翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 刘婷 推荐于 2014-09-30 17:04
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:职场
此原文由 职场万象 推荐
ママ社員4、5人でランチすると、話の中心になるのはたいてい女性上司。高校生と保育園児、2人の子どもを育てる「ワーキングマザー」だ。

「育休を1年も取ったら、感覚がなまっちゃうわよね。私なんて、3カ月で復帰したわよ」

マスコミで働く女性(37)はパスタをつつきながら、とりあえず相づちを打つ。おそらく上司に悪気はない。連日、午後10時まで働くバリキャリで、

「下の子は夕食を毎日保育園で食べさせてもらってるの」

「子どもが水ぼうそうになったときだって、休まなかった」

など、武勇伝を挙げれば枚挙にいとまがない。上司にとってこれこそが、「両立」なのだ。

「両立管理職」が最強

女性は時短で出産前と同じ部署に復帰したが、ワーママが上司のほうが理解があっていいだろうという「配慮」で、件の女性上司の部署と兼務になった。しかし、冒頭のような発言が繰り返され、何げない会話からは、午後4時には会社を出ることを「ありえない」と思っていることが明白。査定では「とても有能。時短さえ解消すれば次のステップにいける」と書かれた。


2014年10月6日号
会社はフルタイムでなければ一人前とは認めてくれないのか。日々、「あなたはなぜ頑張らないの?」と責められているように感じて、2人目の育休明けで退職を決めた。

「ワーキングマザー」の位置づけは、時代とともに揺れ動いてきた。専業主婦世帯を共働き世帯が抜いたのが1990年代後半。少子化が加速するなか、DINKSは肩身が狭くなり、子どもがいる女性が「勝ち組」になった。安倍政権では、女性の活躍が「日本経済再生のカギ」とまで持ち上げられ、今や「両立しながら管理職」が最強。これが目に見えないプレッシャーとなって、自分のペースで働こうとする人たちを苦しめている。

今年6月、人気ブロガーのちきりんさんはブログに「仕事と家庭の両立なんて、目指すのやめたらどう?」と書いた。

パートナーや子どもと離れて単身赴任したり、残業できないことに罪悪感を覚えるような「両立」より、家族の穏やかな暮らしのために、ある時期仕事を辞めたっていい。一度リタイアしても、やりがいと適切な報酬を得られる仕事に戻れる社会を目指すほうがいいのでは──。

イライラが伝染する

育休から復帰したばかりの女性(35)はこのブログに「救われた思いがした」という。

深夜労働が当たり前の広告業界に時短で復帰した。上司からは「時短だからつまらない仕事を与えるなんて不平等だろう?君は優秀だったんだから、期待レベルは下げないよ」と告げられた。自分で手を動かすのが好きだったが、限られた時間で最大の成果を出すためにマネジメントに徹した。必死に頑張ること3カ月。朝、目覚めると、天井がグルグル回って立てない。前日、大阪に日帰り出張した疲れだろうと思ったが、1カ月以上たったいまも不調が続いている。

夫は協力的で「完璧を目指さなくていいよ」と言うが、急いで作った夕食を子どもが食べなかったりするとイライラが爆発。夫自身も精いっぱいなだけに、互いのイライラが伝染する。2人ともこんなに頑張ってるのに、なぜ?

コンサルティング会社ワーク?ライフバランスの大塚万紀子さんが指摘した「原因」は、日本企業の、1年のトータルでどれだけ高い山が積めたかという「期間あたり生産性」に基づく評価だ。これでは、実際は生産性の低い社員が評価される一方、時間に制約がある社員は圧倒的に不利。いまは子育て中の社員ばかり目立つが、今後は親の介護で制約を抱える社員が増える。このことを前提に、「社会全体の仕組みを変えていくべきだ」と大塚さんは言う。

昨今は多くの会社がダイバーシティー推進を掲げるが、制度があっても運用する側の意識は旧態依然というケースも多い。

外資系企業で10年以上マーケティングの仕事をしてきた女性(36)は、第1子が保育園に入れず、育休の延長を申請した。すぐに上司から連絡があった。

「延長するとあなたのポジションはないかもしれない」

仕事を手放したくない一心で、月額の保育料15万円というプレスクールに子どもを預けフルタイムで復帰したが、今夏、第2子の出産を目前に退職した。

寝息を聞いたら仕事

一般に外資系は女性が働きやすい、といわれるが、女性はため息まじりに言う。

「両立支援のメニューの多くは対外アピール用。実際には使わせないトリックがあるんです」

例えば「育休は子どもが2歳になるまで取得可能」「時短は子どもが小学4年生になるまでOK」のはずが、時短については「育休と合算して最大4年まで」というただし書きがある。「小1の壁」を考慮して小学校入学以降に時短を取ろうとすると、育休2年は絵に描いた餅。それだけ休めば、保育園の間はフルタイム勤務しかない。子どもが小さいうちは深夜残業を免除してもらえると聞いて同僚が申請に行くと、「制度はありますが申請書はありません」。

結局、「両立」は個人に忍耐を強いるのか。いつもぎりぎりタクシーで子どもを迎えに行き、作り置きしておいたおかずを温め、お風呂に入れる。子どもの寝息を確認するとすぐに仕事を再開。気づくと朝4時だ。2人目を産んで復帰する道を思い描くことはできなかった。

ワーキングマザーたちはこうして、経験やスキルを持ちながら、「両立」の狭き道から振り落とされる。

昨年、そんな彼女たちに専門性を生かせる仕事を紹介する人材会社が誕生した。Warisだ。前出の外資系企業を辞めた女性は最近、Waris経由で仕事を受注。「ちょうどよい働き方」の模索を始めている。

鉄道会社の総合職だった田中順子さん(35)は、退職して専業主婦になったことで新たな世界に出合った。初めて付き合う幼稚園ママたちが、田中さんの専業主婦のイメージを変えた。

理不尽な両立はノー

腰かけで寿退社が一般的だった母親世代の専業主婦と違い、いまは多彩なキャリアや資格を持つ人が多い。地域にこんな才能を眠らせておくなんてもったいない。そう感じていた矢先、「子どものいる暮らしの中で『はたらく』を考える」という講座に出合った。主催は非営利型株式会社ポラリス。企業の中で両立を目指そうとすると、仕事か子どもか、優先順位をつけざるを得なかった。ポラリスは、両方を大事にするために、雇われるのではなく自分たちで地域に仕事をつくり出していく活動をしている。共感した田中さんは、活動に加わった。

企業や行政に働きかけ、庶務やマーケティング、リサーチなどの仕事をつくり出す。作業はチームでシェア。働く場としてコワーキングスペースも作った。社会や企業から押しつけられる理不尽な「両立」は、もういらない。

(AERA編集部:石臥薫子、撮影:岡田晃奈)

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583