翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 潘琳 推荐于 2015-10-10 11:55
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:科学



 2020年以降の温暖化対策の枠組みを決める国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は11月30日の開幕まであと約50日に迫った。会議の前提となる約束草案(削減目標)は期限の1日までに147ヵ国?地域が提出、遅れていたインドも含め主要国が出そろったが、平均気温上昇2℃以内に抑えるとの目標達成には不十分との分析もされている。会議では、先進国側と「共通だが差異ある責任」を求める途上国が資金援助等でせめぎあうと見られ、目標見直し?検証などCO2等削減の実効性を確保できる仕組みをどう構築するかが注目される。

■インド、ブラジルも提出、排出量の9割に
 先進国のみに削減を義務付けた京都議定書と違って、新しい枠組みは加盟する195ヵ国?地域のすべてが対象。約束草案提出については「準備ができる国は今年3月末まで、10月1日までに提出されたものを統合報告書の対象とする」となっている。環境省国際地球温暖化対策室によると、1日までに147ヵ国?地域が約束草案を条約事務局に提出。提出国の合計CO2排出量は、世界全体の9割近くになった。同日提出した排出量世界3位のインドは「30年に国内総生産(GDP)当たり排出量を33~35%減らす(05年比)」とした上で、「資金援助や技術移転を受けて非化石エネルギー比率を総発電量の40%にする」とした。
 経済成長を急ぐ途上国では、ブラジルが先進国と同様に排出量自体を減らす目標だが、中国やインドはGDP比での、韓国やインドネシアは対策をとらなかった場合に比べての削減を掲げた。
 条約事務局は1日までに提出された各国の削減目標を分析、統合報告書を11月に発表する。欧州の科学者らでつくるNGO「クライメート?アクション?トラッカー」は、1日午前までに提出された135ヵ国?地域の削減目標を分析した結果、すべての目標が達成されても今世紀末には産業革命前に比べて2.7℃上昇する、と試算。「気温上昇2℃以内に抑えるためには170億tの削減量が不足」と発表した。

■たたき台の共同議長案、今週にも発表
 COP21は11月30日~12月11日までパリで開催される。ペルー?リマで昨年12月に開いたCOP20以降、交渉(準備)会合を重ねてきた。6月の交渉会合で交渉テキストがまとまったが、約90ページもある複雑な文章のため、整理した共同議長(米国とアルジェリア)テキスト案が8~9月交渉会合で論議された。この交渉会合では、削減目標の定期的な見直しを行うことについてはほぼ合意が得られたが、目標達成をどう検証するかなど具体的な内容についてはこれからの論議となる。また、「定期的」を5年とする案が有力だが、一部異論も出されている。途上国の多くは約束草案に適応策も盛り込み、実現のための支援を先進国に求めているが、先進国側は資金援助の制度化について難色を示す。「共通だが差異ある責任」を主張する途上国側と、「すべての国」に比重を置く先進国側の基本的な対立構造は崩れていない一方で、中国が途上国支援を表明し、水没を恐れるマーシャル諸島は対策強化を強く求めるなど途上国側も一枚岩ではないという。
 これまでの交渉を踏まえ、COP21交渉のたたき台となる共同議長案が今週中にも公表される見込みだ。これを基に、最終の準備会合が19日からボンで開催されるが、論議が進まない場合は11月にプレ会合を開くことも想定されている。
 9月25日に行われた排出量世界2位、1位の米中首脳会談で、中国の習近平主席は、試験的に行っていた排出量取引を17年に全国に拡大することや再生エネ電力の優先給電を表明。温暖化対策を進める途上国に200億元(約3800億円)の支援も表明した。これまで「途上国」を強調していた中国が支援する側に回ったことは、最大のCO2排出国としての責任を自覚したものといえる。
 
■環境NGO「コペンの悲劇繰り返さない」
 環境NGOも関心を強めている。国際交渉に詳しいWWFジャパンの小西雅子?気候変動?エネルギープロジェクトマネージャーは「コペンハーゲンでのCOP15では交渉文書(テキスト)が200ページもあって議論が進まず、最終日に主要数ヵ国だけで合意文書案をまとめたことに一部途上国が強く反発、採択にいたらなかった。その『悲劇』を繰り返したくないとの思いは各国に共通していて、コペンとは比べ物にならないほど事前の議論は進んでいる。ある程度整理された文書が今月の交渉会合に出されると思う。COP21で合意はできるはずだが、どの程度実効性を持ったものにできるかだ。▽目標の掲げ方、▽目標達成のための計画、▽定期的な報告?検証と新たな目標の設定――といった実効性を確保し、長く続く制度にする仕組みをどれだけ入れられるかが焦点になる」と話している。 (滝川)

本文已经有人翻译了

翻译版本

确保削减CO2的实效性,支援发展中国家成议题焦点 翻译时间:2015-10-12 08:40
译者:潘琳 | 译文语言:中文  | 所属分类:社会  | 审核状态:已审核 
 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583