果、昼寝の習慣がある人は、ない人に比べてアルツハイマー病になりにくいことがわかった。

「睡眠不足は脳と体にストレスを与え、海馬の神経細胞の再生が妨げられます。それが昼寝をすることでストレスが解消される。眠る時間でもっともいいのは、50歳までなら20分以内、それ以上は30分以内です。1時間以上昼寝すると、起きた後の活動性が下がって夜の睡眠の質も落ちて、かえってよくありません」

Q.07:認知症は遺伝する?
「遺伝する人もいるが、ほとんどは加齢によるもの」

認知症は患者の約8割を80歳以上が占め、ほとんどが加齢によって起きる。しかしなかには遺伝によるケースもあるという。

「特定のたんぱく質の働きを決めるAPOE遺伝子は、E2型、E3型、E4型の3種類がある。日本人の70%はE3型なのですが、E4型の人はアルツハイマー病のリスクが2~3倍に高まることが明らかにされています。遺伝による認知症の場合、50代以下の若年で発症するケースが多いのが特徴です」

Q.08:カレーが認知症予防になる?
「特に根拠はないと思われる」

「インドで認知症が少ないのは、主食のカレーに有効成分が入っているから」という説がある。その説を朝田さんは「おそらく国民の平均寿命が短いため、認知症の発症が少なかったのでは」と否定する。

「この食品だけ摂れば認知症に効果的ということはありません。基本は栄養をバランスよく摂り、そのうえで野菜、魚介類、果物を積極的に摂取すること。それらに含まれるポリフェノールやビタミンA?C?Eといった抗酸化物質は、認知症リスクを低下させます」

Q.09:糖尿病だと認知症になりやすい?
「2倍なりやすいという説がある」

血糖値が高いと、動脈硬化などの合併症が起こりやすくなり、血管性認知症のリスクが高まる。ある調査では、糖尿病の人は正常な人より血管性認知症のリスクが1.8倍高まるという結果が出た。

「糖尿病はアルツハイマー病のリスクが2.1倍高まるという報告もあります。血糖値を調節するインスリンは脳の情報伝達にも関与しており、高血糖が続くと働きが悪くなって、情報伝達がうまく行えなくなる。結果、記憶を司る海馬にも損傷を与えるようです」

Q.10:タバコが認知症予防になる?
「昔流行した、単なる俗説」

「かつてニコチンは神経伝達をよくするといわれ、喫煙によってアルツハイマー病の発症が抑制されるという研究報告がありました。しかし、現在では、喫煙はアルツハイマー病の発症を促すという考えが主流になっています」

非喫煙者と比べた場合、喫煙者がアルツハイマー病になるリスクは2.7倍、血管性認知症になるリスクは2.9倍という調査報告もある。また中年期は喫煙していたが、老年期から非喫煙に転じた場合、数値はそれぞれ1.9倍、1.6倍に低下している。

Q.11:ウオーキングが認知症予防になる?
「有酸素運動は効果的」

運動は認知症の予防にもっとも効果的と認められる。中年期に、1回20~30分の運動を週2回以上行った場合、認知症発症率はしない場合の半分以下になるという。

「軽い有酸素運動をすると、脳血管の血流がよくなるため、血管性障害の予防?改善になります。週3回のウオーキングで、アルツハイマー病のリスクが3分の1に減ったという報告も。ウオーキングするなら1回30分程度、2日に1回を心がけましょう」

Q.12:ギャンブルは認知症予防に効果的?
「実証はされていない」

ギャンブルと認知症の関係は証明されていない。しかし賭け事や、将棋?麻雀などのゲームは脳を刺激し、活性化させる側面がある。

「ゲームのいいところは、対戦ごとに内容が違うこと。変化のない生活は認知症のリスクを高めます」

脳を刺激するのは、変化の多い生活であり、社会交流だ。人と話すのも、趣味に没頭するのもいい。特に体と頭を同時に使う「デュアルタスク」は、脳を活性化するといわれており、楽器演奏、料理などの趣味は、楽しみながら予防できる。

Q.13:虫歯だと認知症になりやすい?
「歯が少ないとなりやすいという説がある」

70歳以上の高齢者を対象に調査したところ、健康な人の歯の残存数は14.9本、対して認知症の人は9.4本だったという報告がある。これは本数の少なさが問題というよりも、咀嚼機能が衰えると脳への刺激が減り、認知症につながると考えられている。また歯周病に関する研究も進んでいる。

「歯周病菌が生み出す毒素や炎症性物質が、血液や唾液に混じって全身に回ると、糖尿病や動脈硬化の原因になり、認知症を引き起こしやすいと考えられます」

Q.14:100マス計算は認知症予防になる?
「効果は未知数」

「脳活」として推奨される「100マス計算」や「四字熟語パズル」。これらは認知症を予防するというエビデンスがなく、「認知症じゃないと、安心するための頭の体操としてはいいかもしれません」。

一方、米国で開発された脳トレ用コンピュータゲーム「ブレインHQ」は、認知症のリスクが約5割も低下すると実証され、話題を呼んでいる。ただし、「注意力、記憶力といった個別の認知機能が改善するだけなので、認知機能全体が向上するかは、検討が必要」。

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计