翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2017-07-28 17:12
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:思想

「期限を設ける」ビジネススキルから、「期限との向き合い方を変える」ライフスタイルへーー。

これまで当然とされてきた生き方が、時代の流れとともに少しずつ変化しはじめています。いや、むしろそれは「進化」と呼ぶべきなのかもしれません。いずれにしても、その中心にあるべきは、他の誰でもない“自分自身”。これからの時代を生きていくにあたっては、自分自身のあり方が重要なポイントになっていくだろうということです。

果たして、どういうことなのでしょうか? このことを意識してみるにあたり、まず改めて確認すべきは、もはやすっかりおなじみのものとなった“ライフハック”についての考え方です。

従来の“ライフハック”とは?

170726sk-ii03
Image: marekuliasz/Shutterstock

ご存知のとおり、“ライフハック”の中核をなす重要な概念は、「期限を設けてタイムマネジメントをしつつ、業務を遂行していく」こと。アメリカの生産性向上コンサルタント、デヴィッド?アレン氏が提唱したワークフローの管理手法「Getting Things Done(GTD)」がその代表的なものとして知られています。

つまりは「次になにをやるべきか」という視点に基づいて「期限」を設け、具体的なスケジュール管理を行うことが大切だという考え方です。当然のことながらそれは、スケジュールに追われる現代のビジネスパーソンにとっては不可欠なもの。

「期限」をつけてそれぞれのタスクを機能的に推し進めることが結果的にモチベーションを向上させ、パフォーマンススキルを高めることにもなるわけです。いわばビジネスに不可欠な発想であり、その価値が変わることは今後もないものと思われます。

それだけではありません。「期限を設ける」ことは、個人の生き方にも少なからず影響を与えてきたのです。「○歳までにこうなりたい」「○歳までにこれをしよう」というように、タイム?リミットをエンジンとして機能させ、日常生活をよりよいものにすることが重要視されてきたということです。

「期限を設ける」ことのリスク

たしかに、「期限」が“プラス思考”としての機能性を発揮してきたのは事実です。しかしその一方で、少なからず弊害もあるということを見逃すべきではありません。もちろん、ビジネスやライフスタイルをより高度なものにするためには、ひとつひとつの物事に向き合う姿勢に「期限を設ける」ことはとても重要。しかし現実的に、それは自分自身を追い込むことにもなりかねないのです。

「期限」との間に、適度な距離感を保ち続けていけるのであれば問題はないでしょう。しかし実際のところ、人間はそれほど完璧ではありません。疲れることもあるでしょうし、なかなかうまくいかずに嫌気がさすことだってあるわけです。だとしたら、そんななかで「期限」をプレッシャーと感じてしまう危険性も否定ないということです。

「30歳までにこうなりたいと思っていたのに、できなかった」

「できないまま、どんどん時間だけが過ぎていく」

「そんな状況を甘んじる自分は、能力がないのかもしれない」

というように、「期限」の存在がプレッシャーとなり、どんどん自分を追い込んでいってしまう危険性もあるということ。特に女性の場合は、現実問題として“年齢”に対する期限が大きな障壁となり得ます。

「早く結婚しなきゃ」

「仕事でも、スキルをどんどんつけなくちゃ」

「もしかして、自分は立ち遅れている?」

そんな焦りや葛藤が、日常に悪影響を及ぼしてしまうのです。だとしたら、本来有効なものであったはずの「期限を設ける」という考え方は、本末転倒なものになってしまいます。でも、社会情勢やテクノロジーが劇的に進化する時代だからこそ、その先頭に立つ私たち人間も、このことについての姿勢をそろそろ見つめなおす時期に来ているのではないでしょうか?

中心に「自分自身」がいるということ

もちろん今後も、さまざまな意味において「期限を設ける」ことは重視されるでしょう。それは普遍的な価値観であり、明日からいきなり消えるようなものではありません。ただ、そんな時代であるだけに、今後は「期限との向き合い方を変える」ことが重要な意味を持ってくるのです。

だからこそ重要なのは、その中心に「自分自身」がいること。

「期限」を設けることによって生じる最大の弊害は、周囲と自分とを比較してしまうことでしょう。先に触れたとおり、スキルアップなり結婚なり、さまざまなことで遅れをとってしまうと、それが自己否定感につながってしまうということ。だとすれば、それは「期限を設ける」ことの弊害以外のなにものでもないからです。

しかし本当に大切なのは、「いま、自分自身がどうありたくて、なにをすべきなのか」ということであるはず。本来の「期限」から遅れていようが、周囲の人たちがどうであろうが、「いま、ここにいる自分」が、自分らしくあることこそが重要だということです。

だとすれば、ビジネスなどに細かな「期限」を設けてパフォーマンスを向上させつつも、個人としての生き方に対する「期限」は外してしまうべき。そのほうが無理なく、スムーズに生きていけるからです。つまりはそれが、「期限との向き合い方を変える」ということです。

なぜなら、大切なのは、自分が自分らしく、心地よく生きることだから。「期限」はあくまで自分が生きていくために要所要所で活用すべき道具にすぎず、それに惑わされてはいけないのです。そして自分らしく生きることができれば、ビジネスも日常生活も、必然的により心地よいものになっていくはず。それこそが、これからの時代に求められるべき生き方なのではないでしょうか?

年齢に縛られる必要なんてない

スキンケアブランドのSK-IIが、「期限なんてない」というタイトルの企画を展開しています。文字どおり、多くの女性が漠然と意識しているであろう「期限」に焦点を当てたもの。動画では、中国、韓国、日本の3人の主人公が年齢のプレッシャーを受け、葛藤する姿を描いています。

手首に刻まれているのは「生年月日」と「30歳の誕生日」、つまり30歳で期限が切れるという意味。それぞれの文化ごとに悩みは異なるものの、年齢に対するプレッシャーという同じものを抱えながら葛藤する女性達が登場します。

「期限」の周囲にまとわりつく「人の目」よりも、大切なのは「自分がどんな人間で、なんのために生き、どんな思いを伝えるか」。そして私たちは、それを自分自身で決められるはず。そうやって、強い気持ちを持つことの重要性を説いているのです。

年齢に縛られる必要なんてない

誰かに決められた期限なんてない

たとえば年齢やジェンダーなど、ここに登場する女性たちは、漠然とした不安から懸命に抜け出そうとしています。その姿こそが、この動画に込められたメッセージ。もちろん女性たちをターゲットにしたものではありますが、性別の差にかかわらず、男性の心にも強く訴えかけることでしょう。

SK-IIが行なった「女性の生き方に関する意識調査」では、20?40?50歳といった節目に比べ、「30歳」がもっとも迎えるのが不安な年齢という結果に(首都圏の10~50代の女性1400人が調査対象)。

「女性は生物学的に見て、子供が欲しいのであれば期限がある」という意見も多い中、SK-IIがこのキャンペーンを通じて伝えたい本当のメッセージは、社会的、もしくは他人からのプレッシャーに負けず、自分が好きな人生を歩んで欲しいということ。重要なのは「運命を変える力は、あなた自身の中にある。誰かに決められた期限なんてない」というメッセージなのです。

なにかに縛られているという思いを抱いている人に対して、なんらかの気づきを与えてくれるはず。また、サイト上に掲載されている世界中のさまざまな場所で活躍する女性たちのストーリーを、自分自身の生き方に重ねてみることもできそうです。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583