翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2014-05-27 10:23
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:职场
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

?部下の指導に悩んだとき、この山本五十六の言葉を噛みしめたことがある人は少なくないはず。特に後半の「ほめてやらねば」。ほめなければ人は動かない、そうわかっていても、部下を「ほめる」ことはなかなか難しい。あなたがほめたつもりでも、部下はそう受け取っていないかもしれないからだ。サーベイリサーチセンター(東京都荒川区)が行った、「職場における『ほめる効果』に関するアンケート」からは、上司と部下の「ほめる」ことに関する意識の違いが垣間見える。

?調査対象は日本全国の20~59歳の男女個人(民間企業の正社員および公務員の正規職員)。調査方法はインターネット。調査期間は3月27日~4月3日。回答者数は665人(民間企業の正社員管理職124人、一般社員213人、公務員の正規職員管理職122人、一般職員206人)。

ほめられた人は
同僚?部下を「ほめる人」になる?

?調査では、上司にほめられている人のほうが、「挑戦意欲」「仕事への満足」「仕事への楽しみ」「自信」「誇り」が高いという結果となった。これは、「上司にほめられている方だと思うか」に対し、「そう思う」「まあそう思う」と答えた47.5%を「ほめられている人」、「あまりそう思わない」「そう思わない」の52.5%を「ほめられていない人」として比較した結果。仕事に対する意識42項目(※)のうちの多くで、「ほめられている人」の方がポジティブな回答結果となった。

 「ほめられていない人」より「ほめられている人」の方が20ポイント以上高かった項目には、「現在の労働時間(長さ)に満足している」「今の仕事に満足している」「周囲の人との人間関係に満足している」など、仕事に対する満足度に関するものも多く、「ほめられる」ことは仕事への納得度、満足度に必要なものであることがうかがえる。

?また、ほめられた経験のある人は、結果的に自分も「ほめる人」になる傾向があるようだ。「上司からほめられた経験」について聞いたところ、「この1ヵ月以内に経験した」と答えた人は33.7%。この33.7%に「同僚?後輩をほめた経験」について聞いたところ、1ヵ月以内にほめた人は63.1%。全体に同じ質問をした結果の34.1%と比べて2倍弱という高さだった。

ほめられた経験のある人、ほめられた経験の多い人は、ほめられるうれしさや、それでモチベーションがアップすることを、身を持って理解しているのだろう。だからこそ、他人に対してもほめるポイントやタイミングがわかり、うまくほめることができるのかもしれない。

 

ほめにくい理由の1位は
「ほめる部分が見つからないから」

?調査をさらに見ていくと、「ほめられていない人」が50%以上に上る結果となった。管理職に対して「ほめると部下のやる気が高まると思うか」という質問には、「高まる」(33.7%)、「やや高まる」(57.3%)という結果になっており、90%近くの上司が、ほめることが部下のモチベーションアップにつながることを理解している。ただし、「部下をほめている方だと思う」と答えた管理職は「そう思う」「ややそう思う」を合わせると約65%で、ほめることがいいと理解しつつも、ほめられない管理職もいるようだ。なぜなのだろうか。

 「部下をほめにくいと感じた理由」について聞いたところ、最も多かったのは「ほめる部分が見つからないから」(36.9%)。「ほめるタイミングがつかめないから」(31.0%)、「調子に乗るのではないかと思うから」(28.0%)、「他の部下もいるため、特定の部下をほめにくいから」(27.4%)と続く。

 「ほめる部分が見つからないから」というのは、なかなか難しい問題だ。モチベーションアップのために、なんでもかんでもほめればいいのかといえばそうではないようで、部下側に対する「上司のほめ方に不満である理由」についてのアンケートで最も多かったのは「口先だけでほめる」(40.9%)。ほめるにしても叱るにしても、指導するにはしっかりと部下を観察していなければならず、そのこと自体に難しさを感じる管理職も多いだろうまた、「他の部下もいるため、特定の部下をほめにくいから」という管理職の読みは当たっていて、「不満」として「公平にほめない」(27.3%)を挙げた人も多かった。

 「不満」として、「(上司が)ほめない」(33.8%)ことを挙げる人も多かった。ただし、自分が「ほめられていない」と思っている部下が50%を超えているのに比べ、「(自分は部下を)ほめている方だと思う」と答えた管理職は約65%。上司のほめ方が下手、ということも考えられるが、部下の方でも自分がほめられていると気づいていない場合がある、ということもあるのだろう。

?そもそも、ほめられている人は「自信」「誇り」が高い結果となったが、「自信」「誇り」があるからこそ、自分がほめられていることに気づきやすい、ということもあるかもしれない。実力が伴わない自信過剰は良くないが、相応な自信を持てば、周囲からの高評価に対しても自覚的になれる。それがモチベーションにつながり、さらなる自信になる、という好循環となれば望ましいだろう。逆に、自信がなく、自己評価が低いと、周囲からせっかくほめられているのに気付かないこともあるかもしれない。

?上司が積極的に部下をほめようとする姿勢が必要なのと同時に、部下は自分自身に対しての正しい自己評価が必要だろう。もちろん、それがとても難しいことなのだが。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583