翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-05-20 13:11
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:职场

配属早々、仕事でミスをしてしまった――。5月に入って、現場に配属され、早速、仕事でやらかしてしまった新入社員もいることだろう。

この連載の一覧はコチラ

?新人にミスはつきもの。上司も、そのあたりは織り込み済みで、「ミスして当然」と寛容に接してくれるはずだが、そう思って安心してはいけない。ミスをした後にマズい対応をすると、新人といえども、上司からの評価は下がりかねない。

そこで、さまざまな業界の管理職やベテラン社員への取材を元に、ミスした時にやってしまいがちな、5つの過ちをまとめた。仕事に慣れてくる中でついやってしまわないように、頭の片隅にとどめておいてほしい。

ミスを隠したままにすると傷口が広がる

ありがちな過ち1?ミスを報告しないで「隠す」

客先などでミスをした時、「怒られたくない」「評価が下がるのが怖い」と考え、上司には黙っていようと思うかもしれない。しかし、新入社員の頃は、たとえ小さなミスだとしても、隠すことなく上司に報告するべきだ。ミスが軽微なうちに、手を打っておかないと、どんどん傷口が広がり、大きなミスに発展することが少なくないからだ。

「『大丈夫です』『うまく進んでいます』といっていたのに、納期ギリギリになって『実は進捗が大幅に遅れているんです』と報告してきた部下。対処のしようがなく、クライアントに納期の延長をお願いせざるをえなくなった」(設備関連業勤務?42歳)というように、どうにもならなくなってから助けを求めても、取り返しのつかないことになる。

 

ミスを隠すことは、信頼を失うことにもつながる。それで痛い目にあったのが、OA機器販売会社で課長をしているAさんの部下だ。

「お客様がコピー機の契約を解約したいと言っているのに、解約するのを忘れていて、月額料金が発生。お客様は料金を払うはずがないので、こっそり自腹で負担していたらしいのです。しかし、うっかりしていたのか、翌月も同じことを繰り返したことで、隠していたことが判明。減給に加え、営業職を外されることになった」(Aさん)

ミスを報告すれば、ミスを犯した時の対処法や再発を防ぐ手立てなどを教えてもらえる良い機会にもなる。自分を成長させるためにも、早めの報告を心がけよう。

ありがちな過ち2?同じミスを二度繰り返す

上司にしても、お客にしても、一度のミスは大目に見てくれるが、二度同じミスを繰り返したらそうはいかない。

「お客様から『何度言っても、発注したモノが届かない。おたくはどういう教育をしているんだ』とお叱りの電話を受けた。担当営業マンに聞くと、繰り返し、発注忘れをしていたらしい」(サービス?44歳)というようなことがあると、お客からの信頼はガタ落ちするし、上司からも「大事な仕事を任せられない」というレッテルを貼られてしまう。

起こしたミスの原因を突き止め再発防止に努める

そうならないためにも、同じミスは絶対に繰り返さないようにしたい。ミスを繰り返さないためには、ミスをしてしまった状況を振り返り、「なぜ起きてしまったのか」、原因をしっかり突き止め、どうすればミスを防げるかを考えることが大切だ。気が乗らない作業かもしれないが、それをするとしないとでは、成長のスピードはまったく違ってくる。

ありがちな過ち3?人のせいにして、不都合な真実を隠す

上司にミスの報告をするときは、ミスが起きた状況や背景を、正確に、客観的に述べることが必要だ。そうでないと、上司も正しい判断を下すことができない。

ところが、現実には、「人のせい」にして、自分に不都合な真実を隠す人が少なくない。たとえば以下のような事例だ。

?「○○社が動いてくれない」と、取引先のせいにする
?「お客さんがムリなことを言ってくる」とお客様のせいにする
?「前にこういうふうに言われたので、こうしました」、「そんなこと、言われていませんでした」と、上司や先輩のせいにする

あの手この手で自分の非を隠そうとするわけだ。

「しかし、百歩譲って、その人のせいだとしても、自分から何かできることはあるはず。そういう人に限って、何もやっていないことが多い」と話すのは、医療機器メーカーのマネジャー?Bさん。人のせいにしそうになったら、自分でも何かできることはなかったのか、と自問自答しよう。

ありがちな過ち4?勝手に話を終わらせようとする

ミスをした時、自分の悪いところをあれこれ指摘されれば、「もう終わりにしてほしい」と思うだろう。そうした心理から、ついやってしまいがちなのが、上司の話が終わっていないのに、勝手に話を終わらせようとすることだ。

たとえば、「はい、わかりました。もういいですか?」などといって、その場を立ち去ろうとする――。こんなことをやったら、「話はまだ終わっていない」と上司の怒りを増幅させるだけだ。

また、上司にそれ以上発言させないために、開き直ったり、ふてくされたりするのも、火に油を注ぐことになる。

「部下のミスを指摘したら、『まぁ、誰でもミスはありますよ』といわれた。あまりに開き直った態度に、『お前が言うセリフじゃない』と激怒した」(IT?40歳)

「20代の部下が、仕事で同じミスを繰り返していたので、『原因を一緒に考えよう。どうしてだと思う?』と問いかけると、『バカだからです』『どうせ俺はバカですから』とふてくされた答えを返してきたので、思わず怒鳴ってしまった」(出版?38歳)

入社間もない頃にはさすがに言わないだろうが、慣れてきた時には気を付けたい。

ミスで怒られ、開き直るのは逆効果

ありがちな過ち5?あいづちが反抗的

ミスについて、上司から注意を受けている時、想像以上に上司の神経を逆なでしている行為が、「あいづち」だ。

「『はい』ではなく、『はいはい』『はいはいはいはい』と、連呼してくる部下がいる。『ごちゃごちゃ言わなくても分かっているから黙っていてくれ』という気持ちが透けて見えて、イラッとくる」(貴金属?43歳)

「こちらの言ったことに対して、すべて『いや』で返してくる部下。悪気はないのだろうが、すべて反論されているようで、あまり気分は良くない」(人材?45歳)

というようなことをしてしまうと、謙虚に聞いていたとしても、上司は「反抗的」だと捉えかねない。

近頃、増えているのは、あいづちを打たずに、黙って無表情で聞いている人。何の反応も示さないと、上司に「俺をバカにしているのか」という誤解を与えかねない。自分がどんな態度で話を聞いているのか、意識的にチェックしよう。

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计