翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 潘琳 推荐于 2015-10-09 15:11
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:科学

今日、多くの企業がクラウドサービスを提供しています。それらのサービスの中でSoftLayerの優位性というのはどのようなものなのか、シェア最大手と2番手であるAmazon Web Service、Microsoft AzureとSoftLayerを比較し、調べてみました。なおクラウドサービスはSaaS、PaaS、IaaSのレイヤーによって構成されますが、IBMではBluemixというPaaSが存在しているため、SoftLayerはIaaSのみを提供しています。

Amazon Web Service


AWSは2006年からAmazonが提供しているクラウドサービスです。早期から大規模に事業を展開しているため、国内外でも様々な分野の多くの企業に使用されています。開発はLinuxが主流です。コンテナサービスとしてはAmazon EC2 Container Serviceが提供されています。マネージドDBとしてはAmazon RDSが提供されていましたが、昨年より新たにMySQLと互換性があり、最大でMySQLの5倍のスループットを発揮できるAmazon Auroraが提供されました。その他、設定したイベント(IoTデバイスなどからの通知など)が発生した際にのみ任意のコードを実行し、リソースと料金を節約できるAWS Lambda が提供予定です。

Microsoft Azure


Microsoft Azureは2010年から提供されているクラウドサービスです。3つのクラウドサービスの中では最後発ですが、規模の高い成長率を持っていることが話題に上がっています。その要因としてはサービスがVisual Studioなどで開発しやすいということや、Windows ServerやSQL Serverで運用してきたシステムがそのまま移転できる事などが挙げられます。またセキュリティの高さが実証されていることも強みです。3つのクラウドはそれぞれ高いセキュリティを構築していますが、Microsoft Azureは唯一、個人情報保護の基準を定めた唯一の国際基準であるISO 27018の認定を取得しています。その他には日本国内にデータセンターが東日本と西日本にあるため、関西の企業がMicrosoft Azureを利用した場合、処理の速度が出やすいと思われます。また2つデータセンターでストレージの冗長性を確保することができるのも大きな特徴です。

SoftLayer


IBMのSoftLayerは個数だけで見れば東京を含め最多の18箇所のデータセンターを持っているクラウドサーバサービスです。2005年から展開していたサービスを2013年にIBMが買収して提供されています。仮想サーバの他にベアメタルサーバを選択できることが最大の特徴です。また、仮想サーバのデータを物理サーバに容易に移行できる機能、Flex Imagesが備わっており、仮想サーバでスモールスタートを切り、のちに物理サーバに移行するなどの運用も手間をかけずに実行可能です。データセンター、アクセスポイント間が広帯域のネットワークで結ばれており、リージョン間ので高品質な通信が可能な他、その通信を無料で利用可能という点も大きな特徴の一つです。更に英語サポートが常に無料で受けられ、有償ですが、日本語でもチャットを利用したサポートが受けられます。その他Point to Site のVPN接続が無償かつ簡単に利用できるという特徴も備わっています。

ベンチマーク

クラウドサーバの通信速度はそれぞれのサイトで説明されていますが、接続している場所などによってパフォーマンスは異なります。そこでベンチマークサイトを利用して各サービスの実測値を求めるのが最も簡単な方法となります。なお下記の実験は都内で行いました。

AWSとMicrosoft Azureを測るには「cloud config」というサイトが便利です。
www.cloud-config.jp/latencycheck

ページ中ほどにある「Azure Speed GRANDPRIXサイト」というリンクを押してください。

表示されたページで「計測開始」をクリックするとAWSとMicrosoft Azureの各データセンターとの通信にかかった時間が表示されます。
http://www.softlayer.com/data-centers
続いてSoftLayerの速度を測ります。下記のサイトへ行き、東京データセンターの速度計のボタンを押します。

幾つかのテストを行ったあと、結果画面が表示されます。データセンターとの間にかかった時間は「Latency」の下に表示されます(今回は4ms)。

料金の比較

クラウドサーバの料金は使用量や利用構成などによって変わってしまうため、比較しにくいので、ここでもサイトを使って比較してみましょう。
https://www.cloudorado.com/



上記サイトでスライダーで利用条件を入力すると下のサービス一覧でどのサイトが月いくらかかるか調べることができます。ただ、このサイトにはSoftLayerはありませんので、そちらはSoftLayerの料金ページで調べてください。

http://www.softlayer.com/jp/virtual-servers
SoftLayerのスライダーで上記と同条件にしてみました。この条件ですと、SoftLayerの方が安く使用できるようです。ただし、このままですとサーバにFireWallが備わっておりません。
http://www.softlayer.com/firewalls
SoftLayerに備わっているFirewallを利用する際の値段については上記のリンクから値段などを参照できます。1つのサーバで10Mbps~10Gbpsで使用できるものは1月当たり$49で利用できるようです。
※この結果は簡易比較であり地域によっては追加料金がかかる場合があります。

まとめ

以上で比較を終えます。AWSやMicrosoft Azureと比べた際のSoftLayerの優位性は (1)ベアメタルサーバが選択できる、(2)データセンター間のデータ転送が無料で行える、(3)英語のみですがサポートが無料で利用可能、(4)都内で利用する場合は東京にデータセンターがあるSoftLayerの方がネットワークで速度が出る、(5)Point to Site のVPN接続が無償かつ簡単に利用できる、といったことが挙げられそうです。SoftLayerは無料で1か月使用できるトライアルを行っているのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

本文已经有人翻译了

翻译版本

Amazon Web Service, Microsoft Azure,SoftLayer的比较 翻译时间:2015-10-09 16:01
译者:潘琳 | 译文语言:中文  | 所属分类:科学  | 审核状态:已审核 
 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583