翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2017-11-06 09:24
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:生活
此原文由 旅游 推荐
「渡る」よりも「佇む」にふさわしい
宇治川ならではの「木造和風吊り橋」

いまや「世界一の人気観光都市」としての地歩を固めつつある京都市が、隣接する宇治市と「観光振興と安心安全に関する連携協定」を締結したのは、昨年12月のこと。『源氏物語』に象徴されるように、京都市と宇治市は昔から、政治や文化や経済のあらゆる面で、密接な関係を築いてきた。特に近年は、世界文化遺産である「古都京都の文化財」を擁する共通性から、観光面での連携が急速に進展しつつある。

統計で見ると、京都市を訪れる外国人観光客のほぼ1割が宇治に足を運んでおり、その数は年々増加傾向にある。

それらの観光客の多くが向かうのが、宇治川エリアだ。

宇治川の右岸には宇治上神社、左岸には平等院という、日本の精神文化を凝縮した世界遺産が存在しており、宇治川の中州に浮かぶ塔の島?橘島(宇治公園中の島)を含めたこの一帯は、多様な魅力にあふれた宇治の中心地として、観光客の絶えることがない。宇治川で鵜飼(うかい)が見られる7月~9月下旬には、一服の涼を求めて、さらに訪問客の数が増す。

しかし、中の島や平等院から徒歩で15分ほどの宇治川上流に、50mを超える長さの吊り橋が架かっていることは、意外に知られていない。それゆえこの吊り橋は、宇治の歴史や文化を満喫した後、軽ハイキングをも楽しみたいという方々にとって、格好のスポットとなっている。

宇治橋周辺で広々と雄大な流れを見せていた宇治川が、ゆるやかに蛇行して急に川幅を狭める辺りに架かるその吊り橋の名は「天ヶ瀬吊り橋」。「天ヶ瀬」といえば、このすぐ上流にある「天ヶ瀬ダム」が想起されるが、淀川の治水や宇治市への上水道供給、それに水力発電などを目的として天ヶ瀬ダムが建設されたのは、1964(昭和39)年のこと。天ヶ瀬吊り橋は、それより早い1942(昭和17)年に架橋されており、その11年後に1度流失したが、1996年に、現在の姿へと全面改修されている。

両岸のアンカーを結ぶ太いワイヤーロープで支えられた天ヶ瀬吊り橋は、2m強の幅員があり、欄干や歩道部はすべて木製で、吊り橋としてはまれに見る和風感をたたえている。歴史の地にふさわしいその姿は、吊り橋の人工構造を感じさせない自然さで、見事に景観に溶け込んでいる。

そのためもあってか、吊り橋に特有のスリル感や怖さはなく、歩行者専用橋として、だれもが安心して渡橋できる。

しかしだからこそ、のんびりと橋上に腰を据え、周囲の景観や水の眺めを心ゆくまで堪能できるのがこの橋ならではの最大の特長ともなっている。「渡るための橋」というよりは、まさに「佇むにふさわしい橋」なのである。

その橋上から見渡す渓谷は、桜や、新緑や、紅葉などと、万華鏡の如(ごと)く四季で変転し、見る者を飽きさせはしない。

しかも眼下の宇治川は、日頃は穏やかに流れているものの、天ヶ瀬ダムの放水時には、たちまち迫力満点の奔流と化し、表情を激変させる。その流れの変化を、数m上から間近に観察できるのも、天ヶ瀬吊り橋の醍醐味なのだ。

万葉集には、「ちはや人 宇治川波を 清みかも 旅行く人の立ちかてにする(宇治川の川波があまりに清いからなのか、旅人が立ち去りかねている)」という一首がある。天ヶ瀬吊り橋に佇むと、1200年の時を経て、今もその思いがわかる気がする。

本文已经有人在翻译

翻译版本

渡过京阪沿线的名桥 天之濑吊桥 翻译时间:2017-11-06 09:28
译者:枫凌 | 译文语言:中文  | 所属分类:生活  | 审核状态:已审核 
 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583