翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2017-11-11 19:13
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:思想
トラブルにあうと、「なぜ自分だけが……」「自分だって努力しているのに」といったネガティブな思考にとらわれがちです。しかし、米国公認会計士の午堂登紀雄氏は、経営者としての自身の経験から「内省によって自分の身に起こったことを意味づけすれば、トラブルも成長の糧にできる」と指摘します。会社と資産を失っても、午堂氏が「ラッキー」と思えた理由とは――。

※以下は午堂登紀雄『人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力』(日本実業出版社)の「『みんなでブレスト』をやめる」(152ページ)を再編集したものです。

経験を意味づけすることの重要性

内省で習慣化したい作業のひとつは、自分に起こったことの意味や理由を解釈して論理的に理解し、自分なりに納得することです。

逆に、結果や状況に意味を見出せなければ、「なんで自分だけ」「自分だって努力しているのに」といった不満や絶望感に襲われることになります。あるいは同じ失敗を繰り返してしまうことにもなりかねません。

たとえば忙しく働いていて、体調を壊して入院したとき、「これは休息しろということなんだろうな」と意味づけすることで、仕事に後れをとってしまう焦りや、会社に迷惑をかけるという罪悪感を和らげようとするのはよく聞く話だと思います。

仮に、リストラに遭ったり、大好きな人との別れに直面したりしても、「自分はこの会社に合わなかっただけで、ほかの場所で価値を出せということだ」「ほかにもっと良い人とめぐり逢うための別れなんだ」などと意味づけすることによって、苦しみも和らぎ、未来に対して前向きな気分がよみがえるでしょう。

ただし、人には思考のクセがあり、ついネガティブな発想に傾く人も少なくありません。そういう場合、もっと自分の声が出てくるまで向き合うのです。そうして前向きな意味づけができる思考体系を獲得していけば、これから直面するかもしれない、はた目には不幸に見える状況に遭遇しても、心が折れず乗り越えることができます。そしてその自信は、未来に対する不安を軽減させ、むしろどのような環境からも幸せを抽出することができ、未来はハッピーだと感じさせる原動力となります。

経験を意味づける主体は「自分」

そしてこうした内省作業もひとりでやるからこそできることです。

しかし悩みを他人に相談すれば、その人の価値観という枠で自分の経験を当てはめられてしまいます。他人は他人の価値基準にもとづき、「キミはこうすべきだったと思う」などと、自分とは違うとらえ方をするでしょう。

仮にそれが客観的で正しかったとしても、「自分はこう思っている」ということが共感されずに違う意味づけをされると、しっかりと状況をとらえて自ら対処しているという「把握可能感」や「処理可能感」を持つことができません。

他人に不本意な意味づけをされると、不要な反省や自己嫌悪、敗北感を味わうことになりかねません。そこで極端ではありますが、わかりやすい例として、かつて世間を騒がせたSTAP細胞問題で説明します。

STAP細胞の再現性が乏しくても、一度でも成功し可能性が見えたのであれば、さらなる研究へのモチベーションは続くはずです。将来の医療に貢献するはずだという自己有能感も得られます。あのように世間からの好奇な目にさらされるまでは。

しかし一連の報道のように、他人から「ウソだ」「ねつ造だ」などと勝手に決めつけられてしまっては、自分の感情の処理が追いつきません。そして「自分は悪いことをした」などと悲観的になってしまう。実際、関係者からは自殺者やウツ患者を生み出しました。

他人に「意味づけ」をゆだねるな

もちろん、私たちの人生は他人に評価されることの繰り返しですし、それが喜びになる場面もたくさんあります。

しかし他人から、自分の本意とは違う勝手な意味づけをされることほどストレスなことはありません。そんな雑音を排除するためにも、自分に起こっていることはすべて自分で意味を持たせようとすることです。

ただしそれは他人からの評価を無視するということでも自分を卑下することでもなく、自分の感情がより幸福感につながるよう意味を与え、自己評価をコントロールするということです。

自分が直面する事態や状況が仮に望ましくないものであっても、「自分にとってはこういう意味があったんだ」「つまりこういうことなんだ」などと、有意な経験としてとらえることができれば、あらゆる出来事が自分にとっての糧として納得することができます。

そうやって自分に起こっていることを受け入れられれば、現実と理想とのズレが縮小し、悲観的になったり絶望したりすることもありません。

たとえば私の場合、最盛期には3事業部で合計30人ほどの従業員を抱える経営者として張り切っていました。

しかし新規事業の不調やリーマンショックの影響などによって業績が悪化したとき、組織の縮小と経営陣の刷新に失敗し、すべての従業員と資産を失い、たったひとりになってしまいました。

経営を次の人材に託そうと交代の準備をしていたが、その人物が私が会社のお金を使い込んでいたんじゃないかなどと言い出し始めた。売上が急上昇していたボイストレーニング事業部も、実は赤字を垂れ流しているんじゃないかなどと言い始めた。

財務諸表を見せても納得しないし、なんで交通費がこんなに多いのかと細かい指摘を始める。バカなことを言わず経営に専念したらどうかと説得したが、結局彼は途中で投げ出し組織も空中分解。社員は全員、離反もしくは解雇。結局最後は私ひとりが会社に残ることになった。

ではこれをどう意味づけしたか。

いろいろストレスのかかるプロセスではあったものの、不動産投資を始めたころの原点である「自由に生きる」という観点からは、むしろ良かったのではないか。

起業した当初は、多くの雇用を生み出し、大きな売上をあげて社会に影響を与える経営者になりたいという理想があったものの、それは単なる周囲に対する見栄や憧れであって、本心ではなかったような気がする。

会社を経営するということは、オフィスを構えたり、従業員をマネジメントしたり、それなりにいろいろな制約がある。新規事業をやろうとすると既存事業の従業員から反対意見が出るなど完全に自由奔放でいられるわけではない。

本当は、自分はもっと自由でいたい。そのためには、オフィスも従業員も持たないほうが、場所にも人にも時間にも縛られることがない。

そしてそういう考えは、当時の株主の意向とも異なっていたため、仲違いの原因となり訴訟に発展しそうになった。それで相手の持ち分を買い取ることにしたが、それも誰からの影響や支配も受けず、自由にビジネスができる環境づくりのための必要なトラブルだったのではないか。

また、株式を買い取った会社は繰越欠損を抱えていたため、今後の節税にもなる。だからこれほど安い金額で株式を買い戻せたのはむしろラッキーだろう――。

「人生の首尾一貫感覚」を得られるか

そんなふうにして状況を自分の価値観に引き寄せ、その中で経験の意味づけを変えて組み立て直せば、状況と自分の感覚が一致することで、思いどおりになっている実感が得られます。

もちろん結果オーライとか自分の都合の良い解釈とか、単なる開き直りに近いこともあります。

しかし、状況を自分の枠組みでとらえ直し、自分に有意な意味づけができることは、人生の「首尾一貫感覚」をもたらしてくれます。

仮にそれがトラブルであっても成長の糧だととらえ直すことで、悲観や後悔ではなく、満足感を得ることができるのです。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583