翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2018-01-02 21:18
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:健康
この季節になると駅伝やマラソンの報道が連日、テレビや新聞などをにぎわす。ランニングシューズを扱ったTBS日曜劇場『陸王』(2017年10~12月放送)も好評だった。
一方、颯爽と走るスタイリッシュなランナーを見かけて「走ってみたい」と思ったものの、なかなか始められないという人も多い。そんな悩みに答えるべく、伊達公子選手や福原愛選手、そして箱根駅伝を連覇した青学大駅伝チームのフィジカルトレーナーを務めた著者が『世界一やせる走り方』に紹介した、ランニングの初心者が走ってやせるために必要なことを一部公開する。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」に変える

「確実にやせるためには、週に何回走ればいいですか?」

という質問をよく受けます。では、どのぐらいの頻度で走ればやせるでしょうか。

答えは「その人が習慣にできる回数」です。とはいえ、残念ながら月1回では習慣にしてもやせられないので「週何回」という質問はある意味正解です。ただし「誰もが週●回走ればやせられます」とも言えません。

大学教授などは「理論的には最低、週2~3日」という回答をするでしょう。でも長年、現場でさまざまな人の体を見ていると、やせるペースは十人十色で「何回」などと断言できなくなります。

重要なのは決まった回数ではなく、習慣化できるかどうか。たとえ1回に90分間走れても、月に1~2回しかできなかったり続けられなかったりしたら、当然、やせるのは不可能です。でも運動習慣のなかった人が15分間でも毎日走れるようになったら、確実にやせられます。

私のクライアントもダイエットに成功している人のほとんどが、毎朝20分、月水金、帰宅後毎日15分、週末20~30㎞など「運動のパターン化」に成功しています。もちろん最初は、距離なり時間、頻度を少なめからスタートしてもいいし、いくつかパターンを用意して、週ごとに変えてもいい。そうやってベストな時間帯、タイミングをつかんでいくのです。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」にする。それが成功した瞬間、体にやせスイッチが入るのです。

この季節になると駅伝やマラソンの報道が連日、テレビや新聞などをにぎわす。ランニングシューズを扱ったTBS日曜劇場『陸王』(2017年10~12月放送)も好評だった。
一方、颯爽と走るスタイリッシュなランナーを見かけて「走ってみたい」と思ったものの、なかなか始められないという人も多い。そんな悩みに答えるべく、伊達公子選手や福原愛選手、そして箱根駅伝を連覇した青学大駅伝チームのフィジカルトレーナーを務めた著者が『世界一やせる走り方』に紹介した、ランニングの初心者が走ってやせるために必要なことを一部公開する。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」に変える

「確実にやせるためには、週に何回走ればいいですか?」

という質問をよく受けます。では、どのぐらいの頻度で走ればやせるでしょうか。

答えは「その人が習慣にできる回数」です。とはいえ、残念ながら月1回では習慣にしてもやせられないので「週何回」という質問はある意味正解です。ただし「誰もが週●回走ればやせられます」とも言えません。

大学教授などは「理論的には最低、週2~3日」という回答をするでしょう。でも長年、現場でさまざまな人の体を見ていると、やせるペースは十人十色で「何回」などと断言できなくなります。

重要なのは決まった回数ではなく、習慣化できるかどうか。たとえ1回に90分間走れても、月に1~2回しかできなかったり続けられなかったりしたら、当然、やせるのは不可能です。でも運動習慣のなかった人が15分間でも毎日走れるようになったら、確実にやせられます。

私のクライアントもダイエットに成功している人のほとんどが、毎朝20分、月水金、帰宅後毎日15分、週末20~30㎞など「運動のパターン化」に成功しています。もちろん最初は、距離なり時間、頻度を少なめからスタートしてもいいし、いくつかパターンを用意して、週ごとに変えてもいい。そうやってベストな時間帯、タイミングをつかんでいくのです。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」にする。それが成功した瞬間、体にやせスイッチが入るのです。

この季節になると駅伝やマラソンの報道が連日、テレビや新聞などをにぎわす。ランニングシューズを扱ったTBS日曜劇場『陸王』(2017年10~12月放送)も好評だった。
一方、颯爽と走るスタイリッシュなランナーを見かけて「走ってみたい」と思ったものの、なかなか始められないという人も多い。そんな悩みに答えるべく、伊達公子選手や福原愛選手、そして箱根駅伝を連覇した青学大駅伝チームのフィジカルトレーナーを務めた著者が『世界一やせる走り方』に紹介した、ランニングの初心者が走ってやせるために必要なことを一部公開する。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」に変える

「確実にやせるためには、週に何回走ればいいですか?」

という質問をよく受けます。では、どのぐらいの頻度で走ればやせるでしょうか。

答えは「その人が習慣にできる回数」です。とはいえ、残念ながら月1回では習慣にしてもやせられないので「週何回」という質問はある意味正解です。ただし「誰もが週●回走ればやせられます」とも言えません。

大学教授などは「理論的には最低、週2~3日」という回答をするでしょう。でも長年、現場でさまざまな人の体を見ていると、やせるペースは十人十色で「何回」などと断言できなくなります。

重要なのは決まった回数ではなく、習慣化できるかどうか。たとえ1回に90分間走れても、月に1~2回しかできなかったり続けられなかったりしたら、当然、やせるのは不可能です。でも運動習慣のなかった人が15分間でも毎日走れるようになったら、確実にやせられます。

私のクライアントもダイエットに成功している人のほとんどが、毎朝20分、月水金、帰宅後毎日15分、週末20~30㎞など「運動のパターン化」に成功しています。もちろん最初は、距離なり時間、頻度を少なめからスタートしてもいいし、いくつかパターンを用意して、週ごとに変えてもいい。そうやってベストな時間帯、タイミングをつかんでいくのです。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」にする。それが成功した瞬間、体にやせスイッチが入るのです。

コンプレックスを解消したい、メタボ体型から脱出したい、モテたい。5kg、いや10kg体重を落としたい。結婚式まで、夏までにやせたい。体重よりも見た目を引き締めたい、やせなくてもいい、これ以上太りたくない……。

これらの動機を明確にして文字化しておくといいでしょう。手帳や日記に書きとめたり、壁に張ったりするのもおすすめです。

ダイエットは一朝一夕では成功しません。まず成すべきは走ることを習慣にし、途切れ途切れでも続けること。最初の動機が、ぼんやりして忘れたりすると「やめたいなぁ」と弱気になった瞬間、あっという間にサボりグセや怠けグセに打ち負かされるのです。

「やめたいなぁ」と思ったら、必ず最初の動機に立ち返りましょう。やせたい理由を強く心に刻むことがスタートラインです。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583