翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2015-07-19 11:48
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:生活
此原文由 美食家 推荐
近所の奥さんが作ってくれた魚の煮付けがあんまりおいしかったので、作り方を教えてもらうまで魚の煮付けに手を出すまいと決めて、かわりにアクア?パッツァを作った。

 そんなコラムを書いた数日後、その奥さんから煮付けの作り方を教えてもらったのでお披露目する。

 海辺の町の住人に「その魚どうやって食べるとおいしいの?」と尋ねると、意外に多い答えは「煮付け」。海辺の町に移住するまで、煮付けの人気がこんなに高いとは知らなかった。

 私だって作ったことがないワケじゃあないが、私が作った煮付けは甘さもしょっぱさも不足した「はかなくて頼りない味付け」のまずいものばかり。しかしこのたび、師匠である奥さんから直伝されたので、勇気りんりん、カサゴ1匹を煮付けてみたのである。

 内臓を出す。ぬめりやウロコを取り除く。きれいに洗って水気を拭く。魚の裏表に切り込みを入れる。ゴボウを食べやすい大きさに切る。

 日本酒、みりん、しょうゆ(各50cc)、砂糖大さじ3杯、水100ccを鍋に入れて煮立てる。魚とゴボウを入れて落としぶた(アルミホイルも可)をする。5分くらい中火にかける。落としぶたを取り、何度か煮汁をすくって魚にかける。煮汁と魚の身を一緒に食べてみてちょうどいい味になったら火を止める。

 「魚の煮付けとは、魚に味を染み込ませずに、濃いめの煮汁につけて食べるものだということをお忘れなく」。奥さん師匠、珠玉のひと言である。これまでは煮汁を薄味にして、味を染み込ませようと煮すぎていたからまずかったのだ。失敗原因判明。

 さて、師匠の教えに従ったカサゴの煮付け。魚の身を甘じょっぱい煮汁につけながら食べると、あらほんとだ。しゃっきりと気っぷのいい感じ。おいしい!(イラストレーター、絵も)

本文还没有人翻译

 

关于我们|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备16040216号-2 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

我要啦免费统计