翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 潘琳 推荐于 2015-11-17 15:18
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:自然
此原文由 国家地理日本版新闻 推荐

ボルネオ島東部にそびえる石灰岩の崖。熱帯雨林に囲まれたこの地には多数の洞窟があり、先史時代の岩絵や古代人類の痕跡を見つけることができる。また、このサンクリラン-マンカリハットのカルスト地帯は、多様な動物種にとっての安らぎの場所でもある。(PHOTOGRAPH COURTESY OF FRANCOIS-XAVIER RICAUT)
 

 東南アジア、ボルネオ島東部のインドネシア領に、世界遺産への登録が検討されている、人類と自然の財産あふれる土地がある。サンクリラン半島のカルスト地形「サンクリラン-マンカリハット?カルスト」だ。

 フランス?トゥールーズ大学の考古学者フランソワ-シャビエル?リコー氏が率いるフランス?インドネシア共同研究チーム「MAFBO」(Mission Archéologique Franco-Indonésienne à Bornéo)は、7年間にわたり、このカルスト(広さ150万ヘクタール)にある3つの現場で発掘を続けてきた。

 浸食された石灰岩の尖塔を熱帯雨林が取り囲むこの土地は、科学調査はおろか動き回ることすら困難。「これまで考古学的調査はほとんど行われてきませんでした。(調査は)まだ始まったばかりなのです」とリコー氏は言う。

 粘り強い調査の末、リコー氏らは、3万5000年前の骨と木炭を見つけた。ボルネオ島で人類の存在を示す証拠としては最古のものだ。「これほど古い遺物が見つかったことはエキサイティングです。なぜならボルネオ島は、人類の進化や拡散のストーリーから長い間取り残されていたからです」

SOURCE: SOURCE: SCHOOL OF ENVIRONMENT, UNIVERSITY OF AUCKLAND, NEW ZEALAND

 ユネスコは、この地形の自然的および文化的な価値を認めているようだ。このカルストを世界遺産の暫定リストに入れており、視察団の派遣に興味を示している。

 しかしリコー氏は、最新の科学的発見もユネスコの関心も、手遅れになりかねないと懸念している。プランテーションの急速な拡大と違法な森林伐採の影響でこの地に圧力がかかっているうえに、石灰岩(セメントの主原料)を掘削しようという動きまである。さらに森林火災が、野生生物とその生息地の消失を加速させている。森林火災は土地を切り開くために意図的に引き起こされている可能性が高いという。

 何が失われるのかは、誰にもわからない。10年前にインドネシアのフローレス島で発見された「フローレス原人」(Homo floresiensis)は、依然として科学的な関心と議論を呼んでいる。この小型の人類は、1万2000年前ごろまで、現生人類と同時に生息していたと考えられている。

 MAFBOチームが発掘作業をしているエリアからは、崖に面した洞窟内で1万年以上前の古代人による手形が多数発見されている。チームは、発掘された古い骨のほかに、有史以前の岩絵を数百点発見した。オレンジ色から茶色の赤鉄鉱を使って、バク(現在ボルネオ島では絶滅)、バンテン(野生の牛)のほか、現在では知られていない生き物の絵が描かれている。

カルストの洞窟に見られる、1万年前の古代人が残した手形。(PHOTOGRAPH BY CARSTEN PETER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

盲目の魚、オランウータン、そして先住民

 サンクリラン-マンカリハット?カルストのすばらしさは、人類の足跡だけではない。東南アジアの石灰岩の丘や谷は、「危険にさらされた生物多様性の箱舟」とも呼ばれるほど貴重なものだ。

「このカルストを探検すると、言葉を失います」と言うのは、ジャカルタにあるインドネシア大学の生物学者ロンダン?シレガル氏だ。この地域は、カルスト地形ならではの珍種の宝庫である。「盲目の淡水魚、珍しいコウモリ、ジャワアナツバメ、オオアナツバメのほか、数えきれないほどの動物を見ました。カルストの森は、エルニーニョの年の森林火災から逃げてきたオランウータンにとっての避難所にもなっています」

