翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-07-08 08:35
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:科学
子供を「上流ロード」に乗せるには、なにが有効なのか。「プレジデント」(2017年2月13日号)では、子育てをめぐる13のテーマについて識者にアドバイスを求めました。第10回のテーマは「脳科学」です――。

頭の中で立体を回転させて認識する能力が鍛えられる

知育玩具は、日本では学習玩具とよく混同される。学習玩具は、たとえばかるたや積み木の絵合わせなどで、文字や計算を覚えさせようといったもの。対して知育玩具は、人間の基盤となる知覚、すなわちものごとの認識能力を養うおもちゃだ。

乳幼児期からの早期教育で重要なのは、知識の習得よりも、多様な知覚経験を積むことだ。そのうえで、知育玩具は大きな効力を発揮する。

私は自由に形を組み替えられる立体パズルを推奨する。立体パズルはメンタルローテーションを育むのによいと考えている。メンタルローテーションとは、脳が頭の中で立体を回転させて認識する能力をいう。物を立体として認識するのは目ではなく脳の働きだ。それを回転させることで、物の形の違いや遠近の距離などを判別している。

いわば視点の変更能力であるメンタルローテーションは、非常に重要な能力だ。ものごとを掘り下げて考える探求型の「垂直思考」、横並びにものごとを結びつけて考える応用型の「水平思考」がよくいわれるが、メンタルローテーションの発達した人は、この2つを組み合わせた「立体思考」の能力が高い。立体パズルの遊びは、その発達に寄与する。いわば、賢さの基盤をつくるのである。

立体パズルの遊びは、何をつくるかを予想?計画、そして行し、その成果や失敗を振りる内省というプロセスで展開る。これは大人でも日常の行で無意識のうちに行っている。そうした試行錯誤の積み重ね遊びを通して経験していくこが、幼少期にはとても大切だ。

上頭頂小葉という脳の部位を活性化する

さらに重要なのは、立体パズルが手指、体を使う遊びであることだ。メンタルローテーションに関わるのは、上頭頂小葉という脳の部位だ。

この部位が十分に機能しないと、人としての成長がおぼつかなくなる。しかも、ここの機能の発達は、自分の意思で体を動かし、感覚をつかんでいく経験の積み重ねでしか培われない。幼いからと親が過剰に世話を焼いたり、「やりなさい」と強要される経験は、上頭頂小葉の発達を阻害するかもしれない。

人間の脳は、3歳くらいまでに発達が一段落する。脳の神経細胞の数は、生まれたときが一番多く、3歳までにおよそ7割が死滅する。その後は終生、神経細胞の数はあまり変化しない。

つまり、賢さの基盤をつくるには、脳が大人より活発に働いているこの時期が好機なのだ。

知育玩具は、自分で物がつかめるようになる1歳前後、あるいはもっと早い時期から与えてもいい。自分ではうまくは扱えなくても、親が遊ぶのを見るのでさえ、知覚の発達は促される。

私は立体パズルなら何でも効果はあると考えるが、特に倒れぬようパーツを積み上げていくサボテンバランスゲーム(写真右)をはじめ、磁石でパーツを繋げていくマグフォーマー、シンプルな木の板を組み合わせるカプラ200(写真左、中)は、よく考えてつくられた玩具だ。就学前の子供には学習玩具より、知育玩具をお勧めしたい。

対象年齢はマグフォーマー(左)が3歳から、カプラ(中)は10カ月以上という。パーツをすべて積み上げるサボテンバランスゲーム(右)。(ボーネルンド、ブラントイジャパン、有限会社アイピーエス=写真提供)

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计