翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2017-11-09 14:29
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:思想
SNSの普及で誰とでも気軽につながれる時代になりました。しかしその一方、ひとりで物事を深く考える時間が減っているのではないでしょうか。ヒット作『進撃の巨人』の作者である諫山創さんは「自分は非リア充」と公言し、孤独の中で創造力を育んだことがうかがえます。『人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力』(日本実業出版社)の筆者である午堂登紀雄氏が、「孤独の力」について解説します――。

※以下は午堂登紀雄『人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力』(日本実業出版社)の「『みんなでブレスト』をやめる」(152ページ)を再編集したものです。

孤独は想像力を飛躍的に発展させる

インターネットの普及やメディアの多様化によって、こんなに情報量が増えたにもかかわらず、なぜクリエイティブなアウトプットができる人と、そうでない人がいるのでしょうか。

結局、情報や知識を得ること単体では価値を持たせることはできず、それをどう編集?加工していくかが重要だということでしょう。

そしてそれには、ひとりになる時間が必要です。他人が入り込むとそこで思考が中断されますが、ひとりでいれば誰にも邪魔されず、得た情報をもとに黙々と分析したり自分のイメージをふくらませたりすることができるからです。クリエイティブ人材は、そうやって孤独の中からアウトプットを生み出すのです。

マーベルの父祖スタン?リーの「孤独」

たとえばスパイダーマン、超人ハルク、X-メンなどのアメリカン?ヒーローを生み出してきた天才スタン?リー氏はこう言います。

「私にとって、他人とは知的好奇心を刺激し、たのしませてくれるものなんだ。だから多くの人と関わることは、私にとってとても大切なこと。でもその刺激は、そのままでは形にならずに流れていくだけ。その刺激が何かを生み出すためには、ひとりにならなければならないんだ」

アイデアの原石を取り入れるには、たしかに外部からの刺激が必要ですが、アイデアを発展させるためには、他人と共有されないひとりの時間が必要というのです。

彼が言うように、外界からの刺激で何かをひらめいたとしても、それをいったん自分に引き寄せ、自分の中で加工していく必要がある。他人とのディスカッションで良いアイデアが出たとしても、自分の感性で練りこんでいく必要があるのです。

多くの人は、ただ知るだけ、外界からの刺激に感情的に反応するだけ、ということがほとんどです。ただ単に読むだけ、覚えるだけ、「けしからん」と反発するだけ、なるほどと納得するだけのほうがラクだからです。

しかしクリエイティブな人間やイノベーションを起こせる人材は、その刺激を加工?応用し、発想や自分の行動を錬磨するべく内的作業をする思考のクセがあります。

それは「こうかもしれない」「こういうこともありうる」と、外側の世界を自分内部の思考の枠組みに引き寄せ、その中で理解し創造しようという試みです。

そしてそうした思いつきに似た仮説を、現実と照合し検証し、作品として世に問うのです。

いわゆるビジネスの現場で活用されているブレインストーミングやディベートも、他人がいなければできないのではなく、この作業をひとりで繰り返しているのが優秀なクリエイターです。

つまり自分の中に独力で場をつくり、その思考の場の中で複数の違う自分を立ち上がらせて、相互にディスカッションできる人こそが、次々と問題解決策を思いつき、独創的なアイデアを紡いでいけるのです。

孤独の中の創造力が『進撃の巨人』を生んだ

たとえばマンガ『進撃の巨人』。独特の世界観と随所にちりばめられた伏線の数々が多くのファンを引きつけ、2017年初頭でコミック単行本の累計販売数は6300万部を超えるヒットになっています。

しかしこの原作者である諫山創(いさやま?はじめ)氏が『進撃の巨人』を最初に描いたのは弱冠19歳のころだそうです。

そんな彼は暗い学生時代を過ごしたそうで、自らを「非リア充」と言うなど、やはり孤独の中で創造力を育くんできたのだと思います。

そういえば、『孤独の発明』(新潮社)を書いたポール?オースターは、「孤独が人間の全能力を引き出す」と述べていますし、「ローマ帝国衰亡史」を書いたイギリスの歴史学者ギボンも「孤独は天才の学校である」とも述べています。

そうした作品をつくることに限らず、ひとり想像することは、自分をより自由で豊かな世界の中で生かすことができるという側面があります。

たとえば名作『赤毛のアン』の主人公アンは、咲いたバラを見てこう言います。

「あら、早咲きの小さなばらが一輪咲いているわ。美しいこと。あの花は自分がばらなことを喜んでいるにちがいありませんわね?」

何も想像しなければ、そこにただバラが咲いているという風景に過ぎません。しかし自分が遭遇する出来事や事象に対しそのようにとらえることができると、いつでもどのような状況でも幸せを噛みしめることができるのではないでしょうか。

ひとり想像することは生きる知恵

さらに現実とは関わりなく、想像力ひとつで自分を取り巻く環境を前向きにとらえることができます。

先ほどのアンも、孤児の自分が引き取られるとき、待ち合わせ場所に里親がなかなか来ない不安をこう想像しています。

「もし今夜いらしてくださらなかったら、線路をおりて行って、あのまがり角のところの、あの大きな桜にのぼって、一晩暮らそうかと思ってたんです。あたし、ちっともこわくないし、月の光をあびて一面に白く咲いた桜の花の中で眠るなんて、すてきでしょうからね」

普通であれば、もし来てくれなかったどうしよう、どうやって生きようかと絶望するのではないでしょうか。その絶望感の行きつく先は、自殺です。

自殺する人は、仕事やお金、健康や人間関係などで未来を否定的にしかとらえられないからであり、それは想像する能力が低いことを意味します。

しかしそれが仮に現実逃避であっても、アンのような想像力があれば、どんな不幸な状況でも肯定的に解釈することで、自分の生すら支えることができます。

つまり想像力は生きていくうえでの戦略的な知恵であり、究極のサバイバル術であるとも言えます。

かつての偉人や優れた起業家の文献を調べていると、スティーブ?ジョブズ氏やイーロン?マスク氏に限らず、社会を変革するようなイノベーターには、社会性が乏しい人が少なくないとわかります。

しかしよくよく考えてみると、社会性がないから社会のひずみに気がつき疑問が湧くわけです。社会性がないから、周囲が何と言おうと自分の考えを押し通して社会を変えられるわけです。

優れたイノベーターに社会性は邪魔

そもそも「社会性がある」とは、自分を周囲に合わせて集団の中で上手にわたっていく能力のことであり、社会性が高ければ高いほど、周囲が驚くような突拍子もないことはできないでしょう。

つまりイノベーティブ人材になるには、社会性はかえって邪魔なのかもしれません。

フランスの小説家、スタンダールがかつて「凡人が敷いたレールに自分の思考を乗せないのが天才の特徴」と言ったように、他者から抜きんでて何かを成すためには、社会性が大事とか、協調性が大事なんて言うのがそもそもの間違いかもしれません。

もちろん、度を越した社会性の欠如ぶりでは誰からも相手にされず、逆に窮屈になりそうですが、あまりに周囲との協調を重視しすぎる必要はないように感じます。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583