 英ケント大学ダレル保全?生物研究所の熱帯生態学者マシュー?ストゥルビグ氏によると、この地のコウモリの種の多様性は、他の東南アジアのどの地よりも優れている。さらに、個体数も驚くほど多い。「洞窟の一部には、何百万とは言わないものの、大量のコウモリが生息しています」

カルストの洞窟をねぐらにするハチマキカグラコウモリ。この地には東南アジアで最も多様なコウモリ種が生息していると考えられている。(PHOTOGRAPH BY MATT STRUEBIG)

 ストゥルビグ氏は、ある洞窟で巨大なゴキブリに遭遇した。それは、カルストの生物多様性を示す偶然の発見だった。「後に、それはその洞窟に固有の新種であることがわかりました。4インチ(10cm)近い、世界最大級のゴキブリでした」

「重要なカルスト生態系は、ボルネオ島のあちこちで保護されています。しかし、文化的にも環境的にもより重要と思われるサンクリランのカルストがあまり保護されていないことは、驚きでもあり残念でもあります」

 この地域は、2000人のレッボ族にとっての避難地にもなっている。レッボ族は、ボルネオ島東部の内陸部に住む、唯一の民族だ。「古代人と同様、レッボ族がカルストを横断する際は、洞窟の中で寝泊まりをします」と、MAFBOチームの民族言語学者のアントニオ?ゲレイロ氏は言う。

 ゲレイロ氏によると、レッボ族が語る物語には、洞窟の壁画の要素が盛り込まれている。「ある神話には、8人の妻を持つ若きシャーマンが登場します。そのシャーマンは、洞窟に手形を残すことで、カルスト地域を支配していたとされています」

 これら地元住民の助けがなければ、MAFBOの考古学者は作業ができなかっただろうとリコー氏は言う。「何年間か、40人のレッボ族の助けを借りていました。マンパワーとしてだけでなく、彼らはカルストと森のことを知り尽くしており、岩窟住居を見つけたり、壁画を解説してくれたりしました」

セメントか遺産か

 現在、中国企業の安徽海螺水泥股份有限公司がこのカルストから石灰岩を採取する許可を得ている。同社はボルネオ島南部にすでに採石場を持っており、このカルストで年末までに作業が開始されない場合、その許可は期限切れになる予定だ。

 同カルストのうち3900平方キロメートルは開発から守られているものの、今後の政府の方針によって、強化されるか撤回されるかはわからない。「採石場がどれほどの脅威になるかは、それがつくられる場所次第です」と語るのは、環境保護団体「Fauna and Flora International」のトニー?ホウィットン氏。同団体は、1996年からインドネシアで保護プログラムを実施しており、アジア全域でカルストの保護を行っている。

 採石を始める前に環境影響評価が必要とホウィットン氏は主張するが、今のところ動きはない。ゾウやトラのような象徴的な種でもいない限り、企業は自由に運営できるとホウィットン氏は言う。「カニ、クモ、カタツムリなどの、生息域が限られる小さな種に対する取り組みも行われなければなりません」

 中国企業が、生物多様性および文化財に対する保護基準を持っているかどうかは定かではない。同社は、採掘後のエリアを元の状態に戻すことを義務付けているセメント持続可能性イニシアティブにも加盟していない。

 ユネスコがボルネオ第3の世界遺産を認めても、保護はすでに手遅れなのだろうか? すべては、インドネシア当局の動きにかかっている。

岩窟住居の発掘について話し合うフランス人考古学者のフランソワ-シャビエル?リコー氏(写真右)、インドネシア人考古学者のルリー?ファウジー氏(中央)、メラブ村出身のレッボ族男性。この地から、13世紀の陶器の破片と工芸品が見つかった。(PHOTOGRAPH COURTESY OF FRANCOIS-XAVIER RICAUT)

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计