翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 西诺比 推荐于 2015-07-12 19:56
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:生活
着物産業で得た富を誇示しあった京都の町衆

 1100年以上前に始まった祇園祭ですが、様々な戦乱で一時途絶えます。平安時代の保元、平治の乱もそうですが、何より大きかったのが室町時代の応仁の乱で、30年間も途絶えました。それを復活させたのは、町衆です。町衆といっても単なる住民という意味ではなく、独立した自治権を持ち、警察権まで有していました。 

 その町衆が1500年に、人目をひく贅をこらした山鉾26基で巡行を行いました。当時、日本一の着物産業の集積地であった鉾町の町衆は、その財力を誇示しあって、山鉾を内容外観ともに豪華絢爛なものにしてゆきます。安土桃山から江戸時代にかけては、貿易によって舶来のゴブラン織りが入ってくると、競って「たれ胴懸」や「見送り」に用いられるようになります。それぞれの山鉾の美術的価値が非常に高く、「動く美術館」とも言われるのは、そういった背景があるからです。

格子窓から拝見する屏風の逸品

 屏風といえば、今話題の伊藤若冲や、円山応挙といった画人を支えたのも、こうした京都の町衆でしたし、江戸の始めまでは狩野派の本拠地でもありました。

 祇園祭は近年まで、その末裔たる呉服商が支えていました。豪勢な京町屋の一角を開放して宵山の日に行われるのが、「静の美術館」とも言われている「屏風祭」です。秘蔵の絵画や工芸品を飾ります。屏風が多いので、「屏風祭」と呼ばれてきました。しかし着物産業の衰退とともに、「屏風祭」をする家はかなり減りました。

 前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)の両方にあわせて開催されますが、個人邸や商店などで行っており、公開日はそれぞれ違います。事前申込みが必要な場合もあります。後祭の方が多く見られると思います。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583