翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-01-27 15:23
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:科学

エジソンはどのように実用的な電球を発明したのか

 電球を発明した人は誰かと聞かれたら、アメリカの発明王トーマス?エジソンと答える人が多いのではないだろうか。

 だが実は電球を発明したのはエジソンではない。イギリスの発明家ジョセフ?スワンなのだ。特許も、エジソンが申請する1年前にスワンが取得している。

 ただしスワンが考案した白熱電球は実用に向かなかった。光を放つ線状の部品であるフィラメントが、電流を流すと高熱になり、わずか数分で切れてしまうからだ。

 実用化のためには、長時間発光可能なフィラメントの素材を見つける必要があった。そこでエジソンも試行錯誤しながら探していたのである。

 そんなある時、エジソンはふと机の上に置いてあった扇子に目を留めた。その瞬間、「これだ!」と閃いた。扇子の柄に使われていた竹が素材として使えると思いついたのだ。

 そうしてエジソンは長時間点灯できる電球の実用化に成功した。

 そのエジソンが発した「天才とは1%の閃きと99%の努力である」という有名な格言がある。確かに努力は必要だ。しかし、そもそも「1%の閃き」がなければ、いくら努力しても意味がないのではないか。

 では、この大切な「1%の閃き」を確実に起こす方法はあるのだろうか。

本書『天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法』は、エジソンが経験したような「突然の閃き」が起こるメカニズムを科学的に考察した一冊だ。

 5感を超えた「第6感」という言葉が、「閃き」を表すのに使われることがある。だが著者のウィリアム?ダガン氏は、閃きには2種類あるとし、新たに「第7感」という言葉を使って、第6感と区別している。

 ダガン氏は米国コロンビア大学ビジネススクール上級講師。独自の「第7感」についての講義を同校大学院課程とエグゼクティブコースで担当している。以前はフォード財団で戦略コンサルタントをしていた。

 さらにダガン氏は、著書の『戦略は直観に従う』(杉本希子?津田夏樹訳、東洋経済新報社)が「strategy + business」誌で年間最優秀戦略書に選出されるなど、その独創的で精力的な活動が各界で高い評価を得ている。

スターバックスの今のスタイルを作った「第7感」

 ダガン氏が定義する第6感は、消防士やアスリートなどが経験するもので「直感」とも呼ばれる。過去に同じ状況を何度も経験したことにより、類似の状況に一瞬で(直感的に)対応できる脳の働きを指す。したがって第6感は、過去に経験したことのない状況では働かない。

 一方第7感は、脳内の過去の記憶や目の前の状況などを、脳が勝手に組み合わせることで生じる。それによって、それまでに経験したことのない状況でも、斬新なアイデアを「閃く」ことができる。

そのために脳は、本人が無意識のうちにすべての記憶を辿り、可能性のある新たな組み合わせを静かに探索し続ける。その記憶の探査には、ある程度時間がかかる。だから問題を考え始めてから長時間経った後に、突然閃いたりするのだ。

 エジソンの脳は、電球のフィラメントに使える素材のアイデアを探索し続けていた。そして机の上の扇子が認識された瞬間に、「竹には炭素が含まれている」という記憶が、「フィラメントの素材」との「新たな組み合わせ」を作った。これは典型的な第7感のメカニズムである。

 本書には、現在のスターバックスコーヒーのビジネスモデルを作り上げたハワード?シュルツ氏が、第7感を使ったエピソードが紹介されている。

 シュルツ氏は、米国のシアトルで上質なコーヒー豆を販売する会社に勤めていた。ある時、彼は展示会で店舗で使う新しい什器を見つけるために、イタリアのミラノに出張していた。

 展示会の日の朝、ふと目についたコーヒーバーに立ち寄った。その時、カップを片手に談笑する人が多いことや、そのようなコーヒーバーが街中にたくさんあることに気がついた。これは米国では見たことがない光景だった。

