翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-06-07 21:59
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:职场
「プレゼンテーション」のスキルを高めるにはどうすればいいのか。6万人以上を指導してきた研修講師の西野浩輝さんは「最短の方法は『あの人のように話したい』とゴール意識を持つことです」といいます。ゴールが決まれば、やることは自ずと明らか。具体的な方法を3段階で解説します――。(後編、全3回)

プレゼンテーション研修では、受講者から「どうやったら最短でプレゼンスキルを伸ばしていけるのでしょうか?」とよく聞かれます。

「最小の努力で最大の効果」を求めるのはビジネスパーソンとして当然ですし、健全な発想だと思います。その質問に対し、私は「ゴール意識」「自己修正力」「成長実感」という3つのキーワードで答えるようにしています。

では1つずつ詳しく見ていきましょう。

「ゴール意識」がプレゼンテーション上達の一丁目一番地

ゴール意識とは、「自分はなぜプレゼンを上達させたいのか」「どこまで上達させたいのか」というゴールを明確にするということです。

憧れるプレゼンターを見つけて、その人をイメージしながらトレーニングに励むのも有効だ(写真=iStock.com/Rawpixel)

ダイエットでも、「以前はいていたズボンが再びはけるようになるために、ウエストを3センチ細くする」というように、ゴールが明確であったほうが取り組むモチベーションを高く保てます。

またゴールがわかれば、現在地とどれくらい離れているかがわかります。その距離が遠いのと近いのとでは、やるべきことも必要となる時間も変わってきます。つまり計画の立て方が違ってくるのです。だからダイエットは「何となく痩せたい」と思っているだけでは、絶対に成功しません。

ところがプレゼンに関しては、「何となくうまくなりたい」と思っているだけの人が意外と多く、それでは上達はままなりません。まずは「ゴール意識」を持つことがプレゼンテーション上達の一丁目一番地です。

ゴールは大それたものでないほうがいいでしょう。「部内でプレゼンテーションする際に上司に「なかなかやるじゃないか」と言わせる」、「コンペプレゼンテーションの勝率を半年で2割上げる」などで十分です。

「こんなプレゼンター」にという憧れのゴール像を持つ

「ゴール意識」において、もう1つのお勧めはロールモデルを持つこと。「こんなプレゼンターになりたい」という憧れは、やる気をより強くかき立ててくれるからです。

例えば、私にとってのロールモデルは「グレート?コミュニケーター」と評されたアメリカのロナルド?レーガン元大統領でした。余裕と威厳と愛嬌を感じさせる、洗練された笑顔。瞬時に聴衆を魅了してしまうダイナミックな立ち居振る舞い。ユーモラスでかつ心に響くエピソードトーク。どの点においても卓越しています。

重要なプレゼンテーションの前、私はいつもレーガン氏を思い出し、本人になったつもりでリハーサルをしていました。

ロールモデルは、著名人である必要はありません。あなたが憧れるプレゼンターを見つけて、イメージしながらトレーニングに励むと効果は倍増することでしょう。

「自己修正力」を高めると最短距離で成長できる

「ゴール意識」の次は、最適なルートをチョイスしながら最短距離でゴールに向かって進むことです。その際に「他者の目」を活用しましょう。身近な人に、自分のプレゼンテーションに対するフィードバックやアドバイスをもらいましょう。

重要なのは人選です。「またこの人からアドバイスをもらいたい」と思える人を選ぶのがポイントです。その際、相互にフィードバックをし合うと「Give&Take」のバランスが取れて、継続的にお願いしやすくなります。

コツは「良い点と改善点の両方からアドバイスください」と明確に言うことです。そうしないと「おべんちゃら」や気休めの言葉だけを言われて、何の参考にもならなかったり、逆にできていない点を10個も20個も言われて自信をなくしてしまったりしかねないからです。

さらに効果的なのが、見てほしい観点を指定すること。「私のプレゼンテーションは硬すぎると言われることが多いんです。なぜ聞き手にそう感じさせるのかを言ってもらえませんか?」と具体的にお願いするといいでしょう。

こうして、他者から具体的で多面的な分析コメントをもらうことでたくさんの気づきを得られます。「硬すぎる印象を与えているのは×××が原因だったのか?」「△△△を取り入れることでもっとよくなる」というように、今まで自分だけで考えても分からなかった原因や改善のポイントが明確になります。

このプロセスを繰り返していくことで自分自身の分析力も磨かれていき、それによって自己修正力が高まっていきます。最終的には、仮に他者からの指摘がなくても客観的な自己分析によって、プレゼンテーションスキルを継続的に高めていくことができるようになるのです。

スマートフォンやタブレットを活用するとより効果的です。自分のプレゼンテーションを録画し、課題を確認します。自分自身のビデオを見るのは気恥ずかしいものですが、自己修正力を高めるうえでとても役立ちます。私自身、チャンスがあれば録画するようにしていて、そのためにミニ三脚を常時持ち歩いています。

「成長実感」を持つためにはチェックリストを活用する

3つめのキーワードは「成長実感」です。

自分が成長していると感じるとうれしくなるし、このあとも成長し続けるんじゃないかという予感が持てるもの。そういう未来への希望が新たな頑張りを引き出します。だから「成長実感」を持つことは非常に重要なのです。

ところが「成長実感」はくせものでもあります。研修では、謙虚な受講者ほど「周りのメンバーは成長しているのに、自分だけが取り残されている気がする」とコメントしがちです。周りから見れば明らかに伸びているのに、本人だけがそれに気づいていないのです。これではもったいない。だから私は、数日間にわたる比較的時間がある研修では、最後に「自分が伸びたと思える点」を発表してもらうようにしています。そうやって改めて自分を見つめ直すことで、人は自分の成長を発見し、実感できるのです。

その際にチェックリストを使うと、効果性を高めることができます。ここでいうチェックリストとは、プレゼンスキルを各論の要素に分解して現状を把握するための評価シートのようなものです。

何の工夫もなく振り返りをすると、分析が粗雑になり、成長したパートを見つけることが難しくなります。だからこそ、このようにスキルを細かく分解し、解像度を上げることではじめて「どこがどう改善したのか?」が見えてきます。たとえば、「メインメッセージを短い言葉で端的に表現できるようになった」、「事例の表現をよりドラマティックに語れるようになった」、「プレゼン内容に合わせて表情の使い分けができるようになっている」といったふうに解明していけるのです。

「成長実感」をより強く持つためには、やはり他者の活用が効果的です。自分のスキルを定点観測してくれそうな人にチェックリストを渡し、「伸びたと思う点」をコメントしてもらうといいでしょう。

プレゼンテーションがうまくなると人生が好転し始める

数あるビジネススキルの中でも、プレゼンテーションというのは成長実感を持ちやすいスキルです。プレゼンテーションをすると、多くの場合、聴衆の反応が話し手本人にダイレクトに伝わってきます。うまくいったときには、「自分は認められている」という自己重要感と、「他者に貢献できている」という自己効力感を同時に味わうことができます。

誰にとっても自己成長は人生における大きなよろこびのはず。プレゼンテーションでその喜びを味わった人は、プレゼン以外の物事についても成長を求めるようになります。自分が成長していくあの快感が忘れられず、あらゆる努力、あらゆる工夫をして成長サイクルを回し、高みに達しようとします。

そうして人生全般の成長スピードが加速していきます。プレゼンテーションはそれだけの可能性を秘めているものなのです。

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计