翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2017-11-06 09:15
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:健康

医学の世界では、昨日まで「いい」と言われていた食べ物が、突然「悪い」に変わることがある。かつて推奨されたトウモロコシ油やヒマワリ油は動脈硬化を進めることがわかっており、トランス脂肪酸を含むマーガリンも心疾患を増やすことがわかっている。では、私たちは何を信じればいいのか? 20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。

医学的に正しい食事
――食事の正解とは?

 医学は日々進歩しており、昨日まで「いい」と言われていたことが「悪い」に変わることはしょっちゅう起きます。そういう状況にあって最も知的な態度は、人体のメカニズムを前提にして「冷静に最新の正しい情報を得る」ということにつきるでしょう。少なくとも、俗説や非科学的健康法などに飛びつくことではありません。

 私は、日々更新される世界の医学論文を原語で読むことを日課にしています。日本語に翻訳されるのを待ったりはしません。患者さんのために、最も新しく正確な医学知識を得ることは医者の責務だと考えるからです。

?カロリーと肥満は関係ない
?コレステロール値は食事ではほとんど変わらない
?プロテインやアミノ酸は腎臓を壊す

 など、新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』では、最新医学に基づいた「新しい常識10」と「体にいい食べ物10」についてトピックスをまとめておきます。今回はその中から、「体にいい食べ物」の1~5までをご紹介します。残り5つが何か気になる方は、ぜひ本書をお読みください。

 また、個々の項目に関するエビデンスや詳しい解説も、同書に明記していますので、ご興味を持った方はぜひ書籍でご確認ください。

【体にいい食べ物1】オリーブオイル
――糖質に加えるだけで血糖値の上昇を抑えられる

「体にいい」と推奨されたものが、「実は害があった」とあとからわかることがよくあります。マーガリンなど、とくに脂質においてたびたびそういうことが起きます。

 その中で、オリーブオイルについては、ほぼ100%「いいもの」と考えていいでしょう。パンやパスタなどの糖質にオリーブオイルを加えることで、血糖値の上昇が抑えられることも信頼のおける医学誌「European Journal of Clinical Nutrition」で発表されています。

 そのままスプーンに1杯飲んでもいいですし、さまざまな料理の調味料としてオリーブオイルを積極的に使ってください。

 ただ、その品質にはこだわる必要があります。エキストラバージンオリーブオイルのみをOKとしましょう。

 また、原産地から船便で運ばれている間に温度変化にもさらされます。できるだけ信頼のおける店で、新しいものを購入しましょう。オリーブオイルをたくさんとる地中海ダイエットは、長寿食としても報告されています。

【体にいい食べ物2】ナッツ
――無塩?無添加ならDNAに適した自然な食材

 クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ……ナッツ類にはビタミン、ミネラル、食物繊維、不飽和脂肪酸など体にいい成分が詰まっています。糖尿病や心疾患をはじめ、さまざまな病気を予防し長生きできる食べものと言えます。

 縄文人も常食していたはずですから、ナッツを大いに食べましょう。小腹が空いたときのために、デスクの引き出しに常備しておくといいでしょう。いま、コンビニでもナッツ類は簡単に手に入ります。ただ、多くが塩味のついたもので、食べ過ぎれば塩分の過剰摂取になりますから、なるべく無塩のものを選んでください。

 また、原産地にも注意が必要です。ナッツ類の多くが、アメリカ、インド、中国などから輸入されたものです。いいかげんな管理をしていればカビが生えるし、逆に防かび剤などの体に悪い添加物をたくさん使っているものもあります。

 商品の裏に輸入国が表示されていますから、自分の目でじっくり確認し、納得できるものを口にしましょう。

【体にいい食べ物3】ワイン
――老化防止?長寿につながる数多くのデータがある

 アメリカの栄養学学会誌「The American Journal of Clinical Nutrition」に掲載された論文など、信頼できる機関によるいくつかの研究で、ワインは体にいいものであることが証明されています。ビールや日本酒など糖質の多いものを多量にとったケースを除き、そもそもアルコール自体が体にいいのですが、とくにワインは優れています。

 ポリフェノールをたっぷり含んだ赤ワインは、強い抗酸化作用を持っています。白ワインは、ミネラル成分の影響でやせる効果があることがわかっています。

 いずれの場合も、血糖値を下げます。私自身の実験でも、夕食にワインを飲めば、翌朝の空腹時血糖値は低くなります。

 日本人は体質的にアルコールに弱い人が多く、そのため「お酒は健康に良くない」という思い込みがあるようです。1人あたりのアルコール消費量は世界で70位前後。宗教上の理由で飲まない国があることを考えると、かなり低いランキングです。飲みすぎは論外ですが、飲める体質の人はもっとワインを楽しみましょう。

【体にいい食べ物4】チョコレート
――カカオ70%以上ならポリフェノール満載の健康食品

 チョコレートの原料であるカカオはポリフェノールの塊。非常に強い抗酸化作用を持っています。仕事中に口寂しいときなど、チョコレートを食べるといいでしょう。世界1位、2位の長寿の方は2人ともチョコレートを食べていました。

 ただし、チョコレートなら何でもいいというわけにはいきません。昔から日本のお菓子売り場で売られていたチョコレートはカカオの割合が少なく、ほとんど糖質と脂質ですから肥満の元となります。

 一方、いまは「カカオ○%」とカカオの含有量を明記した商品が増えています。そうしたものの中から、なるべくカカオ含有量が多い商品を選びましょう。

 私が自分の患者さんにすすめているのは、カカオ含有量70%以上のもの。カカオ含有量が多くなるほど、苦みのきいた大人の味となり、お酒のつまみとしても楽しめます。いまは、デパ地下や駅ビルなどに本格的なチョコレート店が進出しています。そういうところで高級な品を求め、少量たしなむというのが一番いいかもしれません。

【体にいい食べ物5】大豆
――AGEや尿酸値を下げる最強の植物性タンパク質

 健康を考える上で、大豆は完璧な食べものです。100点をつけていいでしょう。私たちが生きるためにタンパク質は必須ですが、それが動物性のものでなくともいいのです。禅宗のお坊さんは肉や魚を食べなくても健康で長生きするのは、豆腐などの大豆製品から良質の植物性タンパクをとっているからです。

 大豆に多く含まれるイソフラボンは、抗酸化物質であるポリフェノールと同じような働きをし、悪玉物質AGE(『医者が教える食事術 最強の教科書』で詳述しています)を下げることがわかっています。また、尿酸の上昇を抑えることもわかっています。

 豆腐や納豆といった大豆製品を毎日食べましょう。納豆は、発酵というステップを経ているので、さらに健康にいい食材となります。

 牛乳の代わりに豆乳を飲むのもおすすめです。ただし、甘い味のついたものは糖質が多くなりますので、プレーンタイプの豆乳を選んでください。

 以上、今の医学で正しいと言える「体にいい食べ物」を5つご紹介しました。では、残りの6~10はいったい何だと思いますか? 良質なタンパク質が効果的にとれる食材、老化防止につながるポリフェノール豊富な食材、糖尿病を抑えるという多くの報告がある身近な飲み物など、あなたの体調を整える食べ物はまだ多くあります。

 ご興味のある方は、書籍『医者が教える食事術 最強の教科書』で書いていますので、ぜひご覧になってください。食べ物だけでなく、これまでの健康の常識を覆す「新しい常識10」もまとめています。

 この先もいい仕事をし、充実した人生を送りたいと望んでいるなら、本書で医学的に正しい「食の教養」を身に付け、いますぐ食事を変えてください。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583