翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 杨燕霖 推荐于 2017-06-05 16:54
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:社会
此原文由 天声人语 推荐
アユの季節である。九州の球磨(くま)川、紀州の日置(ひき)川、関東の那珂(なか)川など各地の名所で先月から来月にかけ、アユ釣りが解禁されていく▼主流は、おとりにアユを使う友釣りと聞く。川に泳ぎ着いたアユはそれぞれに半畳か1畳ほどの瀬を占有する。侵入したアユを撃退する縄張り行動に着目し、おとりに針をログイン前の続きつるして近くを泳がせ、アユを仕留める▼友釣りの起源には諸説ある。「江戸時代、伊豆の狩野(かの)川である僧が編み出したという説が有力。伊豆から長良(ながら)川など他の土地へ伝わったようです」と大阪市東成区村田満(みつる)さん(78)。銭湯経営のかたわら、釣り具大手などの主催する大会で名をはせ、独自の技法も編み出した名人だ▼北海道から台湾まで各地の川でアユと対峙(たいじ)すること五十余年。友釣りは1980年ごろにブームが起きてファンも増えたが、「肝心の河川環境は良くならなかった」と嘆く。ダムや人工の堰(せき)が回遊の道をふさぐ。農薬や公共工事が川を汚し、アユのえさであるコケや藻の生育を妨げてしまう▼〈竿(さお)を伝う動き頼もしおとりあゆ〉。アユ研究で知られる故宮地伝三郎?京都大教授の句である。〈友釣りの足場もとめて合歓(ねむ)の花〉。俳号は非泥(ひでい)。アユのみならず釣る側の生態も好んで詠んだ▼アユと人の知恵比べなら圧倒的に人が優位かと思いきや、そうでもないらしい。おとりか否かアユは見抜いてしまう。釣り客の多い瀬にすむアユは目が肥え、よほど細い針でないと近づかない。調べるほどに賢い魚である。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583