翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-04-07 18:23
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:生活

速く読もうとすることは自分の意識の持ち方次第ですし、文字を「見て理解」することもすでにできていることです。あとは長年やってきた黙読の読み方に戻らないようにするだけです。そこで、なぞり読む癖を「見て理解」に変えやすくする環境づくりのコツを紹介します。ポイントは、「視覚以外の感覚を刺激しながら本を読む環境をつくる」になります。発売即重版となり、4刷となった新刊『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』から、これまでの半分以下の時間で読めて毎月30冊以上読める、最速?最短で読書をモノにする方法を紹介していきます。

聴覚を刺激する

たとえば、音楽をかけながら本を速く読んで、聴覚を刺激する環境をつくります。

 音楽をかけることで、文字を読もう(黙読、音読しよう)とする意識を他にそらすことができます。

 読もうとする意識をそらしていくと、文字をなぞって読むというよりも、イラストを見るような感覚で文章に目を向けるような感じになってきます。

 言葉や文章が書かれている紙面に目を向けると、どうしてもこれまでの習慣で、反射的に「読もう」としてしまいがちですが、絵画集や写真集のようなものに目を向けても「読もう」という感覚にはなることはありません。

 写真集などは極論すれば、周りにいる人と会話しながらでも見ることはできますが、文字ベースの本だとそれが難しくなるのは、周りからの音声と、頭の中で流れる音声が同時に流れて、どっちの音声を聞けばいいのかわからなくなるからです。

 私が読書のときに流す音楽は、速読を学んでいたときも今も、基本的にはクラシックが多いです。

 ただ、あくまでもこれは「速く読む癖をつける」ことを目的にしているので、音声に気を取られてしまい、本の内容がまったくわからないと、悩まないようにしてください。

 速く読む癖をつけて、「本×環境×経験」の掛け算の「環境」と「経験」に割ける時間を生み出していくことができれば、結果的に本に対する理解度はより深まります。目的とそれに対する行動を混同させないように注意しましょう。

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计