翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-05-13 10:17
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:科学

人類が行う「最後の発明」とは一体なにか

英国の数学者アラン?チューリングは、歴史上最高の天才の1人である。

現代のコンピュータの原型は、チューリングが考案した。今、私たちが使っているコンピュータは、すべて「チューリング?マシン」というチューリングの考え方にもとづいている。

映画「2001年宇宙の旅」には宇宙船を制御する人工知能HALが登場する。(AFLO=写真)

以前は知る人ぞ知る存在だったが、ベネディクト?カンバーバッチがチューリング役をつとめた映画『イミテーション?ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でその生涯を知ったという人も多いかもしれない。

そのチューリングが、第2次世界大戦中にドイツの暗号「エニグマ」を解読するプロジェクトに携わっていたとき、同僚だった数学者の1人が、アービング?グッドだった。

才能というのは集まるものなのかもしれない。グッドも、チューリングとは別の意味で、現代の私たちに大きな影響を与える考え方を残した。それが、「知能爆発」の概念である。

グッドが、「知能爆発」の基本的な考え方を述べた論文を発表したのは、1965年のこと。

将来、自分自身を繰り返し改良できるコンピュータができるのではないかとグッドは考えた。1度そのようなコンピュータができると、勝手に自分自身を改良することでその知能が成長し、やがて「爆発」的に賢くなる。この「知能爆発」により、もはや新たな技術開発の必要がなくなる。

自分自身を改良できるコンピュータをつくることが、人類が行う「最後の発明」であるとグッドは考えた。そのようなコンピュータをつくると、後は勝手に自分を改良して高度な文明をつくりあげるから、人間はもはや何をする必要もなくなるのだと。

人工知能のやり方に人間が学ぶべき時期がきた

グッドが考えた「知能爆発」の概念は、今話題の「技術的特異点」(シンギュラリティ)の背景になっている。グッドは、スタンリー?キューブリックが映画『2001年宇宙の旅』(1968年公開)を製作したときにスーパーコンピュータに関する相談役を務めた。この映画の中に出てくる、自分の意志を持ち人類に反抗するコンピュータHALの造形の中に、グッドの考え方が反映されている。

▼知能が爆発的に増えていく条件とは

ところで、急速に発達する人工知能の時代に生きる私たちは、逆に、人工知能が高度化する方法に学ぶべきときがきているのかもしれない。

グッドが指摘したように、人工知能が高度化するうえで必要不可欠なのは、「自分自身を改良する方法」だった。

現時点において、どれくらい知識があるとか、どれくらい賢いかということは実は問題ではない。本質的なのは、自分の現状をよりよいものにするための方法が与えられていることなのだ。

読者のみなさんも、自分の現状を振り返ってほしい。自分の仕事の仕方はベストだろうか? 学習のやり方はどうだろう? もし改良できる点があるとしたら、どのようなことだろうか?

グッドが考えたように、たとえスタート地点がどのようなものでも、自分自身を繰り返し改良することさえできれば、知能は爆発的に進化する。実際、近年における人工知能の発展は、グッドの考え方が正しかったことを示している。

自分を改良する方法さえ押さえておけば、人はどこまででもいける。

人工知能はもともとは人間がつくったものだが、その人工知能のやり方に、私たちが学ぶべきなのかもしれない。

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计