翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-06-07 21:41
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:社会
学校の教科書は「時代」が変わると仕切り直しになってしまう。しかし現実の歴史は1本のタイムラインで今日までつながっている。江戸時代以降の400年を人口、経済、気温、身長の4つのデータから読み解く。第4回は「身長」について――。

※本稿は「プレジデント」(2018年2月12日号)の特集「仕事に役立つ『日本史』入門」の掲載記事を再編集したものです。

江戸時代が日本人の「身長のどん底」だった

これは縄文時代から現代までの日本人の平均身長を記したグラフです。

「昔の日本人は小さかった」「戦後、日本人は急激に身長が伸びた」というのはよく知られていることですが、江戸時代の人たちは鎌倉?室町時代の人たちよりも背が低かったというのは、意外に思われる方が多いのではないでしょうか。

幕末人の身長が低かったのは、栄養事情に原因?●古墳時代以降、日本人の身長は低下し江戸時代に最も低くなる。。近代化以降は一転して平均身長は伸び続けているが、7歳時の平均身長は30年以上伸びが見られず高身長化もそろそろ限界!?

縄文時代から古墳時代にかけての伸びは、中国大陸や朝鮮半島から日本に渡ってきた「渡来人」が加わった影響かもしれないのですが、いずれにせよ江戸時代が日本人の「身長のどん底」であったわけです。

理由は、栄養不良でしょう。江戸時代の人たちは、基本的に肉を食べませんでした。そこから考えられるのは、動物性タンパク質の不足です。

ヒトの身長の伸びは出生直後から生後2年くらいまでが最もインパクトが大きく(10代の急伸は「思春期のスパート」と呼ばれるいわば“最後のひと伸び”です)、また個人の伸びしろは胎児として母親のお腹のなかにいるときの栄養状態が影響するらしいことがわかっています。

江戸時代の妊婦?出産や乳幼児の栄養に関しては、迷信に基づいた間違った知識が多く、こうしたことが身長が伸びなかった原因なのではないかと考えられます。

明治時代に入って日本人の身長は急激に伸び始めます。また、興味深いのはこの時期から、頭の形も前後径が急激に短く?横径が長く(上から見たとき円形に近く)変化していることです。

ダイエット信仰で“低身長化”が進んでいる

第2次世界大戦以降は身長の伸び方がさらに急角度になっていますが、これは衛生状態の改善や、ビタミンなど栄養価を高めた人工栄養(粉ミルク)が普及したのが効いていそうです。また、食の欧米化もあって、日本人の動物性タンパク質と脂肪の摂取量は、戦後急激に右肩上がりになっています。

ところが近年、日本人の身長に関して気になる傾向が出ています。7歳時の平均身長が1990年(1983年生まれ)以降伸びが止まり、最近はむしろ低くなる“逆転現象”が起きているのです。

これはちょうど、妊娠中の体重増加を抑える保健指導が行われたり、出産適齢期女性の平均BMIが21を割り込んだ時期と一致しています。明治から150年続いた日本人の高身長化は、女性のダイエット信仰によってついにストップするのでしょうか!?

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计