翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 张鸿志 推荐于 2018-04-02 08:12
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:社会

「孤独」というと、「淋しい」「友達がいない」など、マイナスのイメージを抱く人が多いかもしれない。
しかし、見方によっては「自由」「孤高」といった言葉を連想できるのではないだろうか。

孤独に惹かれ、孤独ほど、贅沢な愉楽はないと述べるのが、『極上の孤独』(幻冬舎刊)の著者である下重暁子氏だ。
本書では、「孤独を味わえるのは選ばれし人」「独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」など、一人をこよなく愛する下重氏が孤独の効用を紹介する。

孤独の「孤」の字は、個性の「個」の字と下重氏は言う。孤独を知らない人は、「個」が育たないから個性的になれない。「個」は長い年月をかけて培われるものだが、崩れるときは簡単だ。

人と群れる、人の真似をする、仲間外れになることを恐れる、物事に執着する。そんなことをしていれば、「個」はあっという間に失われてゆく。そうならないために、「孤」の時間を増やしていく必要があるだろう。
そして、その努力なしには「個」は育たないし、魅力的にもなれないと下重氏は指摘するのだ。

自分の心の声に耳を傾ける時間を持つことで、自分が何を考えているのか、本当は何を求めているのかなど、本音を知ることができるはず。

また、「孤独」と「淋しい」は違う。下重氏は「話し相手がいないから淋しくて孤独」という安直なものは孤独でないと述べ、淋しいとは一時の感情であり、孤独とはそれを突き抜けた、一人で生きていく覚悟だと説く。

淋しさは何も生み出さないが、孤独は自分を厳しく見つめることだと言える。

集団の中にいるときに、孤独を感じる。というように、ふと孤独を感じる瞬間は誰にでもあるはずだ。いっそのこと自ら進んで、独りになってみてはどうだろう。孤独の時間を過ごすことで、個が育ち、魅力的な人になれるかもしれない。

本文已经有人在翻译

翻译版本

为了成为富有魅力的人而朝着“孤独”前进 翻译时间:2018-05-17 09:38
译者:YW | 译文语言:中文  | 所属分类:社会  | 审核状态:已审核 
 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计