 シュルツ氏に、ある閃きが起こったのはその日の夕方だった。展示会からの帰り道に再びコーヒーバーに寄り、エスプレッソを飲みながら店内を眺めていたとき、「米国で本格的なイタリアのコーヒーバー文化を再現すれば、多くのお客さんの心に響くはずだ!」という斬新なアイデアが浮かんだのだ。

 どうしてもこのアイデアを実現したくなったシュルツ氏は、会社を辞め起業した。その会社が今のスターバックスコーヒーの起源となる。

「歴史の先例」と「オープンマインド」が閃きを準備する

 ダガン氏の分析によれば、第7感を働かせるには「歴史の先例」「オープンマインド」「突然の閃き」「決意」という4つのステップが必要になる。

 第7感による「新たな組み合わせ」が生じるためには、解決しようとしている問題に関連しそうな事柄を網羅的に調べるなどして知識を増やしておく必要がある。エジソンは、フィラメントに最適な炭素素材を見つけるために、あらゆる素材をシラミつぶしに調べていた。これが「歴史の先例」のステップである。

 次の「オープンマインド」は、自分が直面している状況や、既存の常識的な考えなどを忘れられる心の状態を指す。そうした状態になることで、脳は記憶の中の材料を自由に組み合わせる空間と時間を確保できるのだ。

 シュルツ氏はミラノで「展示会で什器を探す」という本来の目的を果たした後に、コーヒーバーでほっと一息ついた。それによってシュルツ氏は自然にオープンマインドになれた。

 もしシュルツ氏がコーヒーバーでも什器のことばかり考えていたら、今のスタイルのスターバックスコーヒーは生まれなかったかもしれない。

 企業が新規事業のアイデアを出したい時に、職場を離れて郊外や温泉などに場所を移して議論をすることがある。これには、リラックスしてオープンマインドになれる環境に身を置くことで第7感を働かせやすくする狙いがあると思われる。

 ぶらぶらと散歩をしたり、風呂に入ってリラックスしている時などに良いアイデアが浮かぶという人も多いに違いない。閃きを生むには、意図的にオープンマインドになれる時間を確保するといいだろう。

第7感で目標を達成する「人生戦略マップ」

 目標を「書き出す」ことで達成しやすくなると、よく言われる。実はこれにも第7感が関係しているのだそうだ。本書には、第7感を活用して目標を達成するための「人生戦略マップ」というツールが紹介されている。

 人生戦略マップは、数行からなる表組だ。まず各行の左端の欄に「やりたいこと」を記入し、右端にそれに関する「目標」を記入する。

 次に左端の「やりたいこと」の一つ右の欄に短期的な「行動」、さらに右の欄に「障害」を記入していく。また、同様に右端の「目標」の左の欄に長期的な「障害」、その左の欄には長期的な「行動」を記入する。

 ポイントは、左側に記入した短期的な「行動」「障害」の欄と、右側の長期的な「行動」「障害」の間に「未知のステップ」を書く欄を空けておくことだ。目標を達成するには、この未知のステップを埋めなければならない。

 このように記入したマップは、時々点検するようにする。それによって第7感に空欄の未知のステップに注意を向けさせるのだ。そうすれば脳は空欄を埋めるべき答えを自動的に探索してくれる。

 時間はかかるかもしれないが、新たな知識や経験を得るごとに「歴史の先例」が増えていき、「突然の閃き」の可能性が高まる。そうした閃きを使うことで目標達成に近づけるというわけだ。

 「そういえば」と思い出して、10年前に使っていたノートを引っ張り出してみた。するとその中に、「軽井沢に住む」「文章を書く仕事をする」という二つの目標が書いてあったのだ。

 書いた当時は、これらの目標を達成する具体的な方法は見当もつかなかった。その後、書いたことすら忘れていたのだが、今はどちらの目標も達成できている。第7感のおかげなのだろう。

 ぜひ本書を読み第7感の働きを理解した上で、「人生戦略マップ」に目標とやりたいことなどを書き込んでみてはいかがだろうか。

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计