翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 张鸿志 推荐于 2017-11-12 12:53
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:社会

夜泣きがずぅーっと続いている。

イヤイヤ期がすごくて、正直外出が億劫。

だんだんと子どもとも向き合えなくなってきて、自分ばかり責めていませんか?そんな幼少期の我が子との向き合い方に悩んでいる方は少なくありません。

そこで今回は実際に1児の母であり、コーチングの考え方をベースに恋愛?夫婦力向上アドバイザーとして活動しているコマツマヨさんに、そんな苦しいママに今すぐ実践してほしい“笑顔になる方法”を教えてもらってきました!

1. 子どもの考えを尊重してみる

「子どもが泣いている時に“なんで泣き止まないの?”と頭を抱える方や、“子どもは泣くものだから”と自分に言い聞かせる方は多いと思います。ですが、それはママ側の勝手な思い込みなんです」と、コマツさん。

泣いているのは、子どもなりに泣いてしまう理由があるから。大人でもモヤモヤがたまってくると、泣きたくなることがあるはずです。

コマツさんは「子どもが泣くのは、まさにこれです」と言います。幼少期は感情を上手くコントロールする術を知らないこともあって、モヤモヤが積もると泣いてしまうのです。

ですから、子どものモヤモヤを消化してあげるように接しましょう。泣きはじめたり、泣いているシチュエーションにもよりますが、優しく、子どもが考えていることを聞いてあげるのがポイントです!

「この子が友だちだったら、どう?」「どうしてあげたらいいかなぁ?」

子どもの考えを聞き、大人が答えを渡すことは簡単です。ですが、それでは「モヤモヤしたら、泣けばいい」という状態に陥りかねません。

「子どもはママのものではなく、1人の人間だと考えて付き合うことが大切です。うまく考えがまとまらずに更に泣いてしまうかもしれませんが、その時は、また違う形の問いかけをすればいいだけ」と、コマツさん。

1人の人として、子どもと一度対峙してみるといいかもしれませんね。

2. イヤ!を回避するテクニック3つ

コマツさん曰く、「子どもからのイヤイヤに、ママがダメをかぶせても何もプラスが生まれません。お互いに2倍のストレスがかかるだけです」とのこと。

そこで、実際にどんな風に、子どものイヤイヤに対応していけばいいのかをお聞きしました。

「じゃあ、これをしてから、これにする?」

一番簡単なのが、別の方法を提案すること。

「ごはんを食べている時、まだ残っているのに“おかわり!”と言われた経験はないですか? こういう時は“じゃあ、ここにあるかぼちゃを食べてから、ごはん食べようか?”と提案するんです。

すると、子どもも食べたらもらえることが分かるので、きちんと食べようとしてくれますよ」と、コマツさん。

方法を具体的に提示してあげることで、子どもも対応の仕方が分かるので、イヤイヤが落ち着くのです。

イヤイヤに付き合わない

「付き合わないのは、子どもを放置してることになるのでは?」と、イヤイヤに向き合おうとするママさんは多いですよね。

ですが、コマツさん曰く「面と向かって付き合っても、イヤイヤに終わりはありません。正面から受けとめると、ストレスも溜まってしまいます」とのこと。

子育ては、長い長い道のりです。

「イヤイヤするなら、お母さんは違うことするね」と離れることがあってもいいんです。「離れても、子どもは納得いくまでやって、飽きたら落ち着きます。大人でもそういうことないですか?」と、コマツさん。

スルースキルを身につけると、子どもとも良い距離感を築けるのではないでしょうか。

「やらせないといけない」を捨てる

子育てを始めると「こうさせないといけない」、「これをやらせないといけない」と思いがちではないですか?

ですが、コマツさんは「それはただの思い込みです。子育てに正解はないので、“○○しないといけない”なんてないんです」と言います。

ママと子どもも、違うもの。思い通りにいかないのが当たり前なので、イヤイヤをするのであれば「やらせない」とシフトチェンジするのもありなんです。あなたは、あなたの時間を大切に過ごし、笑顔でいる方が重要といえます。

3. 「できないストレスを軽減する」ためにすぐ実践できる3つのこと

ママになるとびっくりするほど、時間が早く過ぎませんか? 気づけば1日が終わっているけれど、やることは終わっていない……。そんなことに悩んでいるママは多いでしょう。

そんな方は、これから紹介する考え方をひとつでもいいので、取り入れてみてくださいね。

「片付けは1日1回だけにする」と決める

「散らかってる部屋にストレスを感じる方は多いと思います。1日3回、片付けたりしていませんか?」と、コマツさん。

まず「本当にそこで片付けないといけないのか?」と考えてみましょう。「実は片付けないといけないと思っているのは自分じゃないのか?」と疑ってみてください。

実は、これも“思い込み”から来る行動である可能性が高いです。子どもに片付けをさせるのは困難ですから、お昼に片付けたら、また散らかるなんてことも多いと思います。であれば、夜に片付ければいいのではないでしょうか?

大丈夫なら、そのままにして、時間ができたら片付ける。自分なりにそういったルールを決めてみることで、ストレスがかなり減るはずですよ。

自分なりの優先順位をつける

ストレスは、今までできたことができないことで感じてしまいます。

「ですが、子どもがいることでできないからストレス、というのは他人のせいにしていませんか? すべてを、子どもがいなかった時と同じレベルにまで戻せると思わないで」と、コマツさん。

服装にメイク、髪、体型、家事……。思いつく限りの「あの頃に戻したい」を書き出してみましょう。そして、優先順位をつけていきます。

コマツさん曰く「あなたなりの優先順位をつけて動けば、ストレスになりません。そして、上から1つずつ戻していきましょう。優先順位が高くないものは、諦めてもいいんです。そこは気の持ちよう!」とのこと。

無理せず、自分のペースで、昔?理想の自分へ戻していってくださいね。

細分化してみる

子どもと食事を一緒にすると、自分の食事が疎かになっていたりしませんか? 「この時、食事ができないと考えるのではなく、口にできればOKなど、細分化してみることが大事です」と、コマツさん。

出来ないストレスを感じているものに対して、細分化することでハードルを下げることが出来るのです。それだけでも気が楽になりますし、「出来た」を体感しやすくなりますよ。

まとめ

「育児に正解はありません。ですが、ママがストレスをためることで、子どもに厳しくなったり旦那さんにあたってしまったりと、悪循環が始まってしまいます」と、コマツさん。

つまり、ママがストレスをためないようにしていくことが、笑顔で毎日を送るコツなんです。

今回コマツさんが教えてくださったテクニックを試しながら、あなたなりの解決策を見つけていってはどうでしょうか? そして子どもとともに、笑顔の毎日を積み上げていってくださいね。

■取材協力:コマツマヨ
恋愛?夫婦力向上アドバイザー/ライター。焼酎バーの店長、ウエディンググッズデザインメーカーでの経験や姉御肌な性格を活かして、恋愛?夫婦間の問題に悩む女性向けにコラムを執筆中。

また、洋菓子メーカーの広報主任だったことも活かして、企業ホームページライティング、社内報インタビュー、東京23区の広報誌も手がけている。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583