翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 刘婷 推荐于 2015-07-14 11:33
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:思想
此原文由 社会万華鏡 推荐
成績が悪いことをなじられて、子が親を殺すという悲惨な事件はときどき起こる。有名なのは、1980年に予備校生が金属バットで父親を撲殺した事件だ。成績や進学をめぐって、医師である父親との葛藤が背景にあったと報道された。

記憶に新しいところでは、2006年、有名進学校の高校生が、義理の母とその子どもたち、合わせて3人を殺害し、自宅に放火した事件。少年は、父から医師になることを命じられていた。成績が悪ければ、罵倒され、暴力も振るわれていたという。犯行動機は父親への腹いせだった。

「教育熱心過ぎる親が、子どもを追いつめる」

このような事件が報道されると、マスメディアは一様に、「学歴社会の歪み」や「偏差値偏重主義」や「エリート志向」などと批判する。世間知らずのエリート一家が起こした特異な事件として扱う。

これらは本当に特異な事件なのだろうか。追いつめられた子が親を殺す事件は、大きく報道される。しかし、追いつめられた子が、自殺した場合には、原因もよくわからないまま、自殺件数のひとつとして記録されるだけだ。殺人にも自殺にも至らなかった場合でも、追いつめられた子が、大人になっても精神的に追いつめられ続けている場合があることが世の中から注目されることは、少ない。

「教育虐待」という言葉を知っているだろうか。「教育虐待」とは、「あなたのため」という大義名分のもとに親が子に行う、行き過ぎた「しつけ」や「教育」のことである。

「母親という名前の宗教」


『追いつめる親?「あなたのため」は呪いの言葉』(おおたとしまさ著、毎日新聞出版、税別1000円)
「あなたのため」という言葉を武器に過干渉を続ける親に育てられ、「生きづらさ」を感じ、自分らしく生きられない子供側の様々なケースを紹介。教育虐待の闇を照らし、その社会的背景を考察し、「教育とは何か?」「親の役割とは何か?」というテーマに踏み込む。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします
知佳さん(仮名)も「教育虐待」の被害者だった。学歴がないことが、両親のコンプレックスだった。「あなたはなんとしても大学に行きなさい。お父さんとお母さんのような悔しい思いはさせない」。知佳さんは幼いころからそう言われて育った。物心がついたころから、毎日ピアノの練習と勉強をさせられた。遊んだ記憶は、ほとんどない。

テストの点が悪いと殴られた。テストでいい点をとって、喜んで報告しても怒られた。「勘違いしないで。テストでいい点がとれたのはあなたの力じゃない。お母さんのおかげなのよ。わかってる?」と言われるのだ。

小学校の友達と交換日記をしているのを見つかったときには、「勉強以外のことをするな」と怒鳴られ、叩かれ、その後1カ月間、無視された。

中学生になると、知佳さんは自殺も考えた。今思い返せば、本気で死のうとしていたわけではなかった。「どうでもいい」という感じだった。「ここで人生が終わっても、私は悔しくない」。母親が悔しがる姿を見てやりたかったのだ。

自分が「教育虐待」の被害者であると、知佳さんが気づいたのは30歳を過ぎてからだった。結婚してから、夫にやたらとくってかかるようになった。明らかに八つ当たりだった。さらに子どもをもうけようと思ったとき、とてつもない恐怖と不安が襲ってきてパニックに陥ったのだ。

知佳さんは心理カウンセリングを受け、ようやく過去のトラウマから解放された。「私は、『母親という名前の宗教』にとらわれていました。母の信条に反することをすれば天罰を受けることになると思い込んでいたのです」。知佳さんはようやく「母親という名前の宗教」を抜け出した。母親に恐怖を感じなくなった。

生きている実感がない。職場でも恋愛でも、どうしても人間関係がうまくいかない。原因は自分でもわからないけれど、いつもイライラしていて怒りっぽい。そんな、満たされない感覚が常にあるのだとしたら、もしかしたらあなたも、「教育虐待」の被害者なのかもしれない。

子供たちが塾の自習室に集まるわけとは?

教育熱心過ぎる親というのは昔からいた。ただ、就職難、終身雇用制度の崩壊、経済のグローバル化、変化の激しい時代など、世の中の先行きに対する不透明感の中で、子どもの将来に不安を感じる親が今の時代に増えている。

「英語は早くからやらせたほうがいいのか」「プログラミング教育をしておいたほうがいいのか」「海外の大学に留学をさせたほうが就職に有利なのか」など、子どもが少しでも有利に世の中を渡り歩いていけるようにと、必死だ。

世の大人たちは、英語、プレゼン能力、ディベート技術、プログラミングなど、はやりもののアクセサリーのような知識や技能を子どもたちに身につけさせようと躍起である。ちょっと前まではそれが「学歴」というパッケージ商品であっただけだ。

本当に必要なものがなんなのかがわからなくて不安だから、念のため、あれもこれもと子どもにやらせる。だからきりがなくなる。どこまででも追いつめてしまう。おまけに少子化できょうだいが少ない分、ひとりの子供にのしかかる親の期待と不安は倍増している。

昨今、塾の自習室で勉強する子どもが増えている。はじめ、私にはそれが不思議でならなかった。使い慣れた机?椅子がある自分の部屋で、誰にも邪魔されずひとりで集中するほうが勉強ははかどるのではないか。自習室に行くのは「やってるつもり」になれるからではないか。しかし拙著『追いつめる親?「あなたのため」は呪いの言葉』執筆のために教育虐待の現状を取材するにつれ、そうではないと気づいた。

塾の自習室がはやっているのは、裏を返せば、子どもたちにとって家庭が息苦しい空間になってきているということなのかもしれない。教育熱心な親がいる核家族の子ども部屋は、子どもが勉強するには最悪の場所なのかもしれない。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583