翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度激励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 人人都可以成为翻译家!

原文

  • 刘婷 推荐于 2014-12-08 16:22
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:思想
此原文由 发现 推荐
会社名を例に固有名詞を正しく発音する大切さをお伝えした前回の話について、読者から体験談が届きました。今回は、まず、その体験談と間違いを防ぐ方法をご紹介します。

 ついやってしまいがちな名前の間違いは2つ。

 1つは漢字の勘違いによる間違い。後日談をくださった「岩松」さんは、よく「若松」さんと間違われるそうです。「岩」と「若」は字面だけ見ると似ているので間違えるかもしれません。2つ目は「山中」さんを「中山」さんと言ってしまうような、漢字を前後入れ換えて覚えてしまう間違い。これもありそうな例です。

 両者に共通するのですが、これらの間違いは、名前を一度声に出して発音し、「ひらがな」で覚えるようにすると防ぐことができます。可能であれば、日常のやりとりをメール等の文字だけで済ませず、名刺交換をしたり電話で話したりして、声にも出して発音する場をつくりたいところです。

 逆の立場からいうと、相手が名前を確認しやすいように、名刺の名前やメールの署名欄には、名前にひらがなで振り仮名を入れるか、ローマ字で読み方を書いておきたいものですね。

「まねる」のと同様に「まねされる」のも大事

Photo
 “人に伝わる話し方”のテクニックとしては、人の興味を引きつけ、話を聴いてもらえる状況をつくることも大事です。そのために、皆さんにぜひ立ててほしい目標があります。「誰かに物まねをされるような人になる」ことです。

 人に伝わる話し方のテクニックの1つとして、以前、「お手本となる人物を探し、その人の物まねをすること」をお勧めしました。そうすることで、適切な声の高さや話す速度の目安が分かるからです。

 今回はその逆、自分が誰かに物まねされるような特徴のある表現を心がけることをお勧めします。

Photo
 とりわけリーダーの立場にいる人の話は、「何を言ったか」「どのように言ったか」よりも「誰が言ったか」が重要です。この「誰が」の部分をつくる要素の1つが、他人に物まねされるような表現上の「個性」です。

 個性は「言語表現?非言語表現」の両方でつくります(表)。少し詳しくみていきましょう。

伝えたいメッセージを口癖にする

Photo
 言語表現で物まねされる個性を育てる方法の1つに「口癖」をつくることが挙げられます。

 「えー」や「あのー」といった意味のない口癖は、聞き苦しいノイズになり、聞き手に優柔不断な印象を与えます。しかし、意味のある言葉の口癖は、その人の個性として記憶に残ります。

 漫才師で元参議院議員の西川きよし氏の口癖は、自身の座右の銘である「小さなことからこつこつと」。選挙演説でも活用したこの口癖は、西川氏の当たりギャグにもなり、その発言が出ると拍手さえ起こります。

 少し前には、予備校講師?林修氏の「いつやるか? 今でしょ!」の決め台詞が注目を集めました。これも口癖の好例で、いまやこの決め台詞をアレンジした「いつ買うか? 今でしょ!」というCMまで登場しました。

 言語を変えずに一言一句、同じ言葉で言い続けることが自分の個性となり、伝えたいメッセージとして相手に記憶されます。皆さまもぜひ意味のある言葉で自分の口癖をあえてつくるようにしてみましょう。

自分の声の特徴をとらえ、ここぞという場面で活かす

 音声表現による個性は文字通り声でつくります。「個性的な声として物まねされるような人」として、あなたは誰を思い浮かべますか?

 政治家の故田中角栄氏のダミ声でしょうか。それとも、タレント?YOUさんのハスキーかつ時おり裏返るような声でしょうか。

 田中氏はあの声だからこそ発言に迫力を感じました。もし澄んだ美声だったとしたら、独特の存在感はなかったかもしれません。

 「自分の声が嫌いだ」という人は少なくないのですが、たとえば、自分の声が高くて嫌いだったら、一番伝えたい内容を話す際、逆におおげさなくらい高くしてみてください。自分の声の特徴はあえて中途半端にせず、強調させたほうが個性になるからです。

 文字情報では一番伝えたいところを、太字にしたりサイズを大きくしたり色を変えたりして強調しますよね。発言も同じです。自分が重要だと思う内容を相手にも重要だと感じてもらえるように、わざと声を高くしたり低くしたり、大きくしたり小さくしたりして強調するのです。

 強調したときの声が自分の個性と合致していれば、あなたの発言は相手の記憶に残ります。

ジェスチャーを取り入れて静と動のメリハリをつける

Photo
 身体表現による個性はジェスチャーでつくるのがお勧めです。話をしながらコブシを振り上げたり、指で数字を示してみたり……という手の動きを加えます。

 ただし、あまり頻繁にやると目障りです。音声表現と同様に、重要だと思う内容でのみジェスチャーを取り入れるようにしてみてください。それ以外の部分では手を動かさず、静と動のメリハリをつけることが大事です。

 いかがですか? 数カ月ほど意図的な表現を続けると、会社の宴会などで誰かに物まねされるような個性として認知されるでしょう。

 自分が伝えたいメッセージのところで、口癖、声の変化、ジェスチャーを取り入れて、個性の上に成り立つ信頼感を表現してみてくださいね。

今月のポイント
口癖をつくって普段の会話に取り入れ、大事な場面の発言では声を変化させたうえでジェスチャーをつけると話し手の個性が育つ。